2009年02月11日

堅固な防風柵が1つ出来上がりました

1年前の様子2.JPG
 これは昨年の2月末頃の画像です。
 バナナロードからコーヒー山への入口部分は
 この画像のあたりに設置して現在に至っていますが、
 伐採した木や枝葉は当初は不要として
 バナナロードの両側に落として積み上げていたのです。


昨秋から、
間伐した木や枝葉、リュウキュウチク(琉球竹)などは
「防風」と数年後の朽木(栄養分)として利用するために
コーヒー栽培地の中の、木と木の間にはさみこむようにして
「防風柵」になるように積み上げるようにしました。

今週の8日(日曜日)は、
それまで不要としてバナナロードや
崖下に落としていた間伐材を
わざわざ拾い上げて、
「林床地の端の風の通り道になるエリアに積み上げる」
という2度手間作業を行いました。

1年前の様子.JPG
 これも昨年2月末頃の林床地の画像です。
 この林の薄暗い中を間伐して、「林床地」として
 現在コーヒーの栽培地として拡張しているのですが、
 1年前は、画像手前の約2千坪の伐採を依頼した方が
 そこの木を全部切ってしまったことで、
 北の風が林床地に入るようになり、
 その防風対策も必要不可欠になっていました。


オキナワシリケンイモリ1.JPG
 バナナロードに落としていた倒木を動かすと
 「オキナワシリケンイモリ」を見つけました。
 尾の先端が尖って“剣”のように見えることから
 「尻剣」という名前が付いたようですが、
 環境省のレッドデータブックでは
 準絶滅危惧種に指定されているのです。
 イモリは井(=水)守ですから
 水の守り神でもあるのです。


オキナワシリケンイモリ3.JPG
 オキナワシリケンイモリは、
 雨降りの後の水溜まりを覗くと
 たいてい数匹が入っているのですが
 水溜まりが干からびてしまうと
 どこに隠れているのか不思議だったのですが、
 水溜まりエリアの近辺の倒木の下や
 草本が密集して湿気が多くて薄暗い
 ソデ群落あたりに棲息して
 雨乞いをしているようですね。


オキナワシリケンイモリ2.JPG
 「オキナワシリケンイモリ」は両生類ですから、
 爬虫類のヘビと同様に、
 沖縄の厳冬期でも冬眠はしないものの
 寒さに凍えていて、
 動きがスローモーションのように鈍いのです。


防風柵090208.JPG
 バナナロードに置いてあった間伐材と
 林床地付近に無造作に積み上げられていた間伐材を
 林床地の端(北側)に積み上げて
 ご覧のように堅固な防風柵が出来上がりました。


防風柵090208−2.JPG
 コーヒー苗木を植えつけた「林床地」は、
 この入口からすぐ右手側になります。


ヤブツバキの花.JPG
 コーヒー山の林床地にヤブツバキが自生していました。
 根元に花が落ちてあるのを発見したからですが、
 コーヒー苗木の栽培地確保のために
 コーヒー山では主に中低木を間伐していますから、
 このヤブツバキは運が良かったのですね。
 花が咲いている時は下の方ばかり見ていたので
 気づきませんでした。
 ツバキとサザンカは同じツバキ科で
 花が似ているのですが、
 花が丸ごと落ちているのでサザンカではなくて
 ヤブツバキと判断出来たのですが、
 ヤブツバキやサザンカは
 冬に咲く花としてはきれいなのですが
 茶の木に取り付く「チャドクガ(茶毒蛾)」の
 食害を受けますから
 春にはこの幼虫(毛虫)には
 注意しないといけませんね。


ヤブツバキの葉.JPG
 ヤブツバキの葉はクチクラ層が発達していて
 葉に光沢があるのですが、
 コーヒーの葉にもクチクラ層があって
 ピカピカツヤツヤしています。


コーヒーの葉090208.JPG
 コーヒーの葉の、特に若い葉は
 クチクラ層によって光沢があるのですが、
 時間の経過と共に徐々に光沢が薄れてきて、
 ついには葉の表面の光沢がなくなってしまうのです。

posted by COFFEE CHERRY at 14:26| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

コーヒー山のリュウキュウアカガエル

昨日のコーヒー山は日中18℃もあって、
トレーナー1枚でも汗ばむほど暖かくなってきました。

林床地090201.JPG
 伐採作業を進めている林床地の入口に近いエリアです。
 緑色のシートは雨水貯水システムの天幕です。


昨年秋くらいまでに植えたコーヒー苗木の多くに
花芽も出てきて、無事に根付いているようで
安心しています。

コーヒー山の北山山麓090201.JPG
 コーヒー山の北山山頂付近から
 南側斜面を見下ろしたところです。
 この中腹から北側はコーヒーが特に元気なのです。


冬場のコーヒー山での虫は、
小さなクモ類と、時おりクロアゲハが飛んでいる以外は、
ほとんど見かけないのですが、
冬場に産卵したキノボリトカゲや
オキナワヤモリが歩いているところを見ると
小さな昆虫類がいるのでしょう。

コーヒー山のジャングル.JPG
 重機の道からバナナロードを見下ろした
 コーヒー山の下側斜面ですが、
 ここにも平坦部分があるので、
 コーヒーを植えるエリアだけ後日伐採をする予定です。


昨日は、バナナロードに近い林床地で
「リュウキュウアカガエル」
と出会いました。

リュウキュウアカガエル.JPG
 リュウキュウアカガエルは
 枯葉の色の擬態色のような色をしているので
 地面で動かないとなかなか見つけられません。
 大きさは約4cmです。


リュウキュウアカガエルはアカガエル科のカエルで
奄美諸島、沖縄本島、久米島に分布する
リュウキュウ列島特有の固有種で
流線形のラインが特長のカエルですが、
沖縄本島では国頭の山林内だけで
棲息しているといわれています。

リュウキュウアカガエル1.JPG
 上から見るとこんな形ですが、
 脚が気持ち悪いので触れませんでした。


沖縄の冬の時期(12〜1月)頃に繁殖するらしいのですが、
これは天敵のハブが寒さに凍えて
動きが鈍くなる時期でもありますから、
こういうのと関係がありそうですね。

リュウキュウアカガエル3.JPG
 前から見るとガメラのように見えます。
 左後足の膝部分は枯葉で隠れています。


リュウキュウアカガエルは、
環境省や沖縄県のレッドデータブックでは
「準絶滅危惧」種に指定されていますが、
コーヒー山では何度も見かけています。

リュウキュウアカガエル4.JPG
 鼻から目あたりにかけて黒いのが特長的です。
 オスかメスかは判りません。


コーヒー山の作業は冬時期は苗木植え付けを中断して
栽培地拡大のために伐採と片づけ、
切り株のひこばえ剪定を優先していますが、
昨日はバナナロードの奥地まで探検する途中、
「リュウキュウバライチゴ」
の白い花が咲いているのを見つけました。

野イチゴの花.JPG
 “苺(いちご)”というと
 スーパーに並んでいる赤くて美味しい果物を連想しますが、
 あれはオランダイチゴで、
 イチゴは「バラ科低木か多年草」という定義ですから、
 このキイチゴの仲間のリュウキュウバライチゴは
 立派な野イチゴなのです。
 コーヒー山のバナナロードで
 白い可憐な花を咲かせていました。


posted by COFFEE CHERRY at 13:33| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。