2006年08月09日

フィリピン、ミンダナオ島の“バラコ”コーヒー

フィリピンの諸言語の習得のために
フィリピンに在住されている方からメールを戴き、
ミンダナオ島の“バラコ”コーヒーについて、
現地情報を教えて戴くことができましたので、
ご本人の承諾を得てご紹介させて頂きます。

今年の6月に、言葉の修行を兼ねて
バスでミンダナオ観光をされたたときに、
ミンダナオ島のマギンダナオ州コタバト市で
ピキット(この近くの地名だそうです)・コーヒーという
バラコの挽き売りのコーヒーを
500グラム90ペソ(約200円)で買われたそうです。
 pikit_coffee_02.jpg
バタンガス・コーヒーの値段はこの倍くらいするようです。

3段階の焙煎度で売られていたそうで、
画像の使用許可も戴けました。
 pikit_coffee_03.jpg

マギンダナオはブキノドンの南西の方角にある
モスリムの自治区で、
市場の看板もアラビア文字が併記されているような
貧困地区らしいので、物価も安いのかもしれませんね。
 pikit_coffee_04.jpg

バギオよりもっと奥に入った、
マウンテン・プロビンス州の州都ボントックで
飲まれたコーヒーもバラコだったそうです。

フィリピン国内ではバラコが普通に流通しているので、
「リベリカ種の珍しいコーヒー」
という意識はなさそうです。

現地での飲み方は、
ミルクと砂糖をたっぷり入れるのが主流だそうですが、
ぜひ一度味わってみたいものです。

ブキノドンに大手のコーヒー会社が
コーヒー農園を経営しているようですが、
ミンダナオ、特にモスリム自治区の各州は
フィリピンでも最も貧しい地域らしく、
日当200円以下で現地人を雇用しているようです。

フィリピンでは、バナナのように
巨大資本企業が大プランテーション農場を経営し、
植民地感覚で現地人を支配しているのです。

posted by COFFEE CHERRY at 11:21| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンのコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。