2012年08月29日

大バナナ園のはじまりはここから

沖縄気象台が「最大級の警戒」を呼び掛けた台風台風15号は、
大東島、沖縄本島を約32時間も暴風圏内に巻き込み、
山原(やんばる)を横断して東シナ海を北上し、
昨日の午後になってようやく返しの風も治まりました。

沖縄気象台は一昨日27日(月曜)午後9時前に
国頭地区と名護地区に
「過去に例のない大雨が降っている」
と、
川の氾濫や土砂災害、浸水に警戒を呼び掛ける気象情報を発表し、
たしかに国頭村比地で535mm、遠く徳之島伊仙町でも537mmの大雨が降り、
名護市付近と大宜味村付近では
午後7時からの1時間当たり約80mm、
国頭村付近でも約60mmの猛烈な雨を観測して、
大宜味村では少なくとも24件の床下浸水が発生、
道路冠水や道路陥没や1万世帯以上の停電などの被害がありました。
気象庁の事前の警報があり、
台風慣れの県内では珍しく今帰仁村などでは一時避難者も出ていました。

台風15号が実際に戦後最大級だったかどうかはともかく、
例年台風とセットのやんばるの停電も短時間で済み
(現在でも県内北部は数千戸が停電中らしいです)
想定したほどの被災がなくて済みました。

やんばるの林道の一部には倒木や道路陥没などもあるようで、
コーヒー山にはまだ行けないのですが、
私が6月から管理している大バナナ園は昨日見てきました。

コーヒーはなかなか結果が出ないのに対し、
バナナは翌年には結果が出ますから
「バナナが栽培が出来なければコーヒー栽培なんてムリ」
という思いで、
バナナ栽培にも奮闘しているのです。

バナナ栽培の問題点は、
ヒトの盗難を除くと、以下の2点が挙げられます。

1つは「バナナツヤオサゾウムシ」です。

バナナが成長し、開花して房を出してきて
収穫が楽しみになる頃に、
なぜか成長が止まったり、収穫前に倒壊してしまうのは
バナナツヤオサゾウムシの侵食が疑われます。

こういう病害虫は、まず「敵を知る」ことから始めないといけません。
それはコーヒーでも同様です。
彼らの生態を注意深く観察し、彼らの弱点を探るのです。

バナナツヤオサゾウムシは
沖縄が本土復帰(1972年)する3年前の今から43年前、
沖縄がまだ米軍統治下に置かれている1969年(昭和44年)に、
沖縄本島中部のバナナ園で発見されたのが最初なのです。

彼らがどうやって沖縄に密入国したのかは不明ですが、
 ・ 台湾などからバナナと共に侵入した
 ・ 東南アジアからのバナナ子株(根塊)持込みで、
   中に潜り込んでいるために消毒から逃れて侵入した

 ・ 米軍経由
などのルートが考えられ、
最も可能性の高いのは米軍ルートです。

ベトナムの南北統一を巡る対立に、
ソビエト連邦と中国の共産主義勢力と
アメリカの資本主義との代理戦争となったのがベトナム戦争ですが、
1960〜1975年の15年間の中で、
当時米軍統治下にある沖縄は、
ベトナムまで空路で3時間という至近距離のため、
 ・ 沖縄の嘉手納基地からB-52爆撃機が出撃
 ・ 米軍の毒ガスを沖縄で製造、
   沖縄市の知花弾薬庫から毒ガス漏れ事故(1969年)
 ・ 牧港補給基地からベトナム向け物資を山積みし、
   米軍輸送船で前線へ送り出した
 ・ 米軍基地雇用者も車両整備などの技術者が
   ベトナムに派遣させられた

など、
沖縄は戦争の補給基地となって翻弄されていました。

バナナツヤオサゾウムシが沖縄で最初に発見されたのは、
1969年(昭和44年)という、ベトナム戦争の最中で、
 ・ ソンミ村虐殺事件が1968年
 ・ ホー・チ・ミンが亡くなり、米軍劣勢になったのが1969年
 ・ 米軍兵士による基地雇用者のひき逃げを起因に、
   抗議した群衆にMPが発砲したことで、県民の不満が爆発し、
   コザで反米運動が起こったのが1970年

