2007年10月18日

宝石のようなナナホシキンカメムシ

沖縄では、日中温度がまだ29度もありますが、
夜中の最低気温は24度くらいまでグッと冷え込み、
すっかり秋めいてきました。

10月は沖縄農業(露地栽培)の始まりで、
近郊ではナーベラーから、かぼちゃへの移行のために、
トラクターによる耕作作業をする光景を
あちこちで見かけるようになりました。

我が家に大量にあるコーヒー苗木に、
蛾を中心とした害虫がわんさかと押し寄せるのですが、
同時に彼らも多くの天敵たちに喰われることで、
コーヒーの苗木たちは、何とか平穏が保たれています。

071018-2.JPG

今日は、コーヒー苗木の葉で
「ナナホシキンカメムシ」
を発見しました。

071018-1.JPG

漢字で書くと、
「七星金亀虫」
で、
宝石のように綺麗なのに、
カメムシ目カメムシ亜目のキンカメムシ科に属する
やや大型のカメムシなのです。

071018-3.JPG

カメムシの仲間は全国に分布していて、
例外的に、
カメムシの仲間のタガメ、アメンボなど
一部のカメムシ類は肉食性で
益虫に区分されるものもあるそうですが、
ほとんどのカメムシは植食性で、
針状の口吻で樹液を吸うことで植物を枯らしたり、
不快な臭いを出すために、
害虫に分類される嫌われ者となっています。

071018-4.JPG

カメムシの仲間は臭いを出すものが多く、
外敵から身を守る効果のほか、
仲間を呼び集める集合フェロモンとしても
機能しているようですが、
ナナホシキンカメムシは悪臭を放つことなく、
まったく無臭のようです。

071018-5.JPG

ナナホシキンカメムシは、
以下のトウダイグサ科の樹木でよく見かけるそうですが、
 ・ オオハギ(トウダイグサ科)
 ・ カキバカンコノキ(トウダイグサ科)
 ・ アカギ(トウダイグサ科)
 ・ シマシラキ(トウダイグサ科)
 ・ ウラジロアカメガシワ(トウダイグサ科)
 ・ タイワンツルグミ

コーヒーの木はアカネ科ですし、
一般の木と比較すると、コーヒーは乾燥した木ですから、
ナナホシキンカメムシも、
コーヒーの木から樹液を吸おうというのではなく、
放浪の旅の途中に、
たまたま立ち寄っただけではないかと思います。

日常的にコーヒーと接している私でも
ナナホシキンカメムシは始めて見たくらいですから。

071018-6.JPG

ナナホシキンカメムシの外見は、
一般的なカメムシとさほど変わらず、
 ・ 三角形のとがった頭
 ・ 横に張った前胸
 ・ 後ろにすぼまる胴体
 ・ 細い単純な形の触角と足

で構成されていて、
胴体には厚みがあり、やや背中が丸く盛り上がり、
全体が一枚の甲に覆われていて、
一見翅(はね)が無いように見えるのが特長的です。

071018-7.JPG

大きさは、20mm程度ですから、
ちょうど1円硬貨の直径(20mm)で、
一般のカメムシと比べると大きく、
一見コガネムシやカナブンのようです。

071018-8.JPG

ナナホシキンカメムシを発見したときはドキドキしたのですが、
レッドデータブック(絶滅危惧種)に指定されるような
希少品種ではなく、
沖永良部島以南の南西諸島から台湾、東南アジアでは、
ごく普通に見られるカメムシ類なのだそうで、
少しガッカリですね、こんなに綺麗なのに…

071018-9.JPG

posted by COFFEE CHERRY at 17:53| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

今日のコーヒー圃場の様子

台風15号台風は台湾北部に上陸し、
その後中国大陸に上陸後、
東シナ海で温帯低気圧になりましたが、
台湾に向かって大型化しているときは、
沖縄本島にまで強風域になる影響があり、
横殴りの風雨霧が2日間続きました。

071009-2.JPG
順調に緑色から黄緑色に変わりつつあります

例年沖縄本島に襲来する台風台風は10月上旬が最後ですから、
近日中にマーシャル諸島近海で
新たな熱帯低気圧が発生する可能性があるようですが、
もう台風台風の心配は要らないようですね。

