2008年10月08日

沖縄が北限の「リュウキュウアサギマダラ」

自宅の庭にはコーヒー山へ搬入しなければならない
コーヒーやヤシの苗木、バナナなどが
まだまだうんざりするほど大量に残っているのですが、
近郊で除草剤や農薬を使わない農地や遊休地が少ないことで
我が家の庭には多くの昆虫が集まってきます。

リュウキュウアサギマダラ1.JPG
奥にあるのはポット栽培のコーヒー苗木群です。

今朝は「リュウキュウアサギマダラ」
コーヒー苗木の上を優雅にゆっくり旋回して
タチアワユキセンダングサというやっかいな雑草
白い花に止まったところを撮影しました。

リュウキュウアサギマダラ2.JPG
 タチアワユキセンダングサの
 白い花の蜜を吸いに立ち寄ったようです。


タチアワユキセンダングサは、
ベトナム戦争でソンミ村が虐殺された翌年の1969年に
米軍によって嘉手納基地にもたらされた移入種ですから
兵士の軍服などにとがった種が着いてきたのでしょう。

リュウキュウアサギマダラ3.JPG
 明るいところが好きで、
 人も怖がらずに近くを緩やかに旋回します。


「リュウキュウアサギマダラ」は
南国らしい翅(はね)を持ったきれいな蝶ですが
沖縄では1年中出会うことが出来ます。

リュウキュウアサギマダラ4.JPG
 翅(はね)には淡くて青いまだら模様があって、
 綺麗な蝶です。


「アサギ」というのは、
ネギの若芽の青みがかった
浅い緑青色のことをいっていますから
「リュウキュウアサギマダラ」は
「琉球列島に棲むアサギ色をした斑(マダラ)模様の蝶」
という名前なのです。

リュウキュウアサギマダラ5.JPG
 「リュウキュウアサギマダラ」は
 食草のガガイモ科植物に含まれるアルカロイドを
 体内に持ったまま成虫になることで、蝶の味が苦いらしく、
 鳥に食べられるのを防いでいるらしいです。
 それでこれみよがしに故意に優雅に緩やかに
 飛ぶのかもしれませんね。


日本(本土)と南西諸島、台湾を往復する
アサギマダラという蝶

「リュウキュウアサギマダラ」は外見が似ていて、
分類上では
 ・ チョウ目
 ・ タテハチョウ科

までは同じですが、
 ・ アサギマダラはアサギマダラ属
 ・ リュウキュウアサギマダラはリュウキュウアサギマダラ属

と“属”が違うだけなので親戚のようです。

圃場のコーヒー1008−1.JPG
 圃場の実も順調に成育していますが
 栽培面積のさらなる拡張のために
 今回も全部種植えに回す予定です。


熱帯アジアに棲息するリュウキュウアサギマダラは
沖縄が北限ですから、
「コーヒーベルトやバナナベルトでの北限が沖縄」
と同じことから、
よけいに親近感がわいてしまうのです。

圃場のコーヒー1008−2.JPG
 赤く熟す順番がバラバラになると、
 採り忘れて自然に落下し自生えすることが多いので、
 農地は自宅近くで毎日行って様子をみることが
 改めて大事なことだと悟りました。


「リュウキュウアサギマダラ」は
海岸近くの草地のつる性のガガイモ科の
ツルモウリンカやホウライカモメヅルなどの
葉を食べるといわれていますから
コーヒーにとっては「タダの虫」なわけです。

圃場の成木1008.JPG
 この圃場に移植して3年くらいのコーヒーの成木です。
 高さを2mでピンチしてあったのが、
 移転に際して木に負担をかけさせたくないので
 ピンチせずに放置していたら
 いつの間にか3mくらいに伸びてしまいました。
 圃場のコーヒーやハイビスカス、バナナなどは
 来春重機で全部掘り出してコーヒー山に搬送する予定ですが
 何とか無事に搬送出来て
 山で元気に成育してほしいと願っています。


posted by COFFEE CHERRY at 12:08| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。