2011年05月11日

大震災から2カ月が経過しました

このたびの東北関東大震災から今日で2カ月が経過しました。
多数の尊い命が失われ、
亡くなられた方々に深く哀悼の意を捧げるとともに,
慣れない避難所生活を余儀なくされている13万人以上の方々が
これ以上の不幸がないように、
また被災地の方々全員に心からお見舞い申し上げます。

地震は自然界では繰り返し起こる地殻変動で
その予知も大事ですが、
必ず将来起こる事象としてとらえて、
その入念な準備と対策は
常日頃から考えておかなければいけません。

奥共同売店110508.JPG
 沖縄で最初にOPENした国頭村の奥共同売店。
 集落のコンビニみたいなもので、
 値段的には高く品揃え的には少ないのですが、
 車の運転が出来ない高齢者の買物はもちろん、
 ゆんたくコミュニティとしても欠かせない
 集落民出資による共同運営店舗なのです。
 沖縄には各集落ごとにあります。


鎌倉時代の随筆、鴨長明の「方丈記」は、
「ゆく河の流れ」
行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。
世の中にある人とすみかと、またかくの如し。


で始まるエッセイで、
私が中学生時代の国語では強制的に丸暗記させられたものです。

石碑110508.JPG
 奥共同売店入口にある石碑です。
 これによると明治39年(1906年)、
 台湾総督府の第4代児玉源太郎・総督と
 後藤新平コンビの最終年度のこの年に
 糸満盛邦氏の尽力でOPENされたことが
 記されています。


先週名護市立図書館で借りた
「永井路子の方丈記、徒然草(集英社)」
は、現代語訳で読みやすくなっていて、
序文の「ゆく河の流れ」の永井路子さんの現代語訳では、

 絶えることのない、河の流れ。
行きて還(かえ)らぬ流れの水は、昨日のそれではない。
また、流れもせずにいるかに見える淀(よど)みに浮かぶ水の泡は、
消えては浮かび、浮かんでは消え、その命はたちまち尽き、
瞬時もこの世にとどまることのないはかなさだ。
 世の中の人々の命も、すみかもまたこれにひとしい。
絢爛(けんらん)たる都の中に、
競うがごとく並びたつ貴賎(きせん)の家は世々尽きもしないが、
よく見れば、昔からの家は数少ない。
あるいは去年焼けて今年は造り変えたとか、
あるいは大きい家がほろんで小さい家になるとか…。
住む人もこれに同じこと、所は同じ京の中、
人も同じく多いけれど、昔からの顔見知りは二、三十人のうち、
わずかに一人、二人である。
 生まれ、かつ死んでゆく人間たちよ。
どこから来て、どこへ去ってゆくのか。
たちまちうつろう仮のすみかのために、
何を悩んだり喜んだりして心を煩(わずら)わせているのか。
人とすみかと先を争って滅んでゆく姿は、
あたかも朝顔の花と露のようなもの。
あるいは露がこぼれて花のみ残るものもあるが、
それも朝日の前ではしおれて生気を失ってゆく。
あるいは花がしぼんで露が消えないこともあるが、
それも夕(ゆうべ)までの命は保ちはしない。


と書かれていて、とても読みやすいです。
無常な世の中にただ絶望するのではなく、
その現実を受け入れながらも
自分らしさを見失なわず、
淡々と生きることの大切さが説かれたエッセイで
約800年前の鎌倉時代中期でも、
文明は違っても、人間の本質はまったく変わらないようですね。

永井路子の方丈記.JPG

この方丈記には“大地震”のことも書かれています。

「元暦の大地震」  
また、同じころだったか、ひどい大地震があった。
その有り様は、並み大抵のものではなく、
山は崩れて河を埋め、
海が傾くような津波が陸地を浸した。
土が裂けて水が噴き出し、
岩石が崩れて谷に転落した。
岸部を漕(こ)ぐ船は波に翻弄(ほんろう)され、
道行く馬は足元定まらず、立ってもいられないという有り様。

都のあたりでは所々の堂塔が壊れ、
ひとつとして完全な姿を保つものはなかった。
あるいは崩れ、あるいは倒れ、
その塵挨(じんあい)がもうもうと煙のように立ち上がった。

大地が揺れ、家の壊れる音は雷鳴と変わりがない。
家の中に居れば、たちまちその下敷きになって押しつぶされそうになるし、
走り出れば足元の大地が地割れする恐ろしさ…。

