2011年06月05日

台風2号によるコーヒー山の被災状況

コーヒー山における台風台風2号は
5月28日(土曜)夜10時頃から
5月29日(日曜)未明にかけて
最も暴風雨が吹き荒れました。

沖縄では台風2号の2週間ほど前の
5月11日に台風1号が
本島西海岸を北東(奄美大島)方面に進んでいて、
その影響が特になかったことで
「強い台風」台風2号を楽観視していました。

台風2号の最大瞬間風速
 ・那覇市樋川 55.3m
 ・久米島空港 53.5m
 ・那覇空港  52.0m


林床地110530.JPG
 林床地の地面は、一面“緑色”でした。
 イタジイやスダジイ、イジュなどの
 コーヒー山の防風林となっている照葉樹が
 激しい暴風雨で枝葉が吹き飛ばされて
 地面に落ちているのです。
 コーヒーは森林内なので折れたり倒される被害は
 ありませんでしたが、
 葉が飛ばされているのが多かったです。


林床地の防風林110530.JPG
 林床地の防風林、樹高20m前後の照葉樹林は
 台風前は鬱蒼(うっそう)として
 木漏れ日が差すような涼しい“木陰”を演出していましたが
 台風で枝葉が吹き飛ばされたことで、
 空がよく見えるようになり、
 森というより林の中にいるような感じになってしまいました。
 コーヒーノキはもともと陰樹ですし、
 直射日光下でも対応出来うる木ですから
 コーヒー山では
 「特に被害はなかった」
 といえると思います。


沖縄での台風による農産物被害では
8年前の2003年9月6日の台風14号が
被害額としては最も大きかったのですが、
今回の2号はそれに次ぐ過去2番目となりました。
 ・2003年台風14号の農産物被害総額 65億9800万円
 ・2011年台風2号の農産物被害総額 64億8300万円

県内ではゴーヤーなどの夏野菜が収穫時期を迎えていて、
また葉タバコが本格的な収穫に入り始めた矢先の
台風2号ですから、被害が拡大してしまったのです。

地域別被害状況
 ・宮古地区 26億2831万円
 ・本島南部 17億3394万円
 ・本島北部 14億800万円
 ・本島中部  4億1782万円
 ・八重山地区 2億9499万円


被害はJA組合員農家の集計ですから
実害はもっと大きいのですが、
ひとつの目安としては参考になりますね。

台風2号の主な被害額(総額64億8309万円
 ・葉タバコなど 30億5492万円
  (昨年の生産高の約6割に相当)
 ・野菜(ゴーヤー、オクラなどの夏野菜) 11億6884万円
 ・サトウキビ 10億4146万円
 ・農業用施設(ハウスなど) 4億7610万円
 ・果樹(マンゴー、バナナなど) 4億2449万円
 ・水産業(海ブドウ、エビ養殖など) 1億9932万円


2003年の台風14号の翌日、
当時糸満市に住んでいた私が
恩納村の山城武徳先生の
コーヒー農園の被災状況を見に伺ったことを思い出します。
沖縄では、ある意味ランチのセットメニューのように
単品(コーヒー栽培)として考えるだけではなく、
ご飯や味噌汁のごとく台風対策も一緒に考えていかないといけないので
「あれだけの台風で山城先生のコーヒー農園がどうなったのか?」
「台風の通り道の沖縄でコーヒー栽培が本当に可能なのか?」

という被災状況を確認しておきたかったのです。

山城先生の農園では
7mごとに建てられたハイビスカスの防風林、というより
防風柵のような、高さ2.5mに揃えられた堅固なものでしたが、
台風の荒れ狂う暴風下で、これの葉がほとんど飛ばされて
ハイビスカスは幹と枝だけのようになっていたものの、
2列に配置させられたコーヒーノキはほとんどが無事で
当時の私は
「台風に配慮した山城方式を継承すべき」
という熱烈な信者で、
ハイビスカスを過信していたように思います。

竹の広場110530.JPG
 コーヒー山のやや南の中腹“竹の広場”にさしかかる手前の
 重機の道でも、画像は原色が出ていないので判りにくいのですが、
 今までよりずいぶん日差しが入りこむようになっています。
 まあ1か月もすれば元通りの木陰に戻るでしょう。


クロカキ110530.JPG
 林床地から重機の道に抜ける、
 コーヒー山のスーパー林道には
 いろいろな果樹を植えているのですが、
 その中の1つ「クロカキ」という
 完熟すると黒い柿になるという
 沖縄の気候風土や国頭マージに向くといわれている
 柿の木が台風でやや倒されていたので
 撮影後、修復しておきました。


重機の道110530.JPG
 いつもは薄暗い重機の道でも
 台風後は日差しが入るようになっていて
 中高木の倒壊などがあり道をふさいでいます。
 それでも幼い苗木の黒ポリポットは
 飛ばされていませんでした。


