2006年09月29日

コメ銘柄偽装を見て、コーヒーを想う〜A

私たちが、ふだん何気なく飲むコーヒーですが、
その裏では、お米の産地偽装と同じように、
一部の悪徳業者が産地を偽装したり、
安物と混ぜたりしています。

この種の話はタブー視されて、表には出てこないのですが、
業界内には、いろいろな悪いウワサがあるのも事実なのです。

“業界の信用”を高めるには、
悪徳業者の公表・追放が早道なはずですが、
なぜか、安物混入のウワサ話は口を閉ざしてしまうために、
何となく、モヤがかかった業界でもあるのです。

生豆を見ても、似ている形状の豆を混ぜたら、
なかなか識別が困難ですから、
「この生豆は、本当にピュアなのかなexclamation&question
と、思うこともたびたびあります。

コーヒーの生豆は国際取引されていますが、
コーヒーはインスタントコーヒーや、
リキッドを含めた液状コーヒーなどでも取引されています。

コーヒーには、代換物を混ぜようと思ったら、
容易に混ぜることが出来ますし、
コーヒーの豆も、多くは専門業者が独自にブレンドし、
焙煎して販売されています。

焙煎豆を液状のフレーバー溶液に漬けて加工もできますし、
粉末品には、カフェオレやカプチーノのように、
乳製品などを混ぜたものもあります。

東京銀座“カフェ・ド・ランブル”のオーナー・関口一郎氏は、
スターバックスについて、
「エスプレッソの店ではなく、ミルクコーヒーの店だ」
と言われたり、
安部司著『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』
(東洋経済新報社)には、
「コーヒーフレッシュには、牛乳やミルクは入っていない」
ということが書かれていました。

この本によると、コーヒーフレッシュには、
牛乳は1滴も使われておらず、
水とサラダ油と
“乳化剤”という名の界面活性剤など
6種類の添加物で作られているのだそうです。


コーヒーの最終製品は多岐にわたりますが、
末端価格は生産地の生豆に比べるとベラボーに高いですから、
永年にわたって悪徳業者が存在したことが想像できます。

藤田哲著『新訂版 食品のうそと真正評価』
(エヌ・ティー・エス刊)によると、
イギリス農水食料省(旧)が、1996年に行った
インスタントコーヒーの真正検査結果では、
全試料344中の50例(約15%)が、
市販品検査では257試料中43例(約17%)に
偽和品が発見されたそうです。

インスタントコーヒーの形態別では、
粉末タイプ  28%
顆粒タイプ   7%
凍結乾燥タイプ 3%
が、
偽和品だったのだそうです。

日本では、インスタントコーヒーに、
西洋野菜のチコリやトウモロコシを混ぜたものがあったそうです。

次回へ続く。

posted by COFFEE CHERRY at 11:49| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒーは昔からニセモノが多い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

コメ銘柄偽装を見て、コーヒーを想う〜@

先日、大阪府東大阪市の米卸売会社「日本ライス」が
銘柄を偽ってコメを販売していた疑いが強まったとして、
大阪府警が不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で
同社を捜索していたことが報道されていました。

同社は北海道産「きらら397」などのブランド米や、
国内産100%と袋に表示したコメに、
別の銘柄の古米や外国産米などを混入させて産地を偽装、
小売店などに販売していた疑いですが、
府警は、同社が会社ぐるみで
表示を偽っていた可能性もあるとみて、
経営陣の立件を視野に入れて捜査を進めるようです。

偽装が発覚したのは、
小売店に顧客から「米の味がおかしい」との苦情が寄せられ、
小売店が米のDNA鑑定を依頼、
表示された品種とは異なる品種の米が混入していることが
分かったからでした。