071009-3.JPG
  開花後、半年で赤くなりますが、同じ枝でも
          収穫時期はバラバラなわけです


071009-4.JPG
  赤く熟した実を手摘みすることになるわけです

コーヒーの圃場や自宅の大量の苗木は、
台風15号台風による強風の影響は皆無で、
防風対策さえしておけば、
風に弱いコーヒーも
沖縄で栽培することが充分可能なわけです。

071009-5.JPG
  必ずしも赤くならず、黄色になる実もあります

071009-1.JPG
  移植して3年目を迎えた9年木は、
   台風で幹がグラグラと揺さぶられたことで
    根張りに集中していますが、だいぶ復調気配です

posted by COFFEE CHERRY at 14:07| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

益獣と害獣のコウモリ

吸血鬼ドラキュラや吸血コウモリを連想するコウモリといえば、
都市圏の住宅地や商業地では、
コウモリが夜中に騒いだり糞尿で家屋や商品を汚すことで
有害動物に認定されて駆除されることもあるそうですが、
沖縄では、夜中に蛾や羽アリなどの害虫を食べてくれる
小型コウモリは益獣、
果物を主食にする大型コウモリは害獣
ということで、
人間と共生していて、
我が家にもコウモリが棲みついているのです、
しかもその大小2種類のが。もうやだ〜(悲しい顔)

コウモリ1.JPG
 サポジラの木の近くの電線にぶら下がるオオコウモリ

日本に生息するコウモリは34種とも36種類ともいわれ、
また、コウモリは鳥獣保護法により
保護の対象となっているので、
都道府県知事の許可無く駆除したり、
飼育できないことになっていますが、
我が家では、縁側で、
ガラスのコップに発砲スチロール片をこすり合わせて、
「キュッ、キュッ…キュッ、キュッ」
と、
2連続ずつ鳴らすと、
なぜか大型のコウモリが飛来してきますから、
庭で自然飼育しているようなものなのです。

コウモリ2.JPG
  コーヒー苗木の上の電線にぶら下がるオオコウモリ


中国では、
中国語で蝙蝠(コウモリ)は、ビェンフーと発音するようで、
「蝠(fú)」が
幸福を意味する福(フー)と同じ発音であることから、
「遍福(=福がいっぱい)」
につながるとされて、
幸福の象徴として、中国ではよく使われているようです。

ラーメンの中華丼の底部分や内側部分に、
赤でカモメのような絵柄が時々見受けられますが、
あれもコウモリなのだそうです。

コウモリ柄は、
食器などにもよく描かれているようで、
5匹のコウモリが描かれた物は「五福」と呼ばれ、
・ 長寿
・ 富裕
・ 貴、徳
・ 康寧(こうねい、健康、平穏無事)
・ 天命を全うする

の意味を持つのだそうです。

コウモリ3.JPG
  ネコに羽が生えているようで気持ち悪い


蛾は、日中空を飛び交う天敵の鳥たちから逃れることで、
永い時間をかけて
活動の舞台を夜に移した昆虫だといわれていますが、
コウモリも、5千万年もの昔から夜を活動の舞台として、
今もコウモリたちの多くは、蛾をエサにしています。


自宅で見る小さいコウモリは、
全長5cm前後のようですから、
シベリア東部からベトナムまで広く分布する
アブラコウモリ
だと思うのですが、
このアブラコウモリは、
夜中に飛んでいる昆虫(主に蛾)を食べてくれるので、
益獣なわけですが、
アブラコウモリ自体の体重が5グラム程度なので、
食べる量も1グラム程度しかないようです。

コウモリ4.JPG
  今日のコウモリ画像は、すべてオオコウモリで、
    アブラコウモリは動きが素早く、
      小さいので私の撮影技術ではムリ



自宅庭には、大量のコーヒー苗木が所狭しと並んでいて、
実際に、いろいろな蛾の幼虫が発見されているわりに
苗木が元気なのは、
テントウムシやカマキリ、カエル、
キノボリトカゲ、鳥などだけでなく、
アブラコウモリのおかげでもあるようですね。


果物を主食にする大型のコウモリは、
別名Fruit Batと呼ばれていて、
日本では沖縄周辺にしか生息していないようですが、
我が家では、サポジラの木と、
ミニバナナ園の上の電線に止まっている姿をよく見ます。

時々、羽を広げていますが、60cm以上はあるようです。

正式な名前はわかりませんが、
オオコウモリ科に属するのは間違いないでしょう。

コウモリ5.JPG

熟した果実や花の蜜などを食べるようですが、
私のバナナの収穫するときの“こだわり”は、
 「バナナの果実の角が取れて、全体が丸みをおび、
  追熟がおおむね1週間程度で完熟する」

