2009年08月24日

タイワンシロガシラから学ぶ

沖縄本島で“北部三村”というのは、
 ・ 国頭(くにがみ)村
 ・ 大宜味(おおぎみ)村
 ・ 東(ひがし)村

のことを指し、
この地区はうっそうとした亜熱帯原生林が広がっていて
その森林率はいずれも8割前後もあり、
「やんばる」が“山原”と書かれることも
納得出来るのです。

タイワンシロガシラ0908-1.JPG
 自宅近くのコーヒーテスト圃場のバナナです。
 右はフィリピンバナナ、
 左の房を布で覆っているのはブラジルバナナです。
 この圃場にはこの他に、
 島バナナやボリビアバナナ、
 マッサンバナナ、イスラエルバナナ、
 三尺バナナ、調理バナナなどを栽培しています。
 左のブラジルバナナは完熟が近いので
 鳥害から守るために房を布で覆っているのです。


コーヒー山は国頭村の中心あたりにありますが
北部三村の農作物の野生鳥獣被害は、
 ・ イノシシ
 ・ カラス

が突出していて、
コーヒー山でも、
今のところカラスの被害は
昼食時のお弁当くらいで実害はないのですが
イノシシは、実際に“ウリ坊”と
林床地で出会っていますし
コーヒー山に植えたバナナの子株の9割以上が
イノシシに次々に掘り出されて株を食べられていて
林道からコーヒー山に入る私道は
「バナナをズラッと並べたい」
ということから
『バナナロード』
と名付けているものの、
バナナ子株がほぼ壊滅の状況では
「コーヒー山にバナナを植えたくても植えられない」
のが実情で、
バナナは自宅近くに植えようと考えています。

タイワンシロガシラ0908-2.JPG
 フィリピンバナナの房の上には
 何やら鳥の巣らしいものが乗っていました。
 この圃場ではメジロが度々巣を作っているので
 始めは「メジロの巣」と思っていました。


私の自宅やテスト圃場は、現在は本島南部ですが
この地区の鳥獣被害では
カラスよりも
「タイワンシロガシラ」
の方が実害が大きいのです。

タイワンシロガシラ0908-3.JPG
 翌日圃場に行くと、房の上の巣には
 「タイワンシロガシラ」が入っていたので
 「タイワンシロガシラの巣」だということが判りました。
 画像からでは判りにくいのですが、
 「タイワンシロガシラ」が入っているのが
 判るでしょうか?


「タイワンシロガシラ」
は、
もちろん沖縄に
もともと生息していた野鳥ではなくて外来種ですが、
スズメ科ヒヨドリ科の体長15〜20cmのやや大きな鳥で
警戒心が強くて敏捷性にも優れていて
おまけにものすごく学習効果が高くて賢い野鳥なのです。

沖縄に入ってきたのは
 ・ 台湾から台風などで渡ってきた
 ・ 沖縄に駐屯する海兵隊が
   ペットとして持ち込んで逃げ出して繁殖した

などの諸説があって
本当のところははっきりしませんが、
沖縄が日本に復帰して4年目の1976年(昭和51年)、
ロッキード事件で田中角栄前首相が逮捕されたり、
中国で第一次天安門事件が起こったその年に
タイワンシロガシラが沖縄で最初に確認されたそうですから
最初の発見から、まだ33年しか経っていないのに、
またたくまに県内で繁殖して、
国立環境研究所の侵入生物データベースにも
リストアップされるほどになっている
立派な“害鳥”に出世してしまいました。

沖縄で発見されてから20年後の20世紀末には
「大宜味村でも見かけた」
という北限情報があったようですが、
それから10年ほど経つのに
隣接する国頭村では目撃情報を聞いていませんし、
私も今のところ見たことはありませんから
以外と「タイワンシロガシラ」は人里近辺に棲息して
農作物を食害しながら
分布を拡大しようとしているのかもしれません。
温暖化の影響なのか、
“北限”は沖縄も奄美でもなく、
すでに鹿児島でも見かけられているようです。

タイワンシロガシラ0908-4.JPG
 画像では鳥の頭が白いのが見えないのですが、
 「タイワンシロガシラ」です。
 巣を守っているようで、
 警戒してこちらを見ています。
 このバナナがあるブロックでは
 先月2m級の大物ハブが
 私のすぐ近くを横切っっているので
 私は地面を警戒しながら巣を見ているのです。


