2008年08月15日

移植したコーヒー苗木の生育チェックポイントA「葉−1」

今日は63回目の終戦記念日ですが、
私の叔父も輸送船でフィリピンに向かう途中に
レイテ島沖で米潜水艦に撃沈されて戦死していて
私の祖母も長く深く悲しんでいたことが想い出されます。

沖縄では旧盆イベント(旧暦7月15日)の
「ウークイ」
という
「先祖のお見送りの行事」
で、
夜になると仏壇に焼香した後、紙銭を焼いて
焼香の燃え残りやお供え物の一部を器に入れて外へ出し、
そこで祖先を見送る(=ウークイをする)
という沖縄ではとても大事な行事の日なのです。

隣家から頂いたウークイの料理.JPG
 お昼前に隣家から頂いたウークイ料理です。
 沖縄では今日はこのような料理を食べています。


コーヒー山に移植した苗木たちの、
その後の成育経過状況を毎回診断しているのですが、
今回は「葉」についての
私なりのチェックポイントをご紹介しましょう。

最初に「樹勢」、つまり外観を見るのですが、
その中でも最初に目に入るのは“葉”で、
葉の色だけでなく、その大きさや質量をチェックします。

しおれたコーヒーの葉1.JPG
 コーヒーの葉は水分が不足すると、
 だらりと葉がしおれますが
 水をあげるとすぐに葉はピンと張って回復します。


しおれたコーヒーの葉2.JPG
 葉がしおれていても、葉の艶が良いので
 この場合は「単純な水不足」ということが判ります。


例えば、
「葉の色が褐色になった」
としても
「根腐れや根詰まりか、そうでない場合には、
 一時的な水不足や直射日光による“葉焼け”でしょう」

と、
ヤブ医者に行くたびに
「風邪だね」
と、簡単に診断されてしまうのと同様に
一事が万事そう決めつけないで、
「なぜ、そうなったのかexclamation&question
「何かの前兆のサインなのかexclamation&question
その原因をよく考えてあげることが大切だと思って
コーヒーの木と会話するように接しています。

コーヒーの新芽の色.JPG
この場合の葉の茶色は異常ではなく、元気な新芽の色です。

葉の色は、光合成の原因物質である
クロロフィル(葉緑素)の量を反映していますから、
樹勢の良し悪しを判断する上において
葉の色はとても大事ですし、
コーヒーでも健康に成育していれば、
葉の緑色は濃く見えることが多いのですが、
これも季節によっても違うし、
移植の前後でも違うし、
成木と若い苗木でも葉の色は微妙に異なりますから、
カイガラムシが取り付いて木が弱って葉の色が退色したとか、
土壌の無機物の過不足による
部分的な葉色の変化なども見分けるには
日常的にコーヒーの木をよく観察して見慣れておいて、
葉の色の微妙な変化のサインを
見逃さないようにしておく必要があるのです。

コーヒーの葉焼け.JPG
 複数の苗木の鉢を移動した時に
 重なっていた葉で日に当たらなかった方の下側の葉は
 それまで暗かったのに急に日照を浴びたことで
 葉焼けしてしまうことがあり、
 この画像はそのパターンによる葉焼けです。


また、葉の大きさでもその木の水分条件をよく反映します。
乾燥が続いたり根の成育が不充分だったりして、
根から充分な水分吸収できなくなると
葉が小さくなることが多いのです。

さらに同じ樹木でも樹冠上部と下部でも葉の大きさは違うし
また日当たりの良し悪しでも葉の大きさは違います。

テスト圃場の成木0815.JPG
 画像では判りにくいのですが、
 下部の葉は大きめで、
 樹冠上部の方はやや小さくなっています


このように、葉を見るだけでも
今日は元気で心配要らないのか、
何か異変のサインが出ているのかどうか
いろいろな可能性を考えて健康診断をするのですが
長くなりましたので、今日は一般論にしておいて
具体的なチェックポイントは次回に書くことにしましょう。


近所のマニラヤシヤシ080815.JPG
 マニラヤシはスマートで大好きなのですが、
 根が横に張って水分が必要で
 さらに台風には弱いという欠点があることで
 3年を経過したヤシ苗木は自宅に捨てるほどあるのに
 コーヒー山ではコーヒーやバナナの邪魔をしない場所、
 といっても具体的にどこに植えるか思案中なのです。もうやだ〜(悲しい顔)


マンゴーに続いて今度は海ぶどうでも産地偽装が発覚し、
沖縄県産品の信用がまたまた墜落しましたが、
「良いものを作り、美味しく食べて頂きたい」
という単純なことが出来ずに
箱やシール、証明書をごまかしてでも
金儲けを優先する人たちは
儲けるという字が
「信じる者」
を併せて出来ていることを
今一度深く考えてほしいところですが、
県内には島バナナやコーヒー、紅茶でも
偽装している人がいるのです…もうやだ〜(悲しい顔)

posted by COFFEE CHERRY at 13:30| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらずエネルギッシュにやられていますね。 沖縄は亜熱帯なのをブログの動植物から感じ取っています。
 偽物が出回るのは遺憾ですが、買う方が真贋を見極める力を付ければよいのです。目隠ししても旨い岡ちゃんコーヒーを期待しています。岡ちゃんはちょっと手垢が付いていますね。何か良い名前を考えましょう。
 オリンピック見ていますか?
Posted by arz2bee at 2008年08月18日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。