平成3年には、新潟県の業者が
他県産コシヒカリを「魚沼産」と偽り販売した
として逮捕された事件がありました。

「魚沼産コシヒカリ」の生産量は6,7万トンらしいですが、
偽物を含む約30万トンが販全国に流通している、
と言われています。

国産ブランド米に人気が集まる一方で、
お米を見た目で品種を特定するのが難しいために、
古米や低価格の外国産米を混入するなどの
偽装が横行しているのです。

お米の業者も、
・ どこまでも法の網をくぐって、
  量販を目指す一部の悪質業者
・ 適正な荒利(お米は25%位)で、
  キチンとした米を売る正直な業者
という、
大きく二極分化されてくると思われますが、
お米を買う時に、
袋の裏の表示と、価格を見比べながらも、
「買い先の眼力に依存するしかない」
「100%信用して買えない」
というのはおかしいことだと思うのです。

信用のおける買い先があれば、そこから買いたいのですが、
激安銘柄米を平気で扱うスーパーなどを含めて、
お米の買い先は、いつもバラバラなのです。

お米に古米や古古米があるように、
コーヒーも生豆で保存方法さえしっかりしていれば、
10年間でも保存できます。

近年のコーヒー市場は、
ブラジルとベトナムが主流を形勢しつつあるようですが、
コーヒーも、安物などを混入させる悪質業者が
昔から存在する業界なのです。

次回に続く。

posted by COFFEE CHERRY at 11:17| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーは昔からニセモノが多い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

コーヒー栽培におけるリスク回避

沖縄のコーヒー栽培は、
一言でいえば「台風との闘い」ですから、
コーヒー栽培におけるリスクは、
・ 台風から、コーヒーをいかに守るか
・ 被害を最小限度に抑えるには、どうしたらよいか
・ 万一被害に遭ったときの対処
・ リスク分散のために、栽培農地を近辺で数箇所に分けることが
可能かどうか

などを考える必要があります。


まず、台風について考えてみましょう。

台風は、高温の海水から発生する
膨大な水蒸気をエネルギー源として発生・成長する
巨大な空気の渦で、
海水温度と大きな関係があります。

「台風がその姿を維持できる海水温度は26℃が限度で、
26℃を超えると台風は発達し、
26℃以下になると台風は海面から熱を奪えず衰弱する」

ということが知られていて、
フィリピンの南東海域で発生した熱帯低気圧が
発達しながら北西に進み、
大陸で発達する高気圧に押されて
ほぼ琉球列島沿いに北上するのが、
沖縄通過型台風の特徴です。

9月16日に台風13号が、
西表島で最大瞬間風速69.9メートル、
石垣島(登野城)で67.0メートを観測し、
沖縄本島の西側の東シナ海を通過してから、
沖縄本島は、だいぶ涼しくなりましたので、
沖縄本島近海の海水温度も下がっているはずですから、
琉球列島への台風は、今年は峠を越えたのかもしれません。

沖縄気象台の資料で、
那覇市と石垣島地方を比較してみると(1951〜2006年)、
・ 沖縄本島(那覇市)
  215個の台風が接近した
  1966年の9個を最大に、平均して毎年3.8個の
  台風が接近している
  昨年は観測史上、台風接近数はゼロ
  今年も、那覇市が暴風域に入っていない

・ 石垣島地方
  233個の台風が接近した
  平均して毎年4.2個の台風が接近している
  昨年、今年と直撃して甚大な被害を及ぼすケースが目立つ


沖縄気象台による、
石垣島や宮古島など先島地方への台風接近が多い理由については、
・ 大陸高気圧が平年より西に張り出したことで、
  先島地方寄りにコースをとった
・ 気流の変化や熱帯付近での対流活動、
  海水温の上昇などの原因が考えられるが、
  なぜ大陸高気圧が西よりになったのかは特定できない
としているように、
北半球全体の大気の流れやエルニーニョなどの異
常気象などとの関連もあって、
ここ1〜2年の傾向だけでは、
大きな流れが変わったとは言えませんから、
沖縄でのコーヒー栽培は、
ハイビスカスやカボックなどの防風柵か、
防風ネットによる防風対策が必須条件になるのです。