「タイワンシロガシラ」
が、どのくらい頭が良いかというと、
例えば、防風ネットや防虫ネットで囲われたハウスに
小さな「穴」が開いていると、
タイワンシロガシラだけでなく、
スズメももちろんハウスの中に入ってきますが、
何かの拍子で、鳥が逃げ出す時には、
スズメが出口がわからずパニックになり、
逃げ惑うのに対し、
タイワンシロガシラは入ってきた小さな「穴」から
冷静に逃げ出すのです。

また、猟師が散弾銃で発砲しようとしても、
電柱や車、人の居る方などに移動するとか
バラバラに分散するとかの
頭脳的な逃げ方も出来るのです。

タイワンシロガシラ0908-5.JPG
 いつもなら人間の姿を見ただけで
 逃げ出すほど警戒する鳥が
 大事に巣を守っているので、
 巣の中を覗いてみると
 卵が2個あるのを見つけました。
 ただし産卵日は不明です。


このタイワンシロガシラが、
「コーヒーの実を食べるかどうかexclamation&question
ということについては
実害は少ないものの
「タイワンシロガシラはコーヒーの実を食べる」
のです。

樹木の果実が糖分を含んで甘いのは
鳥類や哺乳類に食べてもらうための
果樹の“仕掛け”で、
果肉が消化されても中の種子はフンと共に排泄されて
遠く離れた場所に子孫を芽吹かせて
分布拡大に役立たせているのですが、
コーヒーの実も糖度が10以上あって甘く
赤い実を付けるのも緑色や茶色の樹林の中で
目立ちやすくさせているのです。

県内のコーヒーの生産者の一部の方は
「タイワンシロガシラはコーヒーの実を食べない」
と断言する方もいるのですが、
それは間違いのはずです。

タイワンシロガシラ0908-6.JPG
 卵発見日から4日後に圃場に行ってみると
 すでに孵化していました。


それならなぜコーヒーの実害が少ないのかというと、
もちろん答えをタイワンシロガシラに
直接聞くことは出来ないのですが、
おそらく
 ・ コーヒー以外に、もっと魅力的な農作物があり、
   そっちを優先している
 ・ コーヒーの実が甘いだけでなく、
   何か苦味成分のようなものがあって、
   それが嫌われている

などが考えられます。

タイワンシロガシラ0908-7.JPG
 卵発見日から6日後には雛が少し大きくなっていますが、
 もう1つの卵はまだ孵化していません。


沖縄に生息し始めてまだ三十数年しか経っていない
タイワンシロガシラにとって
コーヒー自体がまだ県内でも目新しい農産物ですから
「認知されていない」
ということもあるかもしれませんが、
私は上記2点の事由で
「今のところは、あまり被害に遭わないで済んでいる」
と考えていて、
コーヒー生産者が増えるにつれて
いずれ被害は増加傾向にあると危惧しています。

タイワンシロガシラ0908-8.JPG
 卵発見日から8日後には
 雛は羽の形がはっきりしてきました。
 親鳥は近くのハイビスカスの垣根で
 私に怒っています。


コーヒー山には
今のところタイワンシロガシラは見かけないものの
ホントウアカヒゲやアカショウビンなどの
多くの野鳥が棲息していて
これらがやがてコーヒーの実も
食害するのではないかと危惧しているのですが、
沖縄でコーヒーの実を収穫する時期は“冬期”が中心で
この時期のやんばるは柑橘類の収穫期も重なっていて
野鳥のDNAも
「柑橘類は昔からやんばるにある美味しい食べ物」
と伝授していて、
野鳥は柑橘類を重視すると思いますが、
コーヒー山では、念のために
「おはよう、フェルプス君。今回の任務だが…
 野鳥に食べさせる“おとりの果樹”を
 周りに植えることで実害を少なく…」

という
「おとり大作戦」
を遂行しようと考えています。

タイワンシロガシラ0908-9.JPG
 卵発見日から10日後には
 外径10cmくらいの巣の中が
 窮屈になるくらい雛は大きく成長していました。
 もう1つの卵はついに孵(かえ)らなかったようです。
 この2日後に巣を覗くと雛はもう巣立ちしたようで、
 親鳥も居ませんでした。
 メジロは産卵後11日前後で孵化し
 それからまた11日前後で巣立つといわれていますが
 どうやら「タイワンシロガシラ」も
 同じくらいのようです。


posted by COFFEE CHERRY at 23:50| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | コーヒーから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

コーヒー山のクヌギカレハガ(琉球亜種)

