2007年12月05日

アマレロの実

コーヒーの実は、ほとんどが鮮やかな赤ですが、
一部では黄色くなって完熟するタイプもあり、
“アマレロ”と呼ばれています。

アマレロタイプ2−2.JPG

恩納村の山城先生の圃場では、
赤色も黄色も混ぜて精製加工されていて、
「味は変わらない」
と言われているのですが、
私は、アマレロはアマレロだけのブロック(一角)で栽培し、
精製加工も、赤色の実と別に行おうと考えています。

アマレロタイプ2−1.JPG

防風林は当面ハイビスカスですから、
アマレロのブロックでは、黄色い実に合わせて、
ハイビスカスも黄色の花の種類を栽培しようと計画しています。

0712アマレロ.JPG
   アマレロだけの種

コーヒーの種植えから発芽までは、
早くて2ヵ月、冬場だと3〜4ヶ月はかかりますから、
国頭村の与那への移転のために、
今はパーチメント(内果皮)の付いた状態で保存し、
「元気ですくすくと、のびのび育ってね」
と、毎日話しかけて、種植えは控えています。
posted by COFFEE CHERRY at 12:44| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。