という、
沖縄では相当遅い部類の収穫時期にありますが、
果房の収穫時期が近づいたときにネットをかけたり、
木酢液入りペットボトルを果房にぶら下げていることが
功を奏しているのか、
今までコウモリによるバナナ果実の被害は、
幸い1度もありません。

鳥やコウモリによるバナナの被害は、
バナナが最上部の果実から熟してゆきますから、
被害は最上部に集中するので、
被害の有無は外見上すぐに判るのですが、
幸い被害がないのですが、
反対に、サポジラは、コウモリの食堂化しています。

我が家ではサポジラを食べないので、
まったく影響はないのですが。

コーヒーの実は、
鳥にもコウモリにも興味がないようで安心なのですが、
他の果樹やバナナを守るためには、
鳥やコウモリが食べる、
オトリになる果樹が必要になるでしょう。
posted by COFFEE CHERRY at 14:59| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

鉢ごと、土に植えられるポットの効用

私の今までのコーヒー苗木の種植えは、
拠点にするコーヒー圃場が決まっていない環境下でしたから、
プランターや黒ポットでコーヒーを発芽させ、
「苗の成長度合いで、順繰りに大きい鉢に移し替える」
という方法で、苗木を成長させていましたが、
鉢の移し替え作業は、
その膨大な数から、根切れに気を遣うのと、
何より、大変な手間が必要でした。もうやだ〜(悲しい顔)

今冬収穫するコーヒーの実の種植えは、
プランターで発芽させてからか、
あるいは直接、鉢ごと土に植えられるポットで発芽させ、
「30cm程度まで成長した苗木をポットのまま土に植える方法」
を取るように考えています。

鉢ごと土に植えられるポットには、
 ・ 古紙を利用した紙製のもの
 ・ トウモロコシなどのデンプンで作ってあるもの
 ・ 不織(ふしょく)布で縫製されたもの

などいろいろなタイプがありますが、
通気性があるタイプは根腐れがなく、
ポットのまま土に植えられるので、
根を傷める心配がないことや、
土に植えると数ヶ月かかって土に分解するので
ポットがゴミになることがありませんし、
何より、移し替える手間がなくなる、
などのメリットがあるわけです。

071005不織布ポット1.JPG
 本部町の渡辺先生から頂いた不織布(遮根タイプ)ポットに
 コーヒー苗木を入れてみました


もちろん、従来の固形ポットが
「何度も使いまわし出来る」
のに対し、
土に植えられるポットは使い捨てですから、
「苗木栽培時には毎回必要」
というコスト的なデメリットもありますが、
今までの、
鉢から苗木を出すときに、
大量の水を使い、根切れに気を遣いながら、
大変な手間をかけて行う作業時間が大幅にカットされ、
他の仕事が出来るわけですから、
使い捨てであっても、
コーヒーの立場に立って考えると、
土に植えられるポットを活用する方が良さそうですよね。

071005不織布ポット2.JPG
     縫製されていますが、軽量で頑丈です

いちごでは、紙ポットを使った実験が行われていて、
黒ポットと比べて、
「省力と早期出荷が可能」
という結果が出ていて、
その効果が立証されているのですが

コーヒーでは、まだ誰も実験したことがないはずです。

 ・ 紙製ポットは通気性は確かに良さそうでも、
   コーヒー苗木が30cm程度になる1年半〜2年間も、
   水やりや耐候などに耐えられるのかどうかexclamation&question
 ・ 不織布の原料は、まったく安全なものなのかexclamation&question
 ・ 不織布が土中で自然分解するまで、
   どのくらいの時間がかかるのかexclamation&question
 ・ 紙製と不織布では、
   どちらがコーヒー苗木栽培に向くのかexclamation&question
 ・ あらかじめポットの内側や外側に、
   木酢液や米ヌカなどの有機ボカシなどを
   塗布含浸させて使った場合の効果exclamation&question

など、
確認したいことがたくさんあって楽しみです。

健全・健康な苗木育成は、実の品質を高めるうえで、
とても重要なことだと考えています。
posted by COFFEE CHERRY at 14:07| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの品質を高めるための考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

