2009年05月25日

コーヒー山で早くも最初の開花!

コーヒーの白い花は重力の影響を特に受けやすく
満月や新月の前後1週間に開花することが多いのですが、
先週の23日(土曜)はタイミングよく
新月の前日だったこともあって
コーヒー山で最初の花が咲いているのを見つけました。

開花090523-1.JPG
 重機の道の中腹「竹の広場」から
 次の南山山麓に向かう道の入口部分の苗木ですが
 「竹の広場」で昼食中に
 「何となく苗木に白いものが付いているけど何だろうexclamation&question
 と思ってよく見ると白い花だったのです。


コーヒーの枝の葉の付け根に
花芽が付いているのは以前から知っていたので
開花は時間の問題でしたが
やはり最初の開花を見るのは嬉しいものです。
コーヒー山の苗木には
花芽が蕾(つぼみ)状になっているのも多く見受けられ、
今後続々と開花してくるものと思われます。

開花090523-2.JPG
 コーヒーの白い花はいつみても可憐(かれん)で
 可愛くて見とれてしまいます。
 無事に成育すれば開花後6〜7ヵ月後に
 赤い実になるはずですから
 師走のあたりでしょうか。


すべての植物に共通している特徴の1つとして
「種族の保存」
つまり、
「自分たちと同じ仲間を殖(ふ)やす」
という性質があり、
植物ではそれが“種子”と、その散布方法にあって
花には、
「いかに受粉するか」
という役割があるわけですが、
昨年植えた苗木は、開花させることよりも
まず根付くことに最大限努力をして
場合によっては葉を落としても根付こうと頑張るのですが、
まだ充分に根付いていないはずなのに
多少貧弱であっても懸命に蕾(つぼみ)を開花させたことに
改めて
「コーヒーを大切に育てなければ…」
という責任感を強く感じました。

開花090523-3.JPG
 白い花を咲かせた苗木は数本ありましたが、
 よく見ると、円柱状の結実した幼果がありますから
 最初の開花は今日ではなく1週間以上前のことで、
 私が山に行かない日に開花していたか
 せっかく開花していたのを私が見落としていたのか
 どちらかですね、残念なことです。


posted by COFFEE CHERRY at 16:48| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。