2007年07月23日

ハイビスカスの垣根にメジロの巣を発見!

10日前の台風4号台風で、
横倒しになったハイビスカスの防風林を修復していますが、
台風台風一過後は、また日照り続きになり、
地面が急速に乾いてきたことで、
修復作業も、根元付近に水を入れないと、
思うように根が起きてくれません。もうやだ〜(悲しい顔)

ハイビスカスの修復後に、
根元の負荷を軽減させる目的で、
枝葉の剪定作業も行っているのですが、
メジロと思われる鳥の巣を発見しました。

0722-1.JPG

メジロ(目白)はスズメより小さい黄緑色の、
体長が12cm前後の小鳥で、
目のまわりに白い輪(リング)があり、
お腹が白っぽいのが特長です。

メジロは中国の東部から、インドシナ半島、
タイにかけて分布していて、
日本ではどこにでもいる鳥ですが、
基亜種メジロは胸と脇が淡褐色なのに対し、
沖縄では、胸や脇を含めたお腹部分が白っぽく、
「亜種リュウキュウメジロ」
といわれています(方言名は「ソーミナー」)。


春になると、
オスとメスのツガイでナワバリを持ち、巣作りを始めます。

繁った木の幹や枝のマタに、
小さなおわん形の巣を吊り下げますが、
ふだんはなかなか見つかりません。

巣の材料はシュロの皮の繊維、コケ、枯れ草など、
ゴワゴワ系のタワシのような繊維で、
クモの糸を接着剤にして作られます。

0722-2.JPG
   巣の中に入れた10円玉で大きさが判りますかexclamation&question

沖縄では5月の梅雨入り前後に4個〜5個の卵を産み、
2週間くらい卵を温め、ヒナを孵(かえ)し、
それからまた2週間くらい経って巣立っていくようですから、
10日前の台風4号の前には、
もう巣立ちをしていたわけですね。


メジロは、ミツバチのように花の蜜も好物で、
花粉を運んでくれますし、
昆虫やクモ、松食い虫なども食べる“益鳥”で、
都道府県知事の許可を得て、
1羽だけ捕獲・飼育することが許されているそうですが、
無期懲役刑は可哀そうですよね。

また、メジロは宮崎県のだそうです。
(沖縄の県鳥は「ノグチゲラ」)

メジロは、よく見かけるのですが、
小さくすばしこいので、なかなか撮影出来ません。

posted by COFFEE CHERRY at 11:54| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

台風下で生き延びたキノボリトカゲ

10年に1度、という大型台風4号台風は、
沖縄・九州の住宅や道路、農産物に
甚大な被害を与えましたが、
“昆虫”にも大きな影響を与えています。

 ・ 蚊
 ・ カメムシ
 ・ アブラムシ
 ・ 蝶
 ・ セミ
 ・ 蛾
 ・ バッタ
 ・ テントウムシ
 ・ カマキリ

などの益虫・害虫・タダの虫の多くは、
台風台風の風で吹き飛ばされてしまいました。

台風台風はある意味「大掃除」でもあるわけです。

これらの一部は、思わぬ遠くに飛来して、
新たな環境で生き延びることでしょう。

0720 キノボリトカゲ.JPG

自宅庭のコーヒー苗木は、
ドミノ倒しのように鉢が倒されたのですが、
鉢を元通り修復後に、
台風下を生き延びたキノボリトカゲが、
早速コーヒーの苗木の葉に止まって擬態し、
エサを待ち受けているようです。

0720キノボリトカゲ2.JPG

0720キノボリトカゲ.JPG


地元市場では、
マンゴーやドラゴンフルーツなどが出始めました。

0720マンゴー.JPG

0720マンゴー2.JPG

0720マンゴー3.JPG

0720マンゴー4.JPG

0720マンゴー5.JPG

珍しくシマグッピーも売られていました。

0720シマグッピー.JPG

0720シマグッピー2.JPG
   シマグッピーはメダカのようですね


posted by COFFEE CHERRY at 16:09| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

