2006年11月03日

「フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006」の1次審査が通りました!

1次審査通過の書類が、先ほど届きました。
沖縄ブロックでは、はたして何名が応募して、
何名が通過しているのでしょうかexclamation&question
 1次審査通過1.jpg
2次審査は、指定のフォームによる「事業計画書」で、
今月22日必着ですから、
2週間程度で仕上げなければなりません。もうやだ〜(悲しい顔)
 1次審査通過2.jpg
2次審査が通過できれは、
・ 3次審査(プレゼン、面接) 年明けごろexclamation&question
・ 最終審査
となっていますが、
どこまでゆけるでしょうかexclamation&question


参考記事
9月13日 女性起業家ビジネスプランコンテスト

ちなみに、1次審査に応募した
「事業内容の概要(400字程度)」
は、下記の通りです。


沖縄は、コーヒーの栽培北限地で、
現在数人が高品質のコーヒーを生産しています。

トレーサビリティやポストハーベストの問題から、
生産者の「理念やこだわり」と「より安全な」食材を求める層が
着実に増加しており、
この層をターゲットにした「ホンモノ食材」は
有望と考えられます。

単に品質的な「安心・安全」だけではなく、
“世界最高水準の品質と味”を求め、
ハワイのコナコーヒーのように
「Okinawa Coffee」をブランド化出来ると考えています。

コーヒーは、焙煎技術は進んでいるものの
栽培技術は知られておらず、
自家農園で生産する沖縄コーヒーは、
優位な立場で寡占化出来ると確信しています。

沖縄コーヒー事業の優位性
・ 沖縄で初めて栽培・生産するのではない
・ 競合先が出にくく、独占できる
・ コーヒーは生豆として長期保存が効く
・ 完全無農薬栽培で、くん蒸処理もされない
・ 木の寿命が長い(40年以上)
・ 「こだわり」を理解する層では売り手市場
・ 本土、海外富裕層がターゲット
・ 最終消費者への直接販売で収益性が高い
・ 「観光」とも連動できる
・ ロングセラーが可能

posted by COFFEE CHERRY at 13:33| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Business Plan Contest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。