2009年03月23日

神の使いとの遭遇

先週20日(金曜)には石垣島で海開きをしたように
沖縄ではひと雨ごとに暖かくなっていますが、
コーヒー山での21日(土曜)の作業で
ついに恐れていた神の使いと遭遇してしまいました。

重ねた黒ポット090321.JPG
 苗木移植後の空ポットは重ねておきますが、
 新たな苗木の植え付けでは
 掘り出した土を入れたり、苗木栽培で使ったりと
 何度も使い回しをします。


コーヒー苗木の植え付けでは、
掘り出した土を空いた黒ポットや鉢に入れていますが
重ねた黒ポットをはがしていたら
一番下の黒ポットが重みで落ちたので
中を覗くと「アカマタ」という
南西諸島に棲息する無毒のヘビさんが入っていました。

アカマタ090321−1.JPG
 たまたま一番下の黒ポットに
 「アカマタ」が潜んでいたことで
 重ねた黒ポットを持ち上げた時に
 自然に重みで落下したので
 私もヘビさんもお互いに驚いてしまいました。


体長はまだ1m程度なので子供でしたが
成長すると2mにもなって
「アカマタの棲むところにはハブはいない」
という
ハブをも飲み込むくらいどう猛なヘビなのです。

アカマタ090321−2.JPG
 ヘビさんもどうして良いのか判らないようで
 黒ポットの中で困っているのですが
 ウトウト状態から目覚めても
 近くで作業する私も困るので
 黒ポットを横にして出てもらいました。


「アカマタ」などヘビの食べ物は、
 ・ カエル
 ・ トカゲ
 ・ イモリ
 ・ 小鳥
 ・ 自分より小さいヘビ

などで
いずれもコーヒー山では
あちこちで見かける生き物ばかりですから
また出会うことになるでしょうね。

大きな苗木090321.JPG
 昨秋林床地に植えつけた大きなコーヒー苗木ですが
 もう根付きはじめたのか、花芽が出てきました。
 コーヒー山では、このくらいの大きさが
 最も大きな苗木です。


沖縄のヘビは冬眠はしないのですが、
エサも不足気味の冬から初春は目立った活動をしませんし、
しかも夜行性ですから
気持ち良く寝ている時に見つけられてしまったようで
黒ポットの中を困ったように右往左往していましたが
作業中にまた出会っても困りますので
黒ポットを横倒しすると
スルスルと斜面を下りて行きました。
posted by COFFEE CHERRY at 18:45| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。