コーヒー圃場の修復

台風4号台風によるコーヒー圃場の被害は、
・ 防風林のハイビスカス垣根の一部がなぎ倒される
・ コーヒー苗木の一部がなぎ倒される
・ バナナが5本倒壊

という、
“10年に1度”という大型台風にしては、
被害が予想外に軽度でした。

07127横倒しのハイビスカス.JPG
     横倒しのハイビスカス

「防風林のハイビスカス垣根やコーヒーが
 なぎ倒された理由と修復方法、および今後の対策」

・ 3年前にハイビスカスの苗木とコーヒーを同時に植えて、
ハイビスカスは途中の剪定をして強度を出すことより、
高さを優先してしまい、剪定をおろそかにしたことで、
“逆三角形”のように、上部の枝葉が多く、
負荷に弱い状態になっていたこと、
また一部のハイビスカスは強度を増す目的で鉄筋を埋めて、
ハイビスカスの幹とヒモで結んでいたのですが、
鉄筋を入れた木が倒されていました。
・ 粘土質のジャーカル土壌なので、
横倒しにされても幸い根切れが少なく、
幹を起こして、根元に土を盛って補強し、
踏み固めることで、修復が進んでいますが、
同時に上部の剪定も行っています

0717ハイビスカスの根元の土盛り.JPG
   ハイビスカスの根元の土盛り

0717ハイビスカスの根元の土盛り2.JPG
   木を起こし、土盛りをして踏み固めたらOK! 
   
・ 恩納村の山城武徳先生のハイビスカスの防風柵は、
下から上まで幅が70〜80cmに揃えられた“壁”のようで、
ネコでも通り抜けることが出来ないくらい、
剪定された枝がビッシリと縦横無尽に張り巡らされていて、
「風速60mにも耐えられる」という、
圧巻される“壁”なのに対し、
私のハイビスカス防風林は、
下が30cm程度、高さ2mを超えると、横幅が1mを超えていて、
完全に“逆三角形”ですから、
強風ならともかく、暴風ではなすすべもなく
横倒しにされてしまったのでしょう。
  移転先では、防風柵を重視しなければなりませんし、
時間的に余裕があるなら、防風柵を先に作るべきでしょう。

0717コーヒー苗木の根元の土盛り1.JPG
  コーヒー苗木を起こし、土盛りをして踏み固めたらOK!

0717コーヒー苗木の根元の土盛り2.JPG
   土盛りをして、トントンと踏み固めるだけなので簡単!

0717コーヒー苗木の根元の土盛り3.JPG

9717コーヒー苗木の根元の土盛り4.JPG

・ 30年以上沖縄でコーヒー栽培を続けている
「山城方式」を踏まえて、
コーヒーの防風対策については、「山城方式」を基本にして、
それより堅固にする方法をとるしかないのです。
・ 山城方式ではハイビスカス垣根を並列に並べて、
その間にコーヒーの木を2本ずつ並べていますが、
私のブロック囲い方式は、現状のテスト圃場より、
若干広めでも防風効果が得られると思います。
そのためには、台風の風向きに対して、
それをさえぎるように、ハイビスカスの垣根の外側に、
沖縄で堅固なフクギやイスノキを
植えるようにしたいと考えています。
・ ハイビスカスが横倒しされたことで、
  木を立て直して根元に土盛りをしてから、
  剪定を行っていますが、
  本当は今の時期に剪定をしたくはないのですが、
  やむを得ず行っているのです。
  本来は、台風が来なくなる10月中旬ころに
  剪定をしたいところですが、
  逆三角形の現在の状態では、
  今後台風が接近しただけの強風でも、
  また同じように倒される可能性が高く、
  そのためやむを得ず剪定しています。
  ハイビスカスは今の時期では1ヶ月もすると、
  また生えそろってきます。


