2007年10月01日

移転地候補の現状

コーヒーのオーナー様方には、
移転地の連絡をせず、ご心配をおかけしています。もうやだ〜(悲しい顔)

今春には新天地でコーヒー栽培を大々的に行う予定でいたのが、
土地を借りることに、思わぬ難航をしてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

沖縄でのコーヒー栽培のテストを7年も繰り返し、
まだまだ完全ではありませんが、
沖縄でのコーヒー栽培法を会得し、
収穫を早めるために、コーヒーの苗木も大量に育て上げて、
「あとは場所だけ」
という段階になっていたわけですが、
肝心の栽培場所の確保に手こずっていました。もうやだ〜(悲しい顔)

1つは、
私が自然栽培にこだわり、
 ・ 除草剤・農薬使用の畑と隣接しないこと
 ・ 汚染した灌漑用水ではなく、
   キレイな湧き水や井戸水、天水を利用できること
 ・ あっちに何坪、こっちに何坪と圃場が分散せず、
   出来れば1枚の畑でありたいこと
 ・ 1枚で少なくとも3〜4千坪あること
 ・ 住居が畑と、限りなく近いこと

などの条件と、
さらに事業資金が豊富にありませんから、
最初から農地を買えないために、
 ・ 5年目くらいまでは農地を借り受け、
   その後徐々に買取りたい

というような手前勝手な考え方があり、
さらに、沖縄では
1枚で数千坪、数万坪というような農地が
もともと少ないこともあって、
新天地が決まりそうで決まらない悪循環に陥っていたのです。もうやだ〜(悲しい顔)

そういう中でも、
金武(きん)町の儀武町長が、
自身がコーヒー栽培研究をしていたこともあって、
私のコーヒー栽培に理解を示して戴き、
町用地を借り受け出来るように協力して戴いたり、
沖縄・奄美スローフード協会の田崎会長に、
名護市や国頭村などの農地をご紹介戴いたり、
琉球新報のレキオ紙に何度も掲載させて戴いたおかげで、
「私の所有する遊休地で、コーヒー栽培をしたらexclamation&question
というありがたい申し出を多数戴いたり、
あちこちの移転案が「浮上しては消え…」を繰り返して、
「3歩進んで2歩戻る」ような、微速前進から、
ようやく脱却しつつあります。

移転案の中でも最も北の国頭村与那の農地が、
上記の身勝手な条件に適合していて、
この1〜2ヶ月で急転直下で、
よほどの新天地が出現しない限り、
国頭村与那を栽培地にする心積もりを固めるようになりました。

ここは、沖縄本島最北端の辺戸(へど)岬から、
約17kmの過疎ですが、
なにしろ主役はCOFFEEですから、
COFFEEにとって、栽培環境の良い場所であることは
間違いありません。


移転地を模索するなかで、
県内でのコーヒー栽培の普及伝道を依頼されたり、
コーヒーの栽培希望者が数人出て来て、
苗木購入の依頼をされるようにもなりました。

金武町では、あいにく町有地が小面積であることや、
農家から直接遊休地を借り受けるのが
時間的に短時間では難しいことなどから、
熱心に誘って頂く方もいて、
本当はここで栽培したいのですが、
「断念の方向に傾かざるをえないもうやだ〜(悲しい顔)
という状況です。

金武町では、すでに紅茶栽培を始めているのですが、
この紅茶の製造会社は、
「コーヒーと紅茶」
という取り上げ方に不満をお持ちのようで、
何とも器の小ささが残念ですが、
私は、沖縄では、
あちこちでコーヒー栽培が行われて良いと思っています。

東京都新宿区の面積(18.2平方キロメートル)で
沖縄でコーヒー栽培をしたと仮定しても、
日本が輸入するコーヒー総量の2%程度でしかありませんから、
国産大豆並みの希少価値に変わりはなく、
競合することも考えられませんから、
「それぞれのこだわり度で切磋琢磨して品質を向上させたい」
と考えていて、
「県内のコーヒー普及にも、いずれは務めたい」
と考えていますが、
まず、私自身が圃場を持ち、
私なりに納得のゆくコーヒーを生産するのが
先でなければならないと考えています。

移植したコーヒーの収穫までの2年間は、
「バナナ」で生計を立てるつもりでしたが、
コーヒーの栽培希望者が出てきたことで、
「半額前金での苗木受注」
という、
思わぬ副収入も得られることになり、
今冬収穫の豆を種植えすることになっています。

コーヒーの大量の苗木たちは、
7月13日の台風4号台風や、
9月中旬の台風11・12号台風の影響もなく、
順調に移植を待っている状態ですから、
オーナーの方々は、もうしばらく我慢して下さい。

posted by COFFEE CHERRY at 12:44| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。