2010年09月10日

葉に擬態するクサキリモドキ

新居に移転後は、台風7号当日も含めて
片道25分のコーヒー山に毎日行っていますが、
今日は2年ぶりに“クサキリモドキ”に出会うことが出来ました。

南西諸島に生息するキリギリスの仲間ですから
葉を食べたりするのなら困りものですが、
もしかしたら美しい鳴き声でも出すのかもしれませんね。
コーヒー山でもほとんど出会わないということは
もしかしたら希少種なのかもしれません。

クサキリモドキ0910−1.JPG
 コーヒーの葉の上で見つけたクサキリモドキです。
 手前が頭で、触角と前脚を頭の先まで伸ばして揃えています。
 コーヒー山では沖縄県の天然記念物で準絶滅危惧種の
 コノハチョウを撮影しようといつも探していて、
 コーヒー以外の枝葉でもよく観察するようになっていますから、
 2年前に出会ったクサキリモドキは、
 擬態しているつもりでも薄いカマボコのように盛り上がっているので
 今日は簡単に見つけることが出来ました。


クサキリモドキ0910−2.JPG
 目が合うとジッと動かないのですが、
 しばらくすると危険を察するのか
 足早に他の葉の陰に移ります。


2年前10月に出会ったように秋の虫のようです、
まだまだ秋の気配は感じられませんが。

オキナワキノボリトカゲ0910.JPG
 こちらも擬態の名手・オキナワキノボリトカゲです。
 コーヒー山では毎日出会うことが出来ます。
 らせん状に木を素早く登りますが、
 ミニ恐竜のようで私は好きです。


バナナロード0910.JPG
バナナロードの画像で、左側が東で
このバナナロードから上がコーヒー山なのです。
今日は良い天気ですが、バナナロードでも
木漏れ日が入るようになっています。


バナナロード0910−2.JPG
 同じくバナナロードですが、
 今度は向きが違って、右手が東側になり、
 ということは右側がコーヒー山ですが、
 このあたりの右側に入ったエリアが
 現在主に作業をしている“林床地”になります。
 バナナロードの上(画像では右)がコーヒー山といっても
 道路の終点まではまだ行ったことがありません。
 

posted by COFFEE CHERRY at 18:58| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー山の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。