南太平洋で生まれた黒潮は、
 ・フィリピン
 ・台湾
 ・南西諸島
 ・日本列島
 ・アリューシャン列島
 ・北米大陸沿岸

へと流れ、
約3年かかって北太平洋を一周して
元の発生場所に戻るといわれています。

沖縄近海を流れる黒潮は、
沖縄本島の南北の長さ(約135km)に相当する幅で、
水深約700m、水中温度は冬場でも平均20℃、
夏場には最高28℃にもなって、
冬は北東の風が吹いて沖縄にも寒さや乾燥を運びますが、
梅雨時期以降は南東の風になり
黒潮の影響を強く受けて暑さと湿気を運んできます。

黒潮の水量は毎秒5,000万トンもあり
東京ドーム(124万㎥)に換算すると
実に40杯分の水量が1秒で流れている水量になり、
また、平成19年度の日本の年間水使用量は、
 ・都市用水(生活用水+工業用水) 285億㎥
 ・農業用水 546億㎥
合計831億㎥ですから、

この数字を参考にすると、   
 831億㎥÷5,000万㎥=1,662秒
つまり、27分42秒で日本が年間に使う水量が流れているという
とてつもない数量が流れていて、
この流れに乗って、クジラやウミガメ、マグロ、カツオ、
サンマなども移動しているのですが、
ついでに台風も黒潮海水温度の上昇に伴って北上し、
秋の海水温度の低下とともに
台風シーズンが終えんを迎えるのです。
そのため、沖縄での台風との闘いはまだまだ序盤戦なわけです。

山城先生が言われた
「自然(台風)には自然(防風策)で立ち向かう」
という素晴らしい言葉に、
私は強く感銘を受けているために
私は農薬、化学肥料はもちろん、
人工的な防風ネットやハウスも使わない主義ですから
コーヒー山は、まさに自然栽培をするための天然の要塞で、
多少被災を受けても森が自身で復活していく環境が好きで、
 (実際には照葉樹が倒れて空間が出来ると、その空間を得るために
   植物間の弱肉強食の争いが繰り広げられているのですが…)

過言を恐れずに言えば
「沖縄でのコーヒー栽培は台風対策が必須なので森林栽培が最も適合する」
と考えています。

東村の渡嘉敷さんや西原町の玉那覇さん、
南城市の知念さんなどは露地栽培ですから
今回の台風ではかなりのダメージがあったのではないかと
心配しています。

苗木置き場110530-1.JPG
 ハワイコナのモッカ種の黒ポットに
 頭上から落ちてきた松などの枝葉が散乱していました。
 数が多いので、こういう枝葉を取り除くだけでも
 ひと仕事です


苗木置き場110530-2.JPG
 これも重機の道のハワイコナのモッカ種の苗木たちです。

苗木置き場110530-3.JPG
 林床地のアマレロ種の苗木たちにも
 頭上からイタジイやスダジイなどの枝葉が
 降り注いでいました。


苗木置き場110530-4.JPG
 これも林床地のアマレロ種の苗木たちですが、
 ここでは沖縄の梅雨を象徴するイジュの枝葉が
 降り注いでいました。
 イジュの幹には毒があるのですが、このアルカロイドは
 植物同士に作用させるものではないので、
 コーヒー苗木たちもそういう意味では安心なのです。


苗木置き場110530-5.JPG
 これも林床地のアマレロ種の苗木たちです。
 森林内では一帯ではありませんが、
 こういった大きな枝も落ちてきます。
 今回はありませんでしたが、
 これがコーヒーに直撃すると大変なのです。


苗木置き場110530-6.JPG
 重機の道のハワイコナ、モッカ種の苗木置き場です。
 ここでは移植間近い苗木の葉が茶色く塩害を受けています。


ヤマモモ110530.JPG
 林床地の奥の方(北側)では、
 地面にヤマモモの実がたくさん落ちていました。
 ジャムでも充分作れるくらいの量です。
 これを目当てにいろいろな野鳥の声も聞こえています。


塩害110530.JPG
 6月1〜3日にかけての雨で
 台風が撒き散らした“潮”は流されたものの
 台風2号通過後の台風一過で
 2日間晴れてしまい、
 そのために塩害が広がってしまいました。
 “立ち枯れ”という症状です。
 画像では元気一杯のムンド・ノーボの苗木ですが
 葉の周りの茶色は塩害で焼けてしまっています。
 この程度では問題はありませんが。


沖縄でのコーヒー栽培は
台風とセットで、その対処法も考えないといけませんから、
「本島に、どういう進路で来た台風は、
  どこからどういう風が吹いて、どういう被災をしたのか?」

というデータを残す必要があります。

毎回、台風が来るたびに、
同じような対策を取ってみたり、
「今回は何でも無かった」
とか
「今回は被害が大きかった」
と、一喜一憂しているだけでは
靴を飛ばして天気予報するようなレベルですから
それではとても高品質化には向かえませんからね。

posted by COFFEE CHERRY at 13:04| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。