2007年05月05日

コーヒーの若葉をバクバク食べていたコシロモンドクガ

体長1cmと小さいクセに、
大事なコーヒーの若葉を
バクバク食べていた毛虫を発見しました。もうやだ〜(悲しい顔)

070503コシロモンドクガ1.JPG

発見されたことを察知すると、
苗木の幹をすごい速さで降りて逃亡を図りましたが、
割りばしで捕らえ、空中に放り投げて
スズメにキャッチしてもらいました。

マンゴー生産者では有名なドクガ科害虫で、
「コシロモンドクガ」
といいます。


この毛虫は、
マンゴーやヤマモモ、サクラなどに
よく取り付く広食性の害虫で、
特に果樹の
・ 果実を支えて枝とつながっている部分(果梗部)
・ 新梢
・ 新芽

を好んで食害するので、
コーヒーの新芽を食べられると、
ピンチしたのと同じことになるわけですから、
成長が一時阻害されることになるのです。

070503コシロモンドクガ2.JPG

発見したのは体長1cmで、
終齢期は4cmくらいまで大きくなるようですが、
ドクガ科特有の見るからに“危険”な感じが漂っています。

枝の付け根や葉が重なったところに
卵をかたまり状に産むので、
孵化前に一網打尽にするのが効果的のようです。


ちなみに、マンゴーは害虫では
 ・ コシロモンドクガ
 ・ チャノホコリダニ
 ・ ミカンコミバエ
 ・ アザミウマ類
 ・ コナカイガラムシ類
 ・ ドクガ類
 ・ ハダニ類
 ・ ハマキムシ類

などが取り付きますから、
少数の無農薬栽培者は
割りばしなどで毛虫などを丹念に取り除くのですが
ほとんどのマンゴー生産者は、
ハウス内が真っ白になるくらいの殺虫剤を散布するので、
私はマンゴーを食べれなくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)


参考記事
2005年7月 4日 沖縄といえば「マンゴー」
2005年7月27日 沖縄といえば「マンゴー」A


070504アカバナー.jpg
   昨日コーヒー圃場で撮影した防風林のアカバナー
posted by COFFEE CHERRY at 11:38| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。