0717修復後の剪定.JPG
 修復後に剪定したハイビスカス

0717修復前後のハイビスカス2.JPG
    手前が修復・剪定、後ろ側が未修復状態

0717修復前後のハイビスカス.JPG
   右が修復・剪定、左が未修復状態で上部が重い

私が子供の頃に経験した伊勢湾台風がトラウマになって、
いまだに台風は怖いのですが、
「台風が来る前に取った対策と、その結果を検証し、
 次回に活かすことで、台風に立ち向かえるようになる」

と、確信しています。


倒壊した街路樹.JPG
    今回の台風では、街路樹も多く倒壊しました

posted by COFFEE CHERRY at 21:04| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

アウトドア専門誌FENEK8月号に掲載させて戴きました!

FENEKの三進社様(講談社系)には、
昨年“島バナナ”で掲載して戴いたのですが、
今回は“国産コーヒー特集”で出させて戴きました。


FENEK-1.JPG

「日本でコーヒーを栽培している」
というと、
コーヒー=熱帯とイメージされている方からすると、
奇異に思われると思いますが、
熱帯果樹のコーヒーは、
赤道を中心として、
南北の回帰線の内側であれば露地栽培が可能で、
日本では沖縄や小笠原が、
その“コーヒーベルト”に入っているわけです。

FENEK-2.JPG

FENEK-3.JPG

FENEK-4.JPG

このブログのカテゴリにあるように、
本土でもハウスによる温度管理で、
コーヒー栽培をしている方がいるのです。

FENEK-5.JPG

バナナを輸入するときには、
植物防疫法で、
「害虫の国内侵入を阻止するため」
に、
青酸ガスで24〜48時間も“くん蒸処理”することは
多くの人が知るところですが、
コーヒー生豆の輸入でも、“くん蒸処理”が行われています。

FENEK-6.JPG

バナナの“くん蒸処理”では、
バナナの果実の中に虫が入り込まないので、
バナナの表面に付いている虫を殺すために、
青酸ガスを使用するのに対して、
豆類では、豆の中に入り込む虫を殺すために、
発ガン性が噂される臭化メチルを使用しています。

FENEK-7.JPG

国内でコーヒーを有機栽培すれば、
“くん蒸処理”もなく、安全なコーヒーであり、
後は、味の問題になるわけです。

FENEK-8.JPG

今まで、おそらくコーヒー専門誌で取り上げたことがない
「国産コーヒー特集」
は、私は当事者ではありますが、
素晴らしい企画だと思っています。

FENEK-9.JPG

ニセモノを本物らしく、
「外見と味」で消費者を欺く越前屋がはびこる時代だからこそ、
本物を追求する生産者を
もっとクローズアップしてほしいものです。

FENEK-10.JPG

FENEK8月号では、
133〜139ページまで7ページも割いて
国産コーヒーを特集していますので、
国産コーヒーにご興味のある方は、
ぜひお買い求めして戴きたいと思います。

FENEK-11.JPG

アウトドア誌ですから、
表紙に「国産コーヒー特集」が記載されていないので、
アウトドア誌に興味のないコーヒー通の方は
書店でも見落としてしまうと思いますが、
記事の内容も良く書けていて、私は絶賛したいです。

posted by COFFEE CHERRY at 11:27| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Business Plan Contest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

台風4号の被害「テスト圃場」

コーヒーのような果樹栽培は、
弱酸性土壌が適しているのですが、
現在のテスト圃場は南風原町にありますから、
アルカリ土壌のジャーカル(クチャ)で
栽培テストを行っています。

ここでは、主に
・ ハイビスカスの防風林の高さ、
ブロック状に囲った時のコーヒーへの影響、強度、剪定など
・ コーヒーの木の浅植え・深植え、剪定
・ 鉄筋や竹などの支柱の有無
・ コンパニオン・プランツの相性
・ 害虫の種類とコーヒーへの影響
・ コーヒー苗木を移植後、根付くまでの期間
・ ぼかし肥料のまく時期や量、コーヒーへの影響