「クヌギカレハガ」というのは
昆虫網チョウ目カレハガ科に属する蛾で
アジアのシベリアから中国、インドまで
広範囲に生息しますから
珍しくはない蛾ですが、
日本では屋久島以北と琉球亜種とで
タイプが分かれています。

カレハガは、
もちろん「枯れ葉・蛾」のことで
翅(はね)が茶褐色で枯れ葉に似ているからですが、
クヌギを食害するので単純にそのまま
「クヌギカレハガ」
と命名されているようです。

クヌギカレハ琉球亜種1.JPG
 コーヒーの葉の上に留まっている「クヌギカレハガ」は
 見た感じは“蛾”というよりも
 木の年輪を生かした木工細工の民芸品のような
 芸術性を感じます。


沖縄諸島では
本島から与那国島まで棲息しているようですが、
成虫は
「枯れ葉の多い冬に出現することが多い」

昆虫図鑑に書かれているのに
なぜか盛夏に出会いました。

屋久島以北では
クヌギ、サクラ、ウメ、クリ、リンゴ、
ヤナギ、カシ、ナラなどを食害するようですが、
琉球亜種はイタジイやホルトノキ、ハンノキ、
サガリバナ、モクタチバナなどを主に食害するようです。

クヌギカレハ琉球亜種2.JPG
 毛虫時代は毒があるようですが
 「成虫になると毒はない」と
 図鑑に書かれているものの
 触りたくはないですね。
 外観の芸術性は感じるものの
 同時に不気味さもただよいます。
 大きさは胴長が2cm前後で開帳時は4cm前後と
 500円硬貨(直径26.5mm)より
 ひと回り大きい程度の蛾です。


コーヒー山の森林では
コーヒーは新参者ですから
まだまだ昆虫や鳥に馴染みがないはずで
コーヒーの葉に「クヌギカレハガ」が留まっていたのは
おそらく一時的な休憩だと思うのですが…
それとも試食でしょうかexclamation&question

北山山麓のコーヒー苗木090820.JPG
 コーヒー山の北山山麓のコーヒー苗木です。
 木漏れ日が適度に入るような
 木々を出来るだけ残して活かすように配慮しています。


posted by COFFEE CHERRY at 17:57| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

日照り続きのコーヒー山にも、ようやく待望の雨が…

8月6日(木曜)に台風台風8号が
沖縄本島南海上を台湾方面に進み
コーヒー山での台風台風の被害は無かったものの
その後コーヒー山では日照り続きになって
水が特に必要なデリケートな幼い苗木たちだけでも
水やりをしてあげるのが作業の中心になっていました。

与那海岸090820.JPG
 20日(木曜)早朝、
 名護市以北には所々で降雨があり
 与那海岸からは虹が見えました。


コーヒー山には黒ポリポットの苗木数百本が
重機の道の中腹や北山山麓、
林床地のあちこちに分散していたり
また林床地にはアマレロ(イエローブルボン)の苗が
約1,600本も黒ポリポットで成育中ですし、
さらに昨秋や今春に種植えしたアマレロや
ムンド・ノーボの種が
梅雨明け後に次々に数千本も発芽してきて
これらの苗木たちだけのジョーロでの水やりは
水場、といってもコーヒー山には水道も井戸も無いので
あちこちに置いた雨水貯水槽が水場ですが
ここからあちこちの苗木まで何十往復も
休みなしで2時間以上もかかる
重労働作業になっていたのです。

アマレロ苗木090820.JPG
 アマレロ(イエローブルボン)苗木は、
 画像のように100本単位で
 林床地内のあちこち17箇所に分散させてあるので
 苗木の生育状況を確認したり
 同時に苗木の上に落下してきた枯れ枝や
 落ち葉などを取り除いたりしながら
 水やりをするだけでも
 時間はすぐに経ってしまうのです。


この水飢饉中は、
すでに移植した約1,500本の苗木には
水やりはとても手が回らなかったのですが、
森林の中という表土が乾きにくい栽培環境が幸いして
どの苗木もたくましく乗り切ってくれました。

北山山麓の苗木090820.JPG
 20日(木曜)はコーヒー山到着直後から
 スコールのような雨が降ってきました。
 この画像はその時の北山山麓の苗木です。


林床地の苗木090820.JPG
 ここは林床地で、雨が降ったことで
 表土が湿っていますが、
 コーヒーの葉が横にピンと張っているのは
 元気な証拠なのです。


コーヒー山では、
今後も雨水による給水ポイントを多く設置する必要性があり、
台風や強風でのブルーシート撤去の簡便性を高めるためにも
次回からブルーシートと木を結びつけるヒモには
中間にカラビナを付けるように改良しようと考えています。

