2006年05月13日

コーヒーの「シェード・ツリー」の意味

中南米や熱帯アジア地域では、
高木の間の日陰でコーヒーを栽培する農園があります。

これは文献にも書かれています。

熱帯の強い直射日光から
コーヒーの木を守るために行われている
“日陰”栽培の手法です。

コーヒー生産国への視察で実際にこの手法を見たり、
文献で見た方が、杓子定規的に
「コーヒーの木=シェード・ツリー」
と捉えてしまい、
沖縄や本土でコーヒー栽培をするときにも、
“日陰”栽培の手法で栽培している人が見受けられるのですが、
ここで岐路になるのは、
「沖縄や本土でもコーヒーは“シェード・ツリー”なのかexclamation&question
という問題です。

前にも書いたと思いますが、
コーヒーの文献は、
中南米の生産地のことを基に書かれているのであって、
沖縄や小笠原の立場で書かれたものではありません。

そのため、文献はあくまで参考資料であって、
その栽培地域の気候風土や土壌に
大きく影響してくるはずだと思うのです。

“日照”を考えたときに、
沖縄を基準とすると、
本土や赤道付近の熱帯地域との日照には違いがないのでしょうかexclamation&question

植物の生態だけではなく、
情熱や理念・信念にも関係しそうですが、
私はコーヒーやバナナの“北限”である沖縄では、
コーヒーは日陰栽培せずに、
“てぃーだ・かんかん(太陽・じりじり)”のもとで、
サンサンと降り注ぐ直射日光のもとで
栽培すべきだという信念を持っています。

沖縄の直射日光と、ミネラル成分の多い土壌と、
ミネラル成分の多い潮風が、
沖縄のコーヒー栽培に最適であり、
高品質のコーヒーを栽培するための必要条件だと考えています。

熱帯地域で行われている
「コーヒーの木=シェード・ツリー」
という“日陰”栽培手法は、
熱帯地域に適合しているのであって、
北限地域では北限地域なりの手法で栽培するべきだと思うのです。

日照下だからこそ健康な沖縄コーヒー.jpg

実は、私も当初は
コーヒーを“シェード・ツリー”として
栽培をしていたことがあるのです。

結果は、「過保護」に似た感じで、見事に病弱になりました。

日陰に長いこと置いた苗木は、
沖縄の直射日光のもとに出すと、葉が焼けてしまうのです。

苗木のうちから、
しっかりと環境に即しながら健康に生育させることで、
病害虫や根腐れなどを防いでゆく過程は、
人間と同じだと理解できたのです。


posted by COFFEE CHERRY at 09:14| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつて、ブラジルの友人のお土産は、熟した実を摘み取って、すぐに乾かして、名人のお婆ちゃんがブリキ製の焙煎器で来日直前に、少し浅く炒ったコーヒーでした。これ以上のコーヒーはありませんでした。やがて園を売却したため、自分で作るしかないと、種を持ってきてもらって実生し、仲間に分けながら作ってみました。4年目に結実、5年目に100個近く実り、飲むべきかどうか迷ったあげくに、播種して仲間に預けました。結局枯れてしまい、飲むことができませんでした。ウオーレンスのブラジル紀行記にも、手持ちのコーヒーが切れたので、農家のコーヒーを摘ませてすぐに飲んだコーヒーが最高と記述があります。そうこうしているうちに、温泉地のプロジェクトで冬場の人寄せになにかアイデイアということで、コーヒーの摘み取り園の話を出して、試作するということになりそうです。
 栃木県はイチゴですが、イチゴの摘み取りは平凡、毎秒数百リットルの熱源を利用して@パパイヤの間にコーヒーを植えつける。春に摘み取り、
高冷地なので夏はイチゴの路地栽培、秋はキノコの短木栽培と考えています。無理せず、ゆっくりと試作しながらの仕事になりそうです。






Posted by 横田 一郎 at 2007年03月27日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。