2006年05月16日

沖縄コーヒーの歴史

ペリー提督率いる米国海軍の「北太平洋遠征隊」が、
日本開国交渉前に沖縄の那覇港に「開国交渉の基地」として
寄航したのが1853年から翌54年にかけてのことですから、
今から153〜154年前のことになります。

ペリー提督は、琉球内陸部調査と共に、
約200種類の植物を採集して米国に持ち帰っているのですが、
この中には「コーヒー」はありませんでした。

現在、樹齢100年以上のコーヒーの木は、
いずれも沖縄本島中北部にありますが、
樹齢150年を超えているものはさすがになさそうです。

1609年に、
琉球王国は薩摩藩島津忠恒に占領されてしまうのですが、
それ以前の琉球は、
「大交易時代」と呼ばれる繁栄期があって、
西欧〜インド〜東南アジア〜中国〜琉球〜種子島〜九州という
海上交易ルートが確立され、
「アジアのハブ港」として機能していましたから、
その時代にも品種はともかく
コーヒーの木が移入されていた可能性は否定できません。

コーヒーの成木.JPG

近年の沖縄コーヒー
1.うるま市(旧・具志川市兼箇段)の「和宇慶コーヒー」
・ 1972年の沖縄本土復帰に伴ない
  和宇慶さんの妹が「お土産に」と
  ブラジルから持ち帰った15粒のコーヒーの種が、
  記録にある沖縄コーヒー栽培の原点となっています。

・ 当時の和宇慶さんは中部農林高校に勤務されていて、
  農業の基本的な知識があったことから
  「沖縄でも栽培できないか」と
  興味本位で種を植えたところ発芽したことで、
  本格的に着手することに至りました。

・ 1980年には、自身がブラジルに渡り
  国立農業試験場でコーヒー栽培を学んで
  以降本格的にコーヒー栽培に着手しました。

・ 沖縄コーヒーを県内に普及させるため
  度々「コーヒー講座」を開き、
  延べ約200名が受講した、と聞いています。

・ 自宅庭の約1,500坪の農園に
  約1千本余りのコーヒーを植えられていましたが、
  度重なる台風でコーヒー園は残念ながら壊滅してしまい、
  現在は朝伝さんの息子さんが
  コーヒーの苗木販売を手がけています。

・ 私も7年前にコーヒーの苗木を6鉢買わせて戴きました。
  朝伝さんは、当時(93歳)は入退院を繰り返されていました。

2.恩納村の「ヤマーコーヒー」
・ 前述の和宇慶さんの「コーヒー講座」を受講し、
  ただ一人受け継いだのが山城武徳先生(75歳)で、
  現在の沖縄コーヒーの第一人者です。

・ 沖縄戦以降、10を越える職業に就きながら、
  そのノウハウを全て吸収しているために、
  自身で何でも作り上げる器用さを持ち合わせています。

・ 和宇慶さん同様、中部農林高校の教師となられて、
  基本的な農業知識を持たれてコーヒー栽培に活用されています。

・ 現在、約3,500坪で約2,000本のコーヒーの木を
  栽培されています。

・ 毎年11〜3月ごろ、
  恩納村の体験学習(修学旅行)の受入れをされています。

・ 私は山城先生から、コーヒー栽培を学習させて戴きました。

3.東村の「ヒロコーヒー」
・ 大阪で電気工事をされていた足立浩志さんが、
  ハワイ島のコナ地区でコーヒー栽培を3年修行され、
  小笠原か沖縄かの選択で沖縄を選び、
  苦難の末コーヒー栽培を確率させました。

・ 最初のコーヒー苗木は、前述の山城武徳先生から数鉢買われ、
  コーヒーの実を付けるまでの数年間は
  名護市でタクシーの運転手をされていたのです。

・ 農地を借りるのにも苦労の連続で、
  ようやく現在の土地を農家から直接借りて栽培されています。

・ カフェも出されていますので、
  現在沖縄で「沖縄コーヒー」が堪能出来るのは、
  唯一ここしかないはずです。

その他、鉄骨ガラスハウスやビニールハウスで
コーヒーを栽培されている方や、
露地栽培に挑戦されている方、
離島でのコーヒー栽培…
など県内のコーヒー栽培状況はだいたい把握していますが、
せっかく収穫出来た沖縄コーヒーを
輸入コーヒーと混ぜてしまう方もいて、
“理念”が違うようですから、
ここでは触れないようにしておきます。

沖縄県内では、コーヒーを庭に植えている方は
わりと多く見受けられますが、加工方法が分からず、
あるいは面倒だということで放置されていることが多いです。
もったいないですよね。

沖縄でのコーヒー栽培は“台風”対策が必須で、
またこれを上回る“情熱”がない人は、
次々に脱落しているのが現状なのです。

posted by COFFEE CHERRY at 12:29| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。