そのうえで、台風の被害が遭ったときの対処として、
スペア苗木を常時鉢植えで準備しておくことが必要です。

リスク分散として、
圃場を近辺で数箇所に分散させることも考えられますが、
その分管理が面倒になりますから、
出来る限り1枚の畑で、
より堅固な防風柵を作り上げることに
集中した方が得策と想われます。

posted by COFFEE CHERRY at 13:45| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

コーヒーのY化栽培実験の結果によっては、車椅子の身障者も、コーヒーの収穫が可能になる

元気な苗木5.jpg
コーヒーの木は、主軸の幹が、
真直ぐに天に向かって伸びるのが特徴的ですが、
若木や苗木の大事な成長途上時期に、
マイマイなどに主軸の先端の若芽を食べられてしまって、
主幹の高さが充分ではないのに、
剪定ばさみでピンチされたような状態になってしまって、
本来真直ぐに上に向かうはずが、
Yの字型に分かれてしまう苗木が、時々見つかります。
 Yの字型の苗木4.jpg

通常では、
「“奇形”扱いで、使えない苗木」
という審判が下り、
自身の管理の甘さを嘆いて、
今までは、挿し木の実験などに回したりしていました。

 元気な苗木4.jpg
  元気一杯のコーヒーの苗木

 Yの字型の苗木3.jpg
  Yの字型の“奇形”苗木

本島北部に移転したときには、
身障者や養護学校の卒業生の雇用を検討していますので、
今回の「Yの字型苗木」は、
「このまま成木化したら、どうなるのかexclamation&question
の、経過を見てみたいと思い、
このまま栽培を継続することにしました。

 元気な苗木3.jpg 
  元気一杯のコーヒーの苗木

 Yの字型の苗木2.jpg
  Yの字型の“奇形”苗木

栽培テストでは、
・ リンゴのようにY化ができるのかexclamation&question
・ 枝の長さと枝数の比較
・ 収量の比較

などを知りたいのです。


農業試験場には、コーヒーのデータはないようですから、
「Y化栽培実験」のデータなんて、なおさらです。

 元気な苗木2.jpg
  元気一杯のコーヒーの苗木

 Yの字型の苗木.jpg
  Yの字型の“奇形”苗木

貧乏なのに、
独自で種々のテストをしないといけないのがネックですが、
主幹の丈が低くても収量が変わらなければ、
コーヒーの木の周りを、
幅約1メートルの板でバリアフリーに保ちさえすれば、
車椅子の身障者にも、収穫作業が可能になるわけですから、
この結果が、良いことを期待したいと願っているのです。


posted by COFFEE CHERRY at 18:38| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

「らでぃっしゅぼーや」のリンゴ回収に、シェイクスピアを想う

「らでぃっしゅぼーや」は、1988年から、
有機・低農薬野菜と無添加食品や
環境に配慮した日用品などの
会員制宅配サービスを行っています。

独自の環境保全型生産基準「RADIX」を制定していて、
全国約2,600軒の契約生産者に
厳格な遵守を呼びかけているはずですし、
契約生産者が使用した肥料や畜産飼料、生産過程など
トレーサビリティに徹底し、すべて情報公開して、
安全性と信頼性の向上に努めているはずなのですが、
そんな立派な理念をお持ちの「らでぃっしゅぼーや」が、
農薬の使用基準に違反したリンゴを販売し、
回収していたことが分かりました。

回収したのは「未希(みき)ライフ」というリンゴで、
有機リン系殺虫剤「サイアノックス(住友化学)」を
使用して栽培していました。

農薬取締法では、
健康への影響がない残留量になるよう
使用から30日以内の収穫を禁じているのですが、
「らでぃっしゅぼーや」の青森県内の契約生産農家は
殺虫剤使用から23日後に収穫していました。