簡易雨水貯水槽090820.JPG
 林床地に雨水を溜めておく容器を置きました。
 自宅引越し先のお風呂場の古い浴槽を
 横に切断した上半分ですが、
 雨水を溜めるためにブルーシートを敷き
 ブルーシートの周囲の穴に
 鉄筋を刺して固定したものですが
 要は外見よりも実効ですからこれで充分なのです。


19日(水曜)に那覇市内の排水路(ガーブ川)では
作業中に鉄砲水で流されて
4人が亡くなった悲惨な事故がありましたが、
19〜20日は、熱帯低気圧が
台風台風8号と同様の通過ルートで
台湾方面に西に移動したことで
沖縄本島上空は気圧が不安定になって
雷雲が所々で出るようになり
コーヒー山でもついに待望のまとまった雨が降りました。

ホントウアカヒゲ090820-1.JPG
 コーヒー山に入ると、
 いつも人懐っこい「ホントウアカヒゲ」が
 舞い降りてきて
 1mくらいまで近くに寄ってきます。


ホントウアカヒゲ090820-2.JPG
 「ホントウアカヒゲ」は
 スズメ目ツグミ科の野鳥なのでスズメに似ています。
 南西諸島の「アカヒゲ」の沖縄本島に棲息する亜種です。


ホントウアカヒゲ090820-3.JPG
 林床地で今春種植えして梅雨明け後に発芽した
 ムンド・ノーボの種苗に
 「ホントウアカヒゲ」のオスが舞い降りました。
 私もその端に居ますから、
 手を伸ばせば届くくらいの近さです。
 彼が近寄ってきた理由は、
 休憩時に食べるスイカの催促なのです。


ホントウアカヒゲ090820-4.JPG
 彼がなぜ“オス”と判るかというと、
 胸が黒くなっているからです。
 メスの胸はグレーなので、
 オスとメスの判別は
 誰でも簡単に見分けがつくのです。
 彼らは一夫一妻制のようで、
 一定のエリアを縄張りとしてツガイで守っていて
 そこから少し離れると、
 今度は違うアカヒゲが近寄ってきます。


ホントウアカヒゲ090820-5.JPG
 彼らは環境省レッドリストで
 絶滅危惧種に指定されていて
 また国の天然記念物にも指定されていますから
 会えるだけでも感謝しないといけないのです。


ホントウアカヒゲ090820-6.JPG
 このムンド・ノーボの種苗は
 直径10cm前後の伐採した木を枠にしていますが、
 ここだけでも2千本以上は発芽したようで、
 この後黒ポリポットに移植する作業も
 また大変な時間がかかりそうです。
 一部は本葉も出てきましたが
 一同元気に成育しています。

posted by COFFEE CHERRY at 21:45| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

コーヒー山の台風一過

2年ぶりに沖縄本島に接近した台風台風(8号)は
本島の南海上を西に先島諸島方面に進み、
先島や台湾に大きな被害を与え、
また、あいにく夏休み期間中でもあり
観光客や観光業界などにも影響が出ています。

090805-2.JPG
 林床地外側の雨水貯水システムですが
 このままだと容器が強風で吹き飛ばされたり
 ブルーシートが風であおられたりするので
 台風前にブルーシートを外してたたみ、
 吹き飛ばされそうなものは固定する
 簡単な台風対策を直前に行いました。


090805-1.JPG
 ブルーシートは外して、
 近くの木に巻きつけておきました。


今回も不思議に沖縄本島は
台風台風の被害から免れたものの、
永年台風台風の通り道としての沖縄で
強風に弱いコーヒー栽培をするということは
台風台風をただ恐れおののくのではなくて
「台風台風にどう備え、挑むのか」
を常日頃考えて
台風を克服しないといけないのは
至極当然のことで
「備えあれば憂いなし」
は、
毎年のように台風が襲来する
沖縄の農業や観光のためにあるような
格言だと思えますし、
その対策も出来る限りコストをかけずに
質的向上を図るように心がけたいところです。

090805-3.JPG
 コーヒー山の北山山頂にある雨水システムです。
 コーヒー山には全部で10箇所の雨水システムがあり
 台風の直前に、全てのブルーシートを外しておきました。


