2006年07月01日

コナ・コーヒーと日系移民の関わり〜その6

1861年、アメリカ南部ジョージア州タラの大地主
オハラ家の長女スカーレットは
その光輝くような美しさで社交界の男達を虜にしていましたが、
彼女が一途に思いをよせているのは
ウィルクス家の御曹司アシュレーでした。

アシュレーは情熱的なスカーレットに惹かれながらも、
穏やかで優しい従姉妹のメラニーと婚約してしまいます。

そこへ戦争が始まり、
大きな世の中の動きがスカーレットの運命を変えてしまいます…

ポスター.jpg
名作「風と共に去りぬ」は、
1861〜1865年の
南北戦争(American Civil War)が背景で、
南側から見た南北戦争がリアルに描かれていました。

原作は、史実ではありませんが、
当時の黒人解放やKKKという差別社会も描かれていました。

主人公スカーレット・オハラは
アイルランド移民の娘で、
土地に執着し、自分の相続地に
古代アイルランドの聖地と同じ「タラ」と名付けていました。

ラストシーンでは、
戦争で荒廃した故郷タラの木の下で、
燃えるような夕陽の中で、スカーレットが
「今は考えるのはやめよう。明日、考えることにしよう」
と言うシーンも印象深かったです。
  ラストシーン.jpg

南北戦争が終了した1865年は、
江戸幕府(14代将軍・家茂)が
第1回長州征伐を取りやめた年でした。
(長州藩の降伏のため)

この前年(1864年)の7月8日(旧暦6月5日)には、
長州藩を中心とする尊王攘夷派の30人ほどの志士が集まる
京都・三条小橋の旅館・池田屋を、
近藤勇が率いる新選組30人が急襲するという
「池田屋事件」が起き、
志士は7人が死亡、23人が捕らえられました。

日本でも大政奉還が3年後に迫っていた“開国前夜”という、
大きなうねりのなかにありました。

また、新撰組が池田屋を襲撃した1864年には、
アメリカ西部のコロラド準州東南部では、
西部開拓史に限らず人類史上稀にみる大虐殺事件
(「サンド・クリークの大虐殺」)が勃発しました。

東部ではまだ南北戦争の最中で、
大勢では北軍の勝利が明らかになり
南部に侵攻したウィリアム・シャーマン将軍が
アトランタを焼き払い(映画「風と共に去りぬ」で有名)
大西洋岸のサバンナ目指して進軍していた頃の出来事です。

合衆国軍(北軍)は、
一方では南部連盟と戦いながら、
他方では、
人口希薄でまだ州に昇格していなかったコロラド大高原の一角で、
開拓者の前進を妨害するインディアン部族を
一挙に壊滅させようと目論んでいたのです。

リンカーンの「奴隷解放宣言」は、この前年ですから、
「奴隷解放」は本意ではなく政策戦術だったわけです。

もともとこの地方は、
シャイアン族とアラパホ族の2つの部族の
インディアンネイションだったのが、
1858年頃にパイクス・ピークと名付けられた山の周辺で
金鉱が発見されたことで、
一攫千金を狙う開拓者達がここへ入り込む為には
途中の高原地帯でインディアンとの
トラブルが多くなったのは当然の事でした。

若く怒れるインディアン達は
鉱山のキャンプや駅馬車等を襲撃する様になりました。

インディアンは冬の期間は戦いをしない習慣らしく、
シャイアン族酋長のブラック・ケテルは、
デンバーにいるコロラド準州知事やライアン砦の司令官に
休戦協定の申し入れを行った帰りの途中で、
数百人のシャイアン戦闘部隊で
サンド・クリークという小川のホトリに
テントを張って休んでいたのですが、
主力部隊が留守中のシャイアン族のキャンプに、
700人以上の陸軍騎兵部隊が一斉に襲いかかったのです。

シャイアン族のキャンプには
80〜100のテントに非戦闘員の女性や子供達ばかりの
約500人がいましたが、
このうちのほとんどが惨殺されてしまいます。

しかも、子供の手足をナタで切断したり、
頭の皮を剥いだりするような残酷な殺りくをしたようです。

シャイアン族酋長のブラック・ケテルは、
この事件後でも白人との和平の望みを捨てなかったので、
それに不満を持つ者が離反して、
シャイアンの戦闘集団“ドッグソルジャー”が組織化され、
白人との争いが増幅してゆくことになります。

この「サンド・クリークの大虐殺」事件をテーマに、
インディアン側の視点で史実に忠実に構成された映画
『ソルジャーブルー』が作られています。
 ルジャーブルー.gif

今日は中途半端になりましたが、次回に続きます。

0512コーヒーの木8.jpg0512コーヒーの木7.jpg

posted by COFFEE CHERRY at 18:51| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイのコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。