やんばるサンサーラ農園のコーヒー栽培

移転地探しで国頭村与那に行く途中、
「道の駅おおぎみ」
に立ち寄り、
「おおぎみのグリーン・ツーリズム」
というパンフレットを戴きました。

大宜味0709ー1.JPG

大宜味村内の
グリーン・ツーリズムツアーが紹介されているパンフレットで、
山の中を歩くとか、
ふれあい牧場やカヌー体験など、
イマイチ積極的に参加したくないツアーの中で、
1つだけ注目したツアーがありました。

大宜味0709−2.JPG

やんばるサンサーラ農園(大宜味村字白浜465)
「こだわりの自然農法作物の味わいとシーサー手作り体験」
という、
タイトルだけでは興味がわかないものでしたが、
そのメニュー、
 @ タンカン収穫 食べ放題
 A タンカン収穫 ジャム作り
 B コーヒー豆収穫から焙煎、試飲
 C 季節の野菜収穫と鍋料理、バーベキュー
 D シーサー(獅子の粘土素焼き)手作り体験

の3番目に、
「コーヒー豆収穫から焙煎、試飲」
というコースがあり、
 A 収穫、焙煎、試飲(3、4月のみ)
   2時間 1人2,000円(大人のみ)
 B 焙煎、試飲(収穫なし、通年)
   1時間半 1人1,500円(大人のみ)
   受入れ人数10人以下

となっていました。

ツアーメニューの受入れ時間は、
全メニュー10:00〜17:00で、
「事前に電話・FAXで要予約」
とあり、
また当日は時間的に余裕もなかったので、
サンサーラ農園の場所だけでも
次回訪問時のために確認しておきたかったのですが、
次回は事前に予約して、楽しみに行きたいと思います。

大宜味0709−3.JPG

サンサーラ農園でのコーヒー栽培は、
私が勉強不足なこともあって、
今までまったく聞いたこともありませんでした。

沖縄でのコーヒー栽培の主流は、
戦後、具志川の故・和宇慶朝伝さんから、
恩納村の山城武徳先生が受け継ぎ、
東村の足立浩志さんが山城先生から苗木を買って、
現在のヒロ・コーヒーにしていて、
沖縄でのコーヒー栽培は、
ほとんどが上記3名からの流れ
で、
上記3名からは、過去サンサーラ農園のことは
私は1度も聞いたことがなかったのでした。

と、言っても
沖縄の琉球犬を県の天然記念物に認定させるまで努力された
与那原町の新垣義雄先生
は、
ブラジルの知人からコーヒーの種を直接取り寄せ、
独学でコーヒー栽培を始め、
「1本の木から20〜30kgの収穫があったが台風で全滅したが、
 沖縄ではコーヒー事業は大きな可能性がある」

というような方もいれば、
金武町の儀武町長も、
町長になる前、
不登校の生徒に教えるNPOで英語を担当する前に、
沖縄でコーヒー栽培をやろうと独学で勉強し、
単身ブラジルまで渡って、
コーヒー農園で加工工程をつぶさに見て、
コーヒーの実をつぶす脱穀機を買って沖縄に帰ってきた、
という方もいるわけですから、
上記の主流派から外れた方が例外的にいても
何ら不思議ではないわけで、
サンサーラ農園にも、
よけいに興味深くなり、
期待にワクワクするわけです。

 ・ 苗木はどこから入手したのかexclamation&question
 ・ 品種はexclamation&question
 ・ いつから栽培しているのかexclamation&question
 ・ 「こだわりの自然農法」とは何かexclamation&question
 ・ 脱穀方法はexclamation&question
 ・ 加工方法はexclamation&question
 ・ 焙煎方法はexclamation&question
 ・ 栽培本数はexclamation&question
 ・ 収穫数量はexclamation&question
 ・ 海外産と混ぜてないexclamation&question
   (沖縄では、残念ながらこれが意外と多いもうやだ〜(悲しい顔)
 ・ 防風対策はexclamation&question

など、
聞いてみたい内容はいくつもあるのですが、
その反面、
「観光客をツアーとして受け入れるほどの生産量となると、
 コーヒーの管理だけも大変になり、
 他のツアーは人員的に難しいのではないかexclamation&question

とも思えますので、
ぜひ1度伺ってみたいのです。

もし、行かれた方がいらっしゃいましたら、
教えてください。

posted by COFFEE CHERRY at 13:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

移転地候補の現状

コーヒーのオーナー様方には、
移転地の連絡をせず、ご心配をおかけしています。もうやだ〜(悲しい顔)

今春には新天地でコーヒー栽培を大々的に行う予定でいたのが、
土地を借りることに、思わぬ難航をしてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

