2008年07月02日

コーヒーは避けてほしい農業害虫・ハスモンヨトウ

「夜盗(よとう)」
といって、
火付け盗賊改めの長谷川平蔵を
イメージする方もいると思いますが
「夜の盗賊」は悪い人間だけでなく、
蛾にもいるのです。

ハスモンヨトウは、
「ヤガ(夜蛾)科」という夜行性の蛾の種属で、
ヨトウガ(夜盗蛾)の親戚にあたり、
沖縄だけでなく、本土の関東南部まで分布していて、
夜間に活動して葉を食害する害虫なのです。

ハスモンヨトウ2.JPG
 コーヒーの葉に止まっていました!

台湾では「斜紋夜盗」といわれて重要害虫とされ
まぁ、どこの国でも嫌われ者なのですが、
ハスモンヨトウはもともと南方系の害虫で、
台風に便乗して遠方から飛来してくるようです。

こういうのも流行のエコロジーというのでしょうか?

国内でも彼らは時々大発生しては、
 ・ サツマイモ、サトイモなど芋類
 ・ 白菜、レタス、ほうれん草、大根、
   ネギ、ナスなどの葉物野菜
 ・ 大豆
 ・ イチゴ

を始め、
国内でも多くの農産物や花き類等で実害が出ているのです。

ハスモンヨトウ.JPG

葉が食害されるのですが、
ひどい場合は葉脈だけ残して食べ尽くされるので、
外観が悪くなるだけでなく、
成育自体に悪影響を及ぼします。

自宅のアラマンダ.jpg
     自宅のアラマンダ

「窒素過多の転換畑で特に発生が多い」
といわれていますから、
畜産堆肥を入れすぎている有機栽培地には
特に発生しやすいと思われます。

それでも、天敵は「クモ」なので、
クモの多いコーヒー山では大発生することはなさそうです。

近所のハイビスカス.jpg
  近所の珍しいハイビスカス

posted by COFFEE CHERRY at 17:00| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。