などをテストしています。

土壌がジャーカルなので、
日照りが続くと、カチカチになって地割れになって、
コーヒーの根を切ってしまったり、
大雨になると、土の粒子が細かい粘土状で保水性が良いために、
ドロドロ、グチャグチャになるなどの欠点もあるのですが、
昨日の大型台風4号の猛威で、
成育過程で、しっかり剪定をしなかったハイビスカスの防風林が、
一部倒されかけていたり、
そのために、そこから風が
ハイビスカス垣根のブロック状の中に入り込み、
コーヒー苗木の一部が倒されてしまいました。

0714 ハイビスカス1.JPG

0714ハイビスカス2.JPG

0714ハイビスカス3.JPG

土壌がジャーカルで、地盤が軟弱だったことで、
コーヒー苗木やハイビスカスが倒されても、
幹が折れなかったのは、不幸中の幸いでした。

0714コーヒー苗木1.JPG

0714コーヒー苗木5.JPG

そのため、木を起こせば復元出来るわけですが、
少しずつ作業をすると、
約1週間程度かかってしまうかもしれません。

0714コーヒー苗木2.JPG

「島バナナが強風で倒されて、
 それがコーヒーの木の先端部に直撃して枝葉が落ちる」

という災難が1本ありましたが、
これはコーヒーの近くにバナナを植えた、という人災で、
バナナを植える場所やバナナをロープで縛るなど、
対策を行えば被害はなくなるはずです。

0714バナナ被害1.JPG

0714バナナ被害2.JPG

0714バナナ被害3.JPG

今回の台風の教訓は、
・ 風の通り道には、フクギ、イスの木などの
  堅い樹木を植えて防風林にする
・ 時間的に早いハイビスカス、カボックなどを防風柵にして、
  剪定を充分に行い、強度を増強しておく

  (テスト圃場のハイビスカスは、
   高さを優先したので剪定は不充分で堅牢ではない)

という、
しっかりした“防風対策”を構築する必要性が
改めて感じられました。

0714コーヒー苗木3.JPG

台風4号は、沖縄から遠ざかりましたが、
3年前は、沖縄本島に5回も襲来したのですから、
2回目、3回目と繰り返しやって来る台風にも
対応できる堅固な“防風対策”を、
人工的な防風ネットと使わずに構築したいのです。

0714コーヒー苗木4.JPG


0714 防風ネット.JPG
  簡易な防風ネットは役に立たないし見栄えも悪い

posted by COFFEE CHERRY at 19:04| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

台風4号の被害「自宅庭のコーヒー苗木」

沖縄本島としては3年ぶりの台風4号台風は、
10年に1度という大型台風台風でした。

0713−2.JPG

2千本前後ある自宅庭の大量のコーヒー苗木は、
移転待ちのための暫定的な苗木置場となっていますから、
防風対策も取れない“仮置き”として、
無防備な状態で台風を待ち受けることになりましたので、
「2割くらいの被害はやむを得ない」
と、覚悟していました。

0713−1.JPG

なにしろ那覇市の最大瞬間風速が
50mを超えるくらいの強風ですから、
那覇市の隣町の南風原町でも強風が吹き荒れ、
自宅の外に置いてあった冷蔵庫(ぼかしの倉庫用)が
横倒しにされたくらいです。

0713冷蔵庫の倒壊.JPG
     倒れた冷蔵庫

自宅庭のコーヒーの防風林の1つであり、
コウモリが棲息していた「サポジラの木」も、
ついに倒壊してしまいました。
もうやだ〜(悲しい顔)

0713サポジラの木.JPG
   サポジラの木

心を込めて大事に育て上げたコーヒー苗木は、
もちろん台風に弱いのですが、
判りやすく説明すると、
「お気に入りの大切な鉢植えの木に、
 至近距離から消防車の高圧噴射で
 “水やり”をするようなもの」

