2008年11月30日

コーヒー山のコムラサキ

やんばるのコーヒー山でも
11月末になるとさすがに涼しくなり、
長い夏季に生い茂っていた樹木にも
ハンノキやエゴノキなどの落葉樹が葉を落としていて、
森林内の見通しがよくなりました。

北山山麓の頭上1129.JPG
 コーヒー山の北山山麓の頭上を見上げたところです。
 常緑樹は夏季と変わらず枝葉を伸ばしていますが、
 落葉樹が葉を落として空が広く見えます。


鳥の巣1129.JPG
 地表にはたくさんの落葉があって
 歩くとサクサク音がして
 ドライフラワーの上を歩いているような気分です。
 落葉樹の下には直径約8cmのメジロの巣らしい
 鳥の巣が落ちていました。


「コムラサキ」というと蝶と植物があるのですが、
コーヒー山では、クマツヅラ科のコムラサキが
紫色の実をたくさん付けていました。

コムラサキはムラサキシキブ属の落葉低木で
沖縄だけではなく、本州の岩手県まで
自生しているようですし、
観賞用としても有名ですから
珍しくはないのですが、
コーヒー山の雑木林の中で
ひときわ目立っていたので
思わず足を止めてしまいました。

コムラサキ1129−1.JPG
 「いづれの御時にか、女御、
 更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、
 いとやむごとなき際にはあらぬが、
 すぐれて時めきたまふありけり」
 (現代語訳:どの帝の御代であったか、
  女御や更衣が大勢お仕えなさっていたなかに、
  たいして高貴な身分ではない方で、
  きわだって御寵愛をあつめていらっしゃる方があった)
 で始まる世界最古の長編小説・源氏物語の
 作者・紫式部を優雅な紫の実に例えた、
 というのはオオムラサキシキブの方で
 コムラサキは小倉百人一首に出てくる
 和泉式部の娘・小式部(こしきぶ)に
 由来しているそうです。


コムラサキ1129−2.JPG
 コムラサキは葉の先端部分がギザギザで
 実が葉柄と少し離れて
 びっしりかたまって付くのが特長ですから、
 この木はコムラサキだと思いました。


コーヒー山の雑木林1129.JPG
 コーヒー山の大回廊・重機の道の
 下側斜面の雑木林はこんな感じです。
 うっそうとしていますが、夏季に比べると
 明るくなったような気がします。


芙蓉1129.JPG
 国頭(くにがみ)村の
 「ゆいゆい国頭」という道の駅では
 白い「芙蓉(ふよう)」が咲いていました。
 「芙蓉(ふよう)」はアオイ科Hibiscus属で、
 ハイビスカスの仲間なのです。
 沖縄では11月〜4月頃に開花します。


GAS価格1128.JPG
 レギュラーガソリンはついに118円になりました。
posted by COFFEE CHERRY at 19:49| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。