沖縄でのコーヒー栽培のテストを7年も繰り返し、
まだまだ完全ではありませんが、
沖縄でのコーヒー栽培法を会得し、
収穫を早めるために、コーヒーの苗木も大量に育て上げて、
「あとは場所だけ」
という段階になっていたわけですが、
肝心の栽培場所の確保に手こずっていました。もうやだ〜(悲しい顔)

1つは、
私が自然栽培にこだわり、
 ・ 除草剤・農薬使用の畑と隣接しないこと
 ・ 汚染した灌漑用水ではなく、
   キレイな湧き水や井戸水、天水を利用できること
 ・ あっちに何坪、こっちに何坪と圃場が分散せず、
   出来れば1枚の畑でありたいこと
 ・ 1枚で少なくとも3〜4千坪あること
 ・ 住居が畑と、限りなく近いこと

などの条件と、
さらに事業資金が豊富にありませんから、
最初から農地を買えないために、
 ・ 5年目くらいまでは農地を借り受け、
   その後徐々に買取りたい

というような手前勝手な考え方があり、
さらに、沖縄では
1枚で数千坪、数万坪というような農地が
もともと少ないこともあって、
新天地が決まりそうで決まらない悪循環に陥っていたのです。もうやだ〜(悲しい顔)

そういう中でも、
金武(きん)町の儀武町長が、
自身がコーヒー栽培研究をしていたこともあって、
私のコーヒー栽培に理解を示して戴き、
町用地を借り受け出来るように協力して戴いたり、
沖縄・奄美スローフード協会の田崎会長に、
名護市や国頭村などの農地をご紹介戴いたり、
琉球新報のレキオ紙に何度も掲載させて戴いたおかげで、
「私の所有する遊休地で、コーヒー栽培をしたらexclamation&question
というありがたい申し出を多数戴いたり、
あちこちの移転案が「浮上しては消え…」を繰り返して、
「3歩進んで2歩戻る」ような、微速前進から、
ようやく脱却しつつあります。

移転案の中でも最も北の国頭村与那の農地が、
上記の身勝手な条件に適合していて、
この1〜2ヶ月で急転直下で、
よほどの新天地が出現しない限り、
国頭村与那を栽培地にする心積もりを固めるようになりました。

ここは、沖縄本島最北端の辺戸(へど)岬から、
約17kmの過疎ですが、
なにしろ主役はCOFFEEですから、
COFFEEにとって、栽培環境の良い場所であることは
間違いありません。


移転地を模索するなかで、
県内でのコーヒー栽培の普及伝道を依頼されたり、
コーヒーの栽培希望者が数人出て来て、
苗木購入の依頼をされるようにもなりました。

金武町では、あいにく町有地が小面積であることや、
農家から直接遊休地を借り受けるのが
時間的に短時間では難しいことなどから、
熱心に誘って頂く方もいて、
本当はここで栽培したいのですが、
「断念の方向に傾かざるをえないもうやだ〜(悲しい顔)
という状況です。

金武町では、すでに紅茶栽培を始めているのですが、
この紅茶の製造会社は、
「コーヒーと紅茶」
という取り上げ方に不満をお持ちのようで、
何とも器の小ささが残念ですが、
私は、沖縄では、
あちこちでコーヒー栽培が行われて良いと思っています。

東京都新宿区の面積(18.2平方キロメートル)で
沖縄でコーヒー栽培をしたと仮定しても、
日本が輸入するコーヒー総量の2%程度でしかありませんから、
国産大豆並みの希少価値に変わりはなく、
競合することも考えられませんから、
「それぞれのこだわり度で切磋琢磨して品質を向上させたい」
と考えていて、
「県内のコーヒー普及にも、いずれは務めたい」
と考えていますが、
まず、私自身が圃場を持ち、
私なりに納得のゆくコーヒーを生産するのが
先でなければならないと考えています。

移植したコーヒーの収穫までの2年間は、
「バナナ」で生計を立てるつもりでしたが、
コーヒーの栽培希望者が出てきたことで、
「半額前金での苗木受注」
という、
思わぬ副収入も得られることになり、
今冬収穫の豆を種植えすることになっています。

コーヒーの大量の苗木たちは、
7月13日の台風4号台風や、
9月中旬の台風11・12号台風の影響もなく、
順調に移植を待っている状態ですから、
オーナーの方々は、もうしばらく我慢して下さい。

posted by COFFEE CHERRY at 12:44| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。