「らでぃっしゅぼーや」は、
生協の2倍以上の高値で有機農産物などを
通販で販売していますし、
立派な理念からすると、相当ナーバスに
安全性やトレーサビリティに徹底しているはずだと
信じてしまうだけに、
今回のズサンな取り扱いには驚かされました。

「らでぃっしゅぼーや」は、このリンゴを、
関東地方などの会員189世帯に
計203sを発送した直後に気づき、
162kg分を回収したそうですが、
一部の会員は、すでに食べた後だったそうです。

「らでぃっしゅぼーや」側は、
 「回収したリンゴから農薬は検出されず
  健康に害はないと考えるが、再発防止に努めたい」

としているようですが、
何だかおかしな話だと思います。

有機リン系殺虫剤は、
かつて使用されていた有機塩素系殺虫剤に比べて、
残留性が低く生態系への影響が少ないことなどから、
より安全性が高いとして、現在広く使われている殺虫剤です。

神経伝達の正常な働きを妨げることで
昆虫を死に至らしめる効果があるのですが、
このメカニズムは動物や人間にも共通なので、
体に取り込む量が多いとき、
あるいは少量でも頻度が高いときには、
免疫低下や自律神経症状などの
様々な中毒症状が現れる可能性がある、
と言われていて、
「BSEの原因」とする論文も出ています。

この殺虫剤を使用するときは、
・ 約1,000倍希釈
・ マスク・手袋・不浸透性防除衣を着用
・ 作業後に手足・顔などを石けんでよく洗い
・ うがいを励行

とありますし、
有機リン系殺虫剤は、
畳やシロアリ駆除剤などにも使われていて、
「化学物質がシックハウスの原因」
といわれている物質にも登場しますから、
毒性は充分にあるのです。

「らでぃっしゅぼーや」は、
今や会員数が約8万人もいる会員制宅配の大手ですから、
発足当時の理念を今一度想い出してほしいものです。


シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』は、
1599年、関が原の戦いの前年に書かれた戯曲です。

紀元前46年にシーザーがローマ帝国を統一した後、
独裁に走ったシーザーを暗殺する前夜に始まり、
シーザーの後継争いの戦争、
その戦いに敗れたブルータスの最後までを描いた悲劇ですが、
暗殺されたときに言い残した、
「ブルータス、お前もか」
というセリフを思い出してしまいました。

理念やビジョンは、実行してこそ意味や意義があるのです。

posted by COFFEE CHERRY at 17:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

台風13号のコーヒー園への影響は全くありませんでした

コーヒーの木は、
・ しならないこと
・ 枝葉がすれること
で風に弱いので、
台風台風時には、特に注意が必要です。

沖縄は“台風台風の通り道”ですから、
台風台風接近による応急処置ではなく、
最初から台風台風対策にかなった
コーヒー圃場を作り上げることが肝要なのです。

 台風13号の被害を免れたコーヒーの苗木.jpg
台風台風の風も、
単に暴風圏内とか暴風域というのではなく、
台風台風接近と共に最初にやってくる風と、
台風台風通過後の吹き返しの風では、
風の向きが違います。

沖縄では、特に「返しの風が強い」と言われています。

 台風13号の被害を免れたコーヒーの苗木2.jpg
台風台風が、どういうコースを進もうとも、
ハイビスカスによる堅固な防風柵で
コーヒーを守らないといけないのですから、
恩納村の山城先生のハイビスカスの防風柵の並列方式を応用して、
私はBOX型に囲う方式を採っています。

台風13号台風は、八重山諸島や宮古島、久米島などに
大きな被害をもたらしましたが、
沖縄本島は、台風台風接近による強風だけで済みました。

今回は、風速20m/秒程度の強風だったこともあって、
防風柵のハイビスカスの葉が吹き飛ぶことはありませんでした。

 台風13号の被害を免れたコーヒーの若木.jpg
ハイビスカスの防風柵をBOX型に囲うと、
栽培面積の3割近くが防風柵で占有されるのですが、
沖縄が“台風台風の通り道”である以上、
私はこの方式がBESTだと確信しています。