羽根がないから空を飛ぶことも出来ないし、
竜なら雲にも乗れようがそれも出来ない。
恐ろしい中でも最も恐ろしいのはこの地震だと、
思い知ったことだった。

 これほどの激震はまもなくして止んだけれども、
余震はしばらくは止まず、
普通のときだったらびっくりするほどの地震が、
日に二、三十度ない日はなかった。
十日、二十日と過ぎてやっと間遠になり、
一日のうち四、五回、あるいは二、三度になり、
一日置き、また二、三日に一度というふうになったが、
こんなふうにして、余震は三か月も続いたろうか。

天地を構成する四大種(四要素=地、水、火、風)の中で、
水と火と風はいつも災害をもたらすが、
大地だけは常に動かず、
災いを起こさないと思っていたのに、
この有り様とは…。
昔、斉衡(さいこう)年間(854〜857年)とかに大地震があって、
東大寺の大仏の首が落ちるなど、
大変なこともあったけれども、
それでも今度の大異変には及びもつかない、
とか人々は言いあった。

 その災害の当時は、人々は、
しょせん世の中ははかないものだなと語りあって、
この世への執着や欲望も少しは薄らいだように見えたけれども、
歳月が過ぎればそういうことを口にする人さえいない。


この大地震は1185年(元暦2年7月)に起きた
「文治京都地震」
のことで、
同年3月の壇ノ浦の戦いで平氏は全滅したことから
当時“平家の怨霊”といわれた
マグニチュード7.4の大震災だったようです。

最近の大地震と比較しても
・1995年(平成7年) 淡路阪神大震災 M7.3
・2004年(平成16年)新潟県中越地震 M6.8
・2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震 M9.0

耐震設計ではない木造平屋建てが多かったはずですから
被害も相当大きかったはずです。

また、過去の地震を調べてみると、  
平安時代と現代に奇妙な一致があることが判ります。

@平安時代
 ・出羽地震 850年 震源:秋田県 M7.0
 ・越中・越後地震 863年 震源:富山県 
          M不明も直江津付近の小島が壊滅という伝承
 ・貞観三陸地震 869年 震源:岩手〜福島沖 M8.3〜8.6

A現代
 ・日本海中部地震 1983年 震源:秋田県 M7.7
 ・新潟県中越地震 2004年 震源:新潟県直下型 M6.8
 ・東北地方太平洋沖地震 2011年 震源:岩手〜茨城沖 M9.0

秋田県を震源とする地震が起こると、
約20年後に新潟県で地震があり、
それから10年以内に三陸沖に地震が起きています。
他の地域でも、そういう法則というか傾向があるのかもしれませんね。

私は地震の研究家ではないので、法則というのはおかしいですが。
予期しにくい地殻変動で起こる偶発的に起こるのが地震ですから、
地震列島の日本では、
どこに住んでいても備えだけは忘れてはいけない、
ということはいえると思います。

沖縄本島には、現在台風1号が接近していて
Weathernewsによると夕方には本島に直撃しそうな感じです。
地震の備えが必要だ、というわりには
“台風の備え”は実はほとんど出来ていません。
台風1号が発生して、沖縄に向かって来そうだと判ってからも、
暴風で飛びそうなモノを片づけたくらいで、
「バナナとか倒されなければいいな」
と自宅の中で心配しているくらいです。
自宅庭にはカカオのタネ植えの黒ポットやプランターがあちこちに置いてあり、
またバナナは島バナナ、台湾バナナ、イスラエルバナナ、調理バナナ、
ボリビアバナナなど多くの品種が
自宅庭や隣接するバナナ畑に植えてあるのですが、
昨年8月31日の台風7号の時に
バナナを守るために一部ロープで補強したら
まったく役に立たなかったこともあり、
バナナも台風の前では無防備状態なのです。
早く通過してほしいものです。

コーヒー山は自然の要塞ですから、
影響はほとんどないと安心しているのですが、
台風の後に、10m前後の上空からイタジイや松などの
枯れ枝が落下してくるので、
背丈くらいしかないコーヒーたちは
その直撃を受けると困るのですが、
それも対処のしようがないですよね。

トビズムカデ110510.JPG
 沖縄県にはオオムカデ、トビズムカデ、タイワンオオムカデ
 セスジアカムカデという4種類のムカデが生息していて、
 肉食性ですから昆虫などを食べているのですが、
 凶暴なので「咬みつかれるとハチに刺されたような痛みがある」
 といわれていますが、咬まれたくないです。
 画像は我が家の外の新聞入れBOXに居候している
 トビズムカデの青年で体長約12cmでしょうか。
 新聞や郵便物を取る時は、いつも要注意なのです。

posted by COFFEE CHERRY at 14:26| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。