090805-4.JPG
 風でブルーシートがあおられても
 自然にヒモが外れないように
 固く締め付けてあるので
 ヒモをほどくのも面倒な作業になりました。


コーヒー山でのコーヒー栽培は
ある意味、自然の要塞のような
恵まれた森林の中での栽培ですから
森林栽培がある程度完成された状態であれば
被災度はかなり軽微と思うのですが
なにしろ昨年の年初から
間伐をしながらコーヒー苗木を植樹していて
現在までに約1,500本を移植しながら、
なお数千本の苗木が残っている志半ばですし、
しかも少人数で作業を行っているので
台風対策までとても手が回らない状況ですから
コーヒー山の台風対策としては
直前に雨水貯水システムのブルーシートを外しただけで
台風台風を迎えることになりました。

090805-5.JPG
 林床地内のスイカなどを食べる休憩ポイントにある
 雨水貯水システムです。


090805-6.JPG
 画像右上の明るい部分はバナナロードで、
 雨水貯水システムのある林床地は
 約1m高くなっていますが、
 画像からだと判りにくいでしょうか。


台風一過後のコーヒー山では、
「どこにどの程度の被災があったのかexclamation&question
という被災状況確認から
コーヒー山の個々のエリアで
「どうすればよいのかexclamation&question
という具体策を熟慮して
次回の台風に備えるつもりでしたが、
台風8号台風は本島南の海上を
東から西に横切っただけで
ヤンバルは強風が吹き荒れただけの様子で
高木から折れた枝葉が落下してきた程度の
ごく軽微な被災だけで済みました。

近所のキビ畑090809.JPG
 台風一過の近所のサトウキビ畑も
 北東の風が吹き荒れましたが
 本島南部でもこの程度で済みました。
 サトウキビはこの曲がった状態のまま放置され
 先端部分が太陽に向かって垂直に延び出すのです。


090810-1.JPG
 北山山麓のコーヒー苗木に
 高木から落下してきた枝が引っ掛かっていました。
 コーヒーの枝葉が傷つかないように気をつけて
 枯れ枝を外してあげます。


090810-2.JPG
 これも北山山麓のコーヒー苗木ですが、
 苗木は不思議に直撃を免れています。


090810-3.JPG
 林床地のコーヒー苗木です。
 このように高木から落下してきた枝が
 引っ掛かっていたコーヒー苗木は
 全部で数十本ありましたが、
 直撃して枝葉が折れたコーヒー苗木は
 不思議に1本だけで、
 しかも10cm程度の被害で済みました。
 重機の道では倒壊した苗木も1本ありましたが
 起こしただけで修復出来ましたから
 今回の被災はごく軽微で済みました。


といっても、
沖縄は海水温度が高い10月上旬までは気を許せないので、
雨水貯水システムのブルーシートを
台風が接近するたびに外したり
張りなおしたりするのも面倒ですから
付け外しが短時間で出来るように
今後、徐々にヒモをフック形式で
固定するようにしようと考えています。

090810-6.JPG
 北山山麓の東側で黄緑色が美しい
 「リュウキュウアオヘビ」と遭遇しました。


090810-7.JPG
 彼は体長約1mの青年で、
 雨水貯水システムの水槽の中にウヨウヨいる
 オタマジャクシがカエルに変態した頃に
 食餌としているようです。


090810-4.JPG
 奄美大島以南に棲息する
 タイワンハグロトンボの琉球列島の固有亜種
 「リュウキュウハグロトンボ」の成体のオスで、
 カワトンボ科の仲間です。
 青年はコバルトブルーで、
 成熟するにつれてグリーンメタリックになるのです。
 メスは黒い羽に白い紋がありますし、
 また少女は褐色、Ladyは黒褐色で
 明らかにオスの金属光沢と違うので
 画像のハグロトンボは成熟したオスと判るのです。


090810-5.JPG
 本島では中北部の樹林帯の水辺で
 見かけることが出来ますが
 沖縄は開発が進んで生息域が限られて
 「リュウキュウハグロトンボ」も
 希少種になりつつあるようです。
 体長は約65mmです。


090810-8.JPG
 林床地で休憩中、スイカを食べていると
 絶滅危惧種に指定されている
 「ホントウアカヒゲ」がツガイで近寄ってきます。
 スイカの赤い実が好物のようで
 1〜2mのところまで無警戒で舞い降りてきます。
 一見スズメに似ていますが、
 スズメよりも赤褐色でひと回り大きいと思います。
 胸元が黒いのがオスなので、
 画像のアカヒゲはメスですね。



posted by COFFEE CHERRY at 23:26| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。