ですから、
2割くらいの被害を覚悟していたのですが、
コーヒーの苗木の大きさと
鉢の大きさのバランスが悪かったのか、
被害状況をざっと見廻ったところでは、
苗木の鉢の横倒しが3割くらいあるだけで、
幸い折れた苗木は今のところないようです。

0713−4.JPG

横倒しになっている鉢を、
起こしてゆく作業を明日からすることを考えると
憂うつになってしまいますが、
被害が最小限度に留まったことは感謝しなければなりません。

0713−3.JPG

明日は、テスト圃場の被害状況の確認に行ってみます。
posted by COFFEE CHERRY at 18:17| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

コーヒーの若葉に止まっていた「ミドリグンバイウンカ」

体長5mmくらいの、ごく小さなセミのような形をした
「ミドリグンバイウンカ」
が、
コーヒーの若葉に止まっていました。

ミドリグンバイウンカ.JPG

ミドリグンバイウンカは、
・薄い緑色の体
・透明な翅
・頭は短い

のが特長的で、
アオバハゴロモと同じく、
カメムシの仲間です。

コーヒー特有の害虫ではなく、
桑がホスト植物のようで、
樹液を吸うタイプの害虫ですが、
コーヒーの苗木に
大きな影響を及ぼすようなことはなさそうです。

ミドリグンバイウンカ2.JPG

天敵は、
 ・ カエル
 ・ カマキリ
 ・ キノボリトカゲ
 ・ バッタ
 ・ クモ

などですから、
天敵が多く棲めるような環境が大事になるわけです。


0711ハイビスカス.JPG
      自宅庭に咲くハイビスカス

台風4号台風は、沖縄本島に真直ぐ向かっているようで、
13日(金曜日)に直撃しそうです、
霧だけ降ってほしいのですが…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by COFFEE CHERRY at 19:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

7月5日のレキオ紙に掲載させて戴きました

1ヵ月近くも、繁雑のためにブログを休んでいる間、
6月21日に梅雨明けし、
以降、沖縄は日照り状態に陥り、
コーヒーやバナナなど水がたくさん欲しい植物は、
一同雨乞いの日々を過ごしています。

“五風十雨”を望んでいたところ、台風4号が発生し、
今週金曜日(13日)には、沖縄に大接近するようです。


沖縄本島には、ここ2年間台風の上陸は、
不思議とないのですが、
いくらなんでも今年は、台風の襲来はあるはずです。

テスト圃場の防風林(ハイビスカス)は、
ご覧戴いた方はご存知のことと思いますが、
ブロック状になっています。

防風林(ハイビスカス)の高さを優先するあまり、
剪定を充分していないので、
強度的には充分ではないのですが、
ブロック方式が、どの程度台風に立ち向かえるのか、
確認するのに良い機会だと考えています。

先週5日(木曜日)に、週間レキオに
またまた掲載させて戴きました。

0705レキオー1.JPG

これは、6月7日の鼎談(ていだん)の内容が
まとめられたものです。


私がフジサンケイ女性起業家支援プロジェクトに応募してから、
1年が経過した、ということなんですね。

0705レキオー2.JPG

沖縄地域賞を戴いたおかげで、
背中を押されたように大きく前進し、
あとは移転待ちになっているわけですが、
明日、沖縄・奄美スローフード協会・田崎会長に同行して戴き、
本島中北部の首長とお会いし、
コーヒーの栽培地のお願いをすることになっています。

0705レキオー3.JPG

また、先週のレキオ紙をご覧戴いて、
「名護か大宜味村の5千坪が、コーヒー栽培に使えるなら」
という、ありがたい申し出も受けていますので、
コーヒー苗木たちやオーナー様のためにも、
早く地植えしてあげたいところです。


0709ヒマワリ.JPG
近所のヒマワリ
posted by COFFEE CHERRY at 18:25| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Business Plan Contest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。