2007年04月23日

西原町の玉那覇コーヒー園

先週の4月20日(金曜日)に、
西原町の玉那覇コーヒー園に初めて伺いました。

070420玉那覇コーヒー2.JPG

私のレキオ掲載をご覧戴いて、
玉那覇さんからご連絡を頂いたことで、
恥ずかしながら初めて知ったのです。

同じく、
レキオを通じてお問合せを戴いた具志堅さんが、
名護市で約40本のコーヒーを
栽培されていることを伺いましたし、
県内ではコーヒーを小規模ながら
栽培している方があるようですね。

これが、広がらない理由は、
台風での倒壊はともかくとして、
収穫した実から生豆に加工したり、
焙煎技術がないことにあるようです。

070420玉那覇コーヒー3.JPG

ここでは、
約400坪に約150本のコーヒーが栽培されていました。

除草剤や農薬は1滴も使用していませんから、
ここでも「安全・安心」がコンセプトになっています。

070420玉那覇コーヒー.JPG

玉那覇コーヒー園の最大の特長は
@ 樹高を1m20〜30cmと低めに幹の先端をピンチして、
それ以上樹高を上げない低木栽培に徹していること
A 防風対策はしていないこと(そのために低木化する)

にありましたが、
そのために収量は少なめになっているようです。

070420 玉那覇コーヒー5.JPG

約10年くらいの歴史があり、
コーヒーの苗木は、
沖縄コーヒーの祖・具志川の和宇慶さんから
入手されたようです。

070420玉那覇コーヒー4.JPG

ここでは、ウイキョウやドクダミ、クローバーなども
植えられていて、
コンパニオン・プランツの影響か、
マイマイはあまり見かけないとのことでした。

070420サボテン.JPG
    名前は不明ですが、立派なサボテンもありました

070420ハイビスカス.JPG
     玉那覇コーヒー園のハイビスカス

posted by COFFEE CHERRY at 17:38| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。