2011年06月30日

ヤンバルコーヒーフォーラムの記事が琉球新報に掲載されました

昨日6月29日(水曜)の琉球新報の
27面「市町村 北部圏版」に
名桜大学主催の
「ヤンバルコーヒーフォーラム」
の記事が掲載されました。

ヤンバルコーヒーフォーラムの新聞記事110629.JPG
 予想より大きな記事でした。
 今まで変人扱いされてきたコーヒー生産者にとっては
 まさに朗報です。


南風原町のテスト圃場時代では、
周りがJA系農家、つまり除草剤や農薬、
化学肥料を売るのもJAですから
JA系農家の農地は基本的に雑草がなく
見た目がきれいなので、
私の自然農法による雑草などのタネが飛散することが
たぶん気に入らないのだと思いますが、
嫌がらせをずいぶん受けていました。

テスト圃場の周りでは、
化学の手品のようにかぼちゃが急激に成長したかと思うと
収穫直後から一気に異常に枯れ出して
「こんなの食べても大丈夫なのかな」
と思っていました。
地元で頂いたかぼちゃも、
中がドロドロに溶けていたり、
タネがないものまでありました。

「コーヒーを栽培している」
というと
「いつごろ出来るの?」
と聞かれ
「数年後」
と答えると
「数年後?どうしてそんなものやるの?」
といわれてしまい、
答えに窮してしまった頃を懐かしく思い出します。

農法の理念が違う人が隣で農業をするのはなかなか難しいものです。
今のコーヒー山は自然と共生できますし、
共感できる方々が増えて来て、
本当に嬉しい日々が過ごせています。
posted by COFFEE CHERRY at 13:42| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Business Plan Contest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。