以下は、台風13号台風の被害を受けた近所のキビ畑の様子です。
 台風13号のキビ被害2.jpg

 台風13号のキビ被害.jpg
posted by COFFEE CHERRY at 21:41| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

2006年09月05日

コーヒー栽培の素朴な疑問〜その2

コーヒーの木の植え付け距離について
コーヒーの木は、
放っておくとアセロラやグァバの木と同様に、
約8メートルくらいの高さにまで成長し、
枝葉も大きく分かれて、幹が細いためにはしごも掛けられず、
収穫不能になってしまいます。

そのために、手摘み収穫のために、
高さを2メートルくらいでピンチして高さを押さえ、
枝葉を横に広げるように、
おおむね1坪当たり1本の植栽が行われています。

コーヒーの木は、ご存知のように
・ アラビカ種
・ ロブスタ種
・ リベリカ種
の3原種があり、
品質価値が最も高いとされるアラビカ種が、
圧倒的に多くて7〜8割を占めているようで、
沖縄のコーヒー生産者も、すべてアラビカ種を栽培しています。

文献によると、
アラビカ種の植え付け距離は、
・ ロブスタ種の1.5倍
・ リベリカ種の2倍

という、
やや離し気味に植えるように書かれています。

沖縄は“台風の通り道”という、特殊な環境にあるために、
「防風対策」は必須条件になるのですが、
私は、文献とは違って、
「お茶畑のように、
 コーヒーの木も付け気味に植えることによって、
 単体で風に当てるより、
 強度が増すのではないか」

とも考えています。

強風下のコーヒーの木は、
枝葉が重なってこすれあい、葉や実が落ちてしまいますから、
この“植え付け距離”というのは、適当ではなく、
細心の“微妙さ”が要求される部分であることは
百も承知なのですが、
お茶畑的な配列は、
一部の区域で栽培してみようと考えているのです。


posted by COFFEE CHERRY at 15:19| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

コーヒー栽培の素朴な疑問

コーヒー栽培は、山の斜面や高原など“標高”が高いほど適しているのかexclamation&question
コーヒーの木は熱帯果樹ですから、
基本的にバナナが露地栽培できる地域で栽培できます。

具体的には、赤道を中心に、
北半球、南半球のそれぞれ25緯度くらいの、
だいたい南北の両回帰線の内側の熱帯と亜熱帯の一帯を、
コーヒー栽培の適した“コーヒーベルト”とか
“コーヒーゾーン”と呼んでいて、
世界の3分の1くらいの国々がコーヒーを栽培しているのです。

この“コーヒーベルト”地帯には、
もちろん沖縄や小笠原も入りますし、
鹿児島に連なる南西諸島のどこが北限なのかよく分かりませんが、
種子島が「島バナナの露地栽培の北限」という
表現を使っているところをみると、
どうやらこのあたりがコーヒー栽培の北限とも
言えるのかもしれません。

「標高が高くて、
 寒暖の差がある地域のコーヒーの実は締まって高品質」

という、表現を今までずいぶん長いこと見てきて、
「そんなものなのかなexclamation&question
と、漠然と納得していたのですが、
自分自身でコーヒーを栽培するようになり、
コーヒーの性質が少しずつ分かるようになるに連れて、
「こんなこと、誰が言い出したんだろうexclamation&question
「何を根拠にしているんだろうexclamation&question

と、疑問に思うようになりました。

私は、沖縄のように標高が低くても、
・ 年平均気温
・ 年最低気温
・ 降雨量
・ 土壌pH
・ 土壌成分
・ 日照条件

など、
「コーヒー栽培の種々の環境条件がそろい、
栽培地域に適した品種で、
木の健康に配慮して栽培すれば、
上質のコーヒーが栽培できる」

と確信しているのです。

posted by COFFEE CHERRY at 09:59| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。