2009年10月30日

コーヒー山のクロイワツクツク

今週末には11月に入り、
本土では晩秋の時期になると思いますが、
コーヒー山では、まだセミの合唱が聞こえます。

クロイワツクツク091013.JPG
 ツクツクボウシの仲間なので
 名前に「ツクツク」と付いています。
 頭の「クロイワ」は、沖縄の生物研究に貢献された
 黒岩恒(ひさし)氏の名前で、
 クロイワゼミなども同様です。
 黒地に緑色の紋様がある体長約3.5cmの
 南西諸島のセミです。
 アダンの葉で休んでいるところを撮影しました。


抜け殻091027.JPG
 クロイワツクツクの抜け殻です。

沖縄では、さすがに冬にはセミはいないのですが、
初春から晩秋までは、いろいろな種類のセミが
季節を知らせるように登場するのです。

オオジョロウグモ091027.JPG
 夕方、林床地のオオジョロウグモの巣に
 クロイワツクツクがかかってしまいました。
 もう少し早く見つけていれば救出出来たのですが…


例えば、
イワサキクサゼミがサトウキビ畑に現れると春の始まりで
シーミーというお墓参りの頃にはクロイワニイニイが、
5月中旬になるとオキナワヒメハルゼミが登場し、
初夏になるとクロイワゼミ、
梅雨明けにはリュウキュウアブラゼミが出てきて、
盛夏にはクマゼミの声が暑さを助長して、
秋の今ごろは、オオシマゼミとクロイワツクツクが
今年のセミシーズンの終わりを知らせてくれているのです。


林床地のコーヒー091027.JPG
 林床地に、適度に木漏れ日が入り、
 コーヒーは気持ち良さそうに生育しています。



流木091013.JPG
 与那海岸に漂着した流木です。
 有史以来、森から送り出された流木が海岸にたどり着き、
 その豊かな恵みを享受してきた時代が長く続きましたが、
 産業革命以降生活様式が一変したことで、
 自然の恩恵や脅威を生活の中で実感する機会が少なくなり、
 自然に対する畏敬の念も失われつつあります。
 流木は長い時間海をただよい、
 ミネラル分も充分に吸収しているはずで、
 コーヒー山のあちこちのコーヒーの根元近くに置いて
 雨降りの時に、
 「少しずつミネラル分が溶解してくれればいいな」
 と考えています。



posted by COFFEE CHERRY at 12:51| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。