2006年07月05日

コナ・コーヒーと日系移民の関わり〜その10

ハワイのコーヒー史では、
リオデジャネイロから持ち込まれたコーヒー苗木を
ホノルルに植樹された1813年が最初で、
観賞用での導入、と記録されています。

ハワイのホノルルに初めてコーヒーが導入されてから13年後、
1825年に、ホノルルに植えられたコーヒーの接ぎ木が、
ハワイ島のコオラウ山脈の麓にあたる
マキキ渓谷とマノア渓谷を始め、
島内のあちこちに移植されるのですが、
良い結果が出なかったようです。

この3年後の、1828年に
コナ地区に移植されたコーヒーの木が、
島内で最も順調に生育し、高品質で安定することが確認され、
コナ・コーヒーの歴史は、この時から始まるわけです。

1800年代中頃、
米国とカリブ海諸国の奴隷制の廃止により、
ハワイを基点とする砂糖プランテーションの経営者たちは、
世界中の砂糖に対する渇望を満足させるために、
安い労働力を所望することになるのですが、
最初に砂糖プランテーションにやってきたのは、
砂糖精製に多少の経験技術のある中国人でした。

1852年に最初の中国人移民が訪れ、
1884年までに、2万525人がハワイの地を踏みました。

中国人移民は、
自分たちだけでコミュニティを形成する傾向があり、
集団で脱走・離脱したり、アヘンを吸う者がいたり、
また独立心も強かったため、
契約期間が終了すると彼らの多くは自作農になって、
町に住み出しました。

そのため、耕地主(白人企業家)には歓迎されませんでしたし、
1882年にアメリカで中国人は排斥法が成立した影響もあって、
1886年には、ハワイでも中国人移民は激減してしまいます。

次に招致されたのがポルトガル人でした。

しかしヨーロッパとハワイの距離があまりにも離れているため、
定着しなかったようです。

1868年(明治元年)に、
日本から153人が最初にハワイに渡りますが、
砂糖プランテーションでの労働が、
環境や待遇面などがあまりにも劣悪だったために、
1885年まで17年間、
ハワイへの移民は止められていました。

1885年(明治18年)には、
ハワイのカラカウア国王が自ら来日して、
明治天皇と会談して移民の再要請をしたことで、
同年1885年から
1924年までの実質な移民の廃止に至るまで、
39年間で約21万人の日本人が
ハワイへ渡ることになりました。

そのため、1885年(明治18年)が、
ハワイへの本格的な移民の始まりと言ってもよいでしょう。

1885年(明治18年)〜1894年(明治27年)までの
9年間で、ハワイに渡った日本人は約2万9千人で、
政府主導での移民でした。

1828年がコナ・コーヒーの起源ですが、
1800年代中頃から後期にかけての時代に
白人所有の大型農園でコーヒー栽培に従事していたのは、
ハワイ人と中国系移住者が主でした。

日系移民がコナ・コーヒーの栽培に従事するようになるのは
1880年代初期から
1890年代前半にかけてのことになります。

1850年〜1890年に至る40年間のコナでは、
ハワイアンは、漁やタロ芋栽培などの生活必需品のかたわら、
現金収入獲得の一方法としてコーヒー栽培を拡大していました。

1868年(明治元年)に
ホノルルに着いた最初の日本人移民(元年者)の一部が、
1890年頃から1910年にかけて、
サトウキビ耕地の過酷な労働に耐え切れず、
脱走してコナに入り、
白人の経営者のもとでコーヒーの栽培に従事していた、
と言われています。

順調に生産量を増やしていったコーヒー産業でしたが、
サトウキビやパイナップルと同じように、
国際競争のなかで価格は下落し、
経営はしだいに困難になっていったようです。

1899年(明治32年)にコーヒーの世界市揚が暴落すると、
多くの耕地主(白人企業家)がコーヒー産業を見離し、
大規模の農園は3エーカー(約3,600坪)から
5エーカー(約6,000坪)の区画に細分化されて、
大半が勤勉で評判の良い日系労働者に
賃貨されるようになりました。

ハワイ島における日系移民所有の
家族経営コーヒー農園が誕生したのは、
この1899年(明治32年)でした。

コーヒー産業経営は次第に回復し、
20世紀初頭にはコーヒー園の、
実に80%が日系人の手によるものになった、

と言われています。

次回へ続きます。

沖縄コーヒーのタ0512.jpg
posted by COFFEE CHERRY at 12:57| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイのコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。