2008年12月01日

コーヒー豆の天日干し

コーヒー山への移転作業のかたわら、
時々テスト圃場にも行くのですが
3週間ほど前に、テスト圃場で
バナナ子株の掘り出し作業を行っているときに
2m級のハブが近くを通り過ぎるのを目撃してからは
恐怖心でしばらくご無沙汰になり、
好天に恵まれた今日は久々に圃場に行って
コーヒー豆の収穫や草刈り作業を行いました。

テスト圃場1201−1.JPG
コーヒーの成木では
10月下旬頃から収穫期を迎えています。


テスト圃場1201−2.JPG
 もちろん赤い実だけを手摘みで取ります。

収穫時間は約1時間で、
自宅に戻ってから赤い実をつぶして豆を取り出し、
水を入れたバケツに豆を入れて
浮いた豆を取り除く、
といういつもの工程を行い
沈んだ豆を天日干しにしました。

コーヒーの実の外皮1201.JPG
 これはコーヒーの実の外皮で
 豆を取り出したものです。


天日干しの豆1201.JPG
 水を入れたバケツに沈んだ豆の天日干しです。
 1人で約1時間の収穫では、
 この程度くらいが精一杯です。
 この段階ではパーチメントや
 しつこい銀皮は付いています。


自宅庭のヤシ1201.JPG
 自宅に大量にあったコーヒー苗木の鉢は
 先月の2トン幌付きトラック4往復で
 コーヒー山に搬送したことでようやくなくなり、
 庭がすっきりとしてきました。
 庭には黒ポット栽培の高さ80cm以下の苗木たちと
 ヤシ類の苗木たちがまだ残っていて
 さらにテスト圃場の苗木たちも
 手付かず状態で待機していますから
 コーヒー山への搬送作業はまだまだ続くのです。
 露地植えしてしまったヤシは
 めきめきと成長していますが
 掘り返してコーヒー山に移植できるでしょうかexclamation&question
posted by COFFEE CHERRY at 15:59| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。