という、この頃のことですし、
バナナの葉に巻きついて樹液を吸うバナナセセリという蛾も、
 「ベトナム戦争中の1971年に米軍の物資に紛れ込んで沖縄に移入した」
といわれているのですから、
バナナツヤオサゾウムシだって
米軍経由という可能性は相当高い、
というグレーよりクロに断定してもいいくらいですね。
このバナナツヤオサゾウムシがバナナ栽培の1つの問題点で、
もう1つは「台風」です。

バナナは樹木と思われている方もいると思いますが
バナナは草本なので、強風には弱いのです。
この点はコーヒーと同様ですが、
バナナは風速20〜30mで倒壊しますから、
樹木のコーヒーの方がもう少しは強いのですが、
沖縄における台風襲来時期は5〜10月初旬で、
コーヒーが開花結実後、緑の実が大きくなる時期になり、
強風で枝葉がこすれ合って実や葉が落下してしまいますから
コーヒーもバナナ同様に、
堅固な防風林が不可欠なのです。

コーヒーより風に弱いバナナの防風対策が効果的に出来るなら
コーヒーの防風対策だって出来るはずで、
「バナナを制する者はコーヒーも制する」
と私は考えているわけです。

大バナナ園の問題点は2つあり、
「放任による密植え」

「防風対策がまったく無くて無防備」
なことですから、
約1000坪の大バナナ園の検地をして
防風林を作ろうとしていた矢先に
8月6日に台風台風11号が、
そして一昨日は台風台風15号が来てしまったのですもうやだ〜(悲しい顔)

台風11号では全体の約3割がすでに倒壊してしまっていましたが、
一昨日の台風では、全体の約97%が倒壊してしまいました。
以下は大バナナ園の被災状況です。

大バナナ園20120731.JPG
 7月31日の大バナナ園です。
 こんな感じで約1000坪に、放任されて密植えになっているバナナ園です。
 防風林は無く吹きさらしの状態です。


大バナナ園20120828-1.JPG
 大バナナ園を、上の道路から見下ろした光景です。
 ドミノ倒しのようにバナナが倒壊していて、
 最初にこれを見ただけで力が抜けてしまいました。


大バナナ園20120828-2.JPG
 まるでオスプレイの墜落現場のような光景です。
 電柱のように太いバナナの仮茎がゴロゴロと横たわっています。


大バナナ園20120828-3.JPG
 バナナは房を成熟させると朽ちるのですが、
 1年半もかかってようやく房を出して
 もう少しで集大成を迎えるバナナが倒壊しているのを見ると、
 バナナの無念さを感じます。


大バナナ園20120828-4.JPG
 すべて倒壊したのかと思っていたら、
 よく見ると、運良く倒壊を免れたバナナもあるのです。


大バナナ園20120828-5.JPG
 バナナの手前の苗木はローゼルです。
 何とか台風の被災を免れました。
 ローゼルは冬には収穫出来そうですね。


ハイビスカス挿し木20120828-1.JPG
 ハイビスカスの挿し木からは、新芽が出ています。
 来年は私の背丈くらいには成長しているはずですから
 来年は少しは防風林の役割が果たせそうです。
 大バナナ園の中を7m×10m間隔でハイビスカスで区切り
 その中にバナナを定植しなおそうと思っています。


タラを連想させる空20120109.JPG
 今年の1月9日の午後2時ごろに
 我が家から撮影した空の画像です。
 映画「風と共に去りぬ」のラストシーンを想い出して見上げていました。


名作「風と共に去りぬ」は、
1861〜1865年の南北戦争(American Civil War)が背景で、
南側から見た南北戦争が描かれていました。

主人公スカーレット・オハラはアイルランド移民の娘で、
土地に執着し、自分の相続地に
古代アイルランドの聖地と同じ「タラ」と名付けていました。

ラストシーンでは、
戦争で荒廃した故郷タラの木の下で、
燃えるような夕陽の中で、スカーレットが
「今は考えるのはやめよう。明日、考えることにしよう」
と言うシーンは印象深かったのですが、
私は大バナナ園の始まりはここからだと思っています。

posted by COFFEE CHERRY at 01:19| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 台風の被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。