2008年08月22日

コーヒー山の玉虫

奈良県の法隆寺に残る飛鳥時代の国宝
「玉虫厨子(ずし)」
は、仏像などを安置する仏具らしいのですが、
私がだいぶ昔に見たときの記憶では
千年の時を経たために、
鮮やかな輝きがなかったように想えます。

大回廊の重機の道0820.JPG
 コーヒー山の中腹を巡る大回廊の重機の道ですが、
 8月20日は晴れ時々にわか雨で
 雲が厚くなるとひんやりと薄暗くなります。


また、
室町時代の童話
「御伽草子(おとぎぞうし)」
でも
「玉虫の草子」
というくだりでは、
玉虫をめぐって虫たちが恋の歌を詠むという
風流で粋(いき)な恋物語が描かれていたり、
日本でも昔から鮮やかな色彩の玉虫は
人々の関心が高かったようです。

コーヒー山の下流の川1.JPG
 コーヒー山から標高差で約300m下流には
 川が流れていて、ここにもいろいろな生物が
 いそうですね。


コーヒー山の下流の川2.JPG
 この川からポンプとホースで取水するのは
 資金的な面や許可も必要でしょうしムリなので
 コーヒー山での栽培用の水は
 簡易天水貯水システムをたくさん作れば
 当面は大丈夫でしょう。


玉虫の「玉」は「ぎょく」と読むと
中国では、美しい石の総称で、
特に翡翠(ヒスイ)を意味していて、
また古代の首飾りのCの字型の勾玉(まがたま)でも
「玉」という字が使われていますから、
玉虫というのは
「宝石のような虫」
という意味なのかもしれませんね。

アオムネスジタマムシ4.JPG
 コーヒーの葉の上に乗ったアオムネスジタマムシです。
 奄美以南からフィリピンにかけて棲息していて、
 主に海浜植物のモモタマナを食べるそうですが、
 コーヒー山は海岸から直線距離でも3〜4km離れているのに
 どうやって山に上がってきたのでしょうかexclamation&question


玉虫の幼虫は、
立ち枯れた木や枯れ木の中で腐った木材を食べるという
エコロジー生活で約3年を過ごし、
成虫になって樹木の葉を食べて約1ヶ月で死んでしまうという、
セミやカブトムシのように幼虫期間が長い昆虫のようです。

アオムネスジタマムシ3.JPG
 簡易天水貯水システムというと名前は立派ですが、
 要するに青いシートを張って
 バケツに雨水を貯めるだけのことなのですが、
 この青いシートの近くのコーヒー苗木で
 アオムネスジタマムシを発見したのです。


アオムネスジタマムシ1.JPG
 上のアップ画像です。
 アオムネスジタマムシの体長は約3pほどで、
 オスかメスかは不明です。


また、玉虫は昼行性で、夏の暑い時期の昼間に、
陽の当たる高い場所で活動するようですから、
コーヒー山は彼らが棲むのに最適な環境が
整っていることになりますね。

アオムネスジタマムシ2.JPG
 アオムネスジタマムシが飛び立ったときに
 偶然シャッターが下りたようです。
 玉虫はカブトムシの親戚らしいです。


玉虫は派手な色をしているために
人間は発見されやすいのですが、
CD(Compact Disc)のように
透明な層が何層にも表面が覆われている
鮮やかな色彩の玉虫の羽は、
玉虫の天敵の鳥類からすると「苦手」のようで、
そういう玉虫の保身の目的と、
遠くの仲間を見つけて交尾するために
派手派手な色をしているらしいです。

アオウバタマムシ.JPG
 これも奄美以南に棲息する上記のとは種類が違う
 アオウバタマムシですが、
 逆光のために私の撮影技術では綺麗さが写りませんでした。
 発見したのはシダ系植物の葉の裏側で
 残念ながらコーヒーの苗木ではありませんでした。


玉虫がコーヒーにとって
「害虫・益虫・タダの虫のどれかexclamation&question
という分類では、
玉虫の幼虫は朽ちた木を食すのでタダの虫ですが、
成虫は葉を食べるといっても
コーヒーの葉を食べるのかどうかが未確定なことと、
成虫の寿命が1ヶ月程度と短かったり
大量発生もしないと思われますので
成虫でもコーヒーにとっては実害はなさそうで、
「玉虫はタダの虫」
といってもよさそうです。

突然の恵みの雨.JPG
 8月20日(水曜)当日は数回の恵みの雨がありました。
 たとえアメダスの記録に残らないような微量の雨でも
 コーヒー山では恵みの雨で、コーヒーの苗木たちは
 嬉しさいっぱいの様子です。


posted by COFFEE CHERRY at 12:35| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。