2007年04月24日

コンパニオン・プランツ〜月桃

沖縄の代表的な薬草というと、
 ・ 月桃(サンニン)
 ・ ウコン(ウッチン、ターメリック)
 ・ ヨモギ(フーチバー)

が上げられますが、
今日は月桃について考えて見たいと思います。

070424月桃3.jpg

過去の記事
2005年6月27日 沖縄といえば「月桃」
2006年1月 7日 今日は“ムーチー”の日
2007年1月27日 今日は“ムーチー(鬼餅)”の日

月桃は、熱帯・亜熱帯に自生している
ショウガ科ハナミョウガ属の多年生常緑草本で、
沖縄ではポピュラーな薬草です。

葉は長さ40〜60cmで濃緑色で光沢があり、
長い楕円形のような舟を上から見たような形をして、
先端がとがっているのが特徴的です。


沖縄では、旧暦12月8日の日に、
仏壇や火の神(ヒーヌカン)に
“ムーチー”という餅をお供えして、
家族の健康や無病息災を祈願する、
厄払いの行事があるのですが、
そのムーチーを包むムーチーカーサーが月桃の葉なのです。

これは、古来から月桃の効能が、
 ・ 抗菌作用
 ・ 防虫作用
 ・ 坊カビ作用
 ・ 消臭作用

として優れていることが知られていたからでしょう。

070424月桃1.jpg

葉を粉末にして練り上げて虫除けのお香にしたり、
種子を漢方薬や香辛料にしたり、
泡盛に月桃の茎や葉、島唐辛子を漬け込んで、
農産物の害虫駆除エキスにしたり、
沖縄では、わりと生活に密着した薬草なのですが、
コンパニオン・プランツとしての考え方は、
何らかの効果はあるはずですが、
沖縄ではあまり聞きません。

070424月桃5.JPG

本土では、
「バラの栽培に月桃を混植させると、
 アブラムシが寄り付かない」

とされているようです。

月桃がショウガ科植物ということで、
“ショウガ”で考えてみると、
ショウガのコンパニオン・プランツとしての効果は、
 ・ アブラムシを遠ざける
 ・ ゾウリムシを遠ざける
 ・ モグラを遠ざける
 ・ うどん粉病を寄せ付けない
 ・ 萎ちょう病を寄せ付けない

というのがありますが、
月桃も同様の効果が期待できるかもしれません。

また、沖縄を代表とする薬草の1つである
ウコンもショウガ科で、
こちらも同等の効果が期待できるはずですが、
昔の沖縄の民家の敷地の周囲にウコンを植えて、
ハブの進入を防いだといわれています。

070424月桃6.JPG

同じショウガ科植物である月桃のそばでハブを見た、
という人もいますので、
どこまで効果があるのかはわかりませんが。

ウコンの過去の記事
2005年12月15日 地元市場の野菜画像
2006年 2月23日 沖縄といえばウッチン茶
2006年 7月31日 秋ウコンが開花しました


月桃やウコンは、
コンパニオン・プランツとしての期待だけでなく、
生活に密着した用途もありますから
沖縄では植えるべき筆頭といえるのではないかと思うのです。

posted by COFFEE CHERRY at 13:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培におけるコンパニオン・プランツの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。