2011年10月28日

主幹切り戻しのカットバック処理

海外のコーヒー生産地では、
「量産と品質管理」
といった、
「農業の工業化」
的な考え方で主導されています。

カットバックしたコーヒー111028-1.JPG

私はその逆で、
除草剤や農薬、化学肥料は一切使わない森林栽培で
「生産効率が落ちてもいいから、いかに木を元気に生育させられるか」
ということを考えています。
「木を元気に生育させてこそ、良い実を付ける」
と考えているからです。

そのために収量が落ちたり、生産効率が悪いなら、
「それを補うように数多く植えればいい」
という考え方なのです。

カットバックしたコーヒー111028-2.JPG

“恵み”をもたらす、命ある植物に敬意をはらっていることで、
雑木や下草を刈ることにも抵抗があるくらいですから
コーヒーの木を切るなんてことは、
私にとってはなかなか勇気が要ることなのです。

カットバックしたコーヒー111028-3.JPG

海外のコーヒー生産地では
「カットバック」
という手法がとられています。
これは
収量がピークを過ぎて古くなった樹の主幹を
 下部から思い切って切り、新しい枝(幹)を吹かせる再生方法」

で、
コーヒーだけでなく、ウンシュウミカンや栗など、
日本の果樹農家でも行われている手法です。

カットバックしたコーヒー111028-4.JPG

果樹の生育にともなって樹高も高くなると、
生産者の高齢化により、
 ・摘蕾(てきらい)
 ・収穫
 ・せん定

等の作業性や安全性が問われるようになり、
主幹をカットバックして低樹高化することで、
品質管理にも有効だという考え方ですが、
コーヒーの樹高を、収穫しやすいように
高さ約2mで主幹をピンチすることも、
日本の果樹農家は“カットバック”処理の中に
入れています。

カットバックしたコーヒー111028-5.JPG

海外では、カットバックする前に、
主幹を斜めに引っ張って、
主幹の横から新しい枝(幹)を吹かせる方法も
行っている地域があります。

カットバックしたコーヒー111028-6.JPG

コーヒー山では、3年前に苗木を植え付け始めた時に
鉢の中で、根がグルグル回ったような、
栽培地がなかなか見つからなかったことで
鉢を長く持ちすぎて、
根が苦しがっている苗木たちから最優先に植えていき、
広大な栽培地の開拓を優先したことで
また移植した苗木の、その後の大事な水やりも出来ずに放置したことで、
さらに、移植する鉢の中の土が、
本島南部のジャーカルというアルカリ土壌だった、とか
もろもろの悪条件を与えてしまい、
当初植えたコーヒー苗木たちには、
かなりのストレスをかけてしまったのです。
そのために、収穫前の苗木でも一部が枯れたことで
コーヒー自身が自然な形でカットバックを行って蘇生してきました。
枯れた部分が新芽の妨げにならないように
ノコギリでカットしたのですが、
このくらいのことでも、私にとってはなかなか勇気が要ることなのです。

カットバックしたコーヒー111028-7.JPG

苗木たちは
「まず根付くこと」
を最優先にしたことで
元気がなかった苗木は一部が枝葉を落としてしまい、
外見からすると枯れたように見えるのですが、
幹の周りをこすってみて、固く緑っぽいのは
根付いてきている証拠なので、
これは放置していても、そのうち新芽が出てくるのです。
コーヒーは弱いようですがけっこう丈夫な木です。

カットバックしたコーヒー111028-8.JPG

カットバックしたコーヒー111028-9.JPG

カットバックしたコーヒー111028-10.JPG

カットバックしたコーヒー111028-12.JPG


カットバックした苗木111028-11.JPG
 幹の中央あたりから新芽が出てきたのが見えますか?

自宅庭で再生111028.JPG
 コーヒー山に移植したものの、
 うまく根付かずに苦しんでいる苗木は、
 そのまま放置すると枯れてしまうので、
 地面から取り出して鉢に入れ直し、
 我が家の庭を再生工場にしています。
 移植した時から根が伸びずに
 すっぽりと抜けてしまう苗木もあります。
 工場といっても特別なことはしませんが。
 毎日見てあげられるし、水やりも出来るので
 ほとんどが復活してきます。
 それでもコーヒー山に戻すかどうかは思案中です。
 元気な苗木を移植した方が当然成長が早いので
 コーヒー山で順番を待っている苗木たちを優先しているからです。
 自宅に隣接するバナナ園などに植えてあげようかな。

posted by COFFEE CHERRY at 17:30| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの品質を高めるための考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。