2011年07月15日

戦後の沖縄コーヒーの祖の他界U

昨日、山城武徳先生のご自宅に8年ぶりに伺いました。

私は山城先生にはコーヒー栽培について、
ご親切に詳しく教えていただき、
感謝しきれないほどのご恩があるのです。

私はコーヒー山をお借りする前に
本島の金武(きん)町以北のあちこちで
コーヒー栽培の用地を数年ががりで探し求めていたり、
本島南部の南風原町のテスト圃場での栽培実験などに
明け暮れていたために、
ずっと山城先生のことが気になりながらも
「栽培場所が確定して引越ししてからご挨拶にお伺いしよう」
と決めていて、
山城先生の体調が悪化していたことや
亡くなられたことも知らなかったのですが、
悔やまれてなりません。

2003年秋の山城先生の農園110714-1.JPG
 この画像は、今から8年前の2003年秋の頃に撮影したものです。
 幅70〜80cm、高さ2.5mのハイビスカス(アカバナー)の防風柵を
 7mごとに平行に配置し、7m間に2列のコーヒーを移植するのが
 “山城方式”の真髄でした。
 高さ2.5mのハイビスカスの防風柵を7m間隔にして、
 その間に樹高2mでピンチしたコーヒーを植えると、
 「コーヒーが暴風にやられない」
 という計算され尽くしたすばらしい堅固な農園でした。
 大型台風が上陸するたびに、翌日農園を伺い、
 「どのくらいの被災があったのか」
 見に行ったものです。
 実際に大きな被災があったのは見たことはなく、
 先生が塩害対策のために、貯水プールの水で潮を洗い流している場面に
 私が伺ったこともありました。
 この山城方式に基づいて、当時の南風原町のテスト圃場では
 栽培テストを日々繰り返し悪戦苦闘していたことを思い出します。


昨日、山城先生のご自宅の奥様にお電話してから伺い、
ご仏壇に焼香することが出来ました。
また、奥様から
「昨年7月23日に大腸ガンで亡くなられた」
「早朝にご自宅で倒れ、救急車で搬送中に苦しまずに亡くなられた」
「亨年81歳だった」
「(奥様は)名護市の三高女(沖縄県立第三高等女学校、現・県立名護高校)当時は
 身体が弱いのでずっと看護婦になるのが夢だったけど、
 教員になり、多くの教え子に恵まれ教員になって良かった」

ことや、
山城先生の生前の元気な頃の昔話なども伺い、
多くの写真も拝見させていただいて、
往時の懐かしさと同時に寂しさも感じました。

2003年秋の山城先生の農園110714-2.JPG
 この画像も2003年秋の頃に撮影したものです。
 1本の成木で10〜15kgの実が収穫されていて
 見ているだけで鳥肌が立つほど感動したものでした。
 私がヤンバルのコーヒー山をお借りするまでは
 この山城方式を再現するつもりで、
 平坦のまとまった土地にこだわって探していました。
 先月の6月25日に名護市民会館で行われた
 名桜大学主催の「ヤンバルコーヒーフォーラム」は
 本来山城先生がプレゼンされるべきものでしたが、
 その諸先輩方の“思い”は、
 しっかりと受け継いでいかなければいけません。


このわずか2年の間に
和宇慶朝伝先生や足立 浩さん、山城武徳先生と
「沖縄(=国産)コーヒー栽培の第一人者」
といわれた方々が、相次いで亡くなられてしまいました。

現在は“自称”を除いて、
「第一人者」とか「後継者」と目される方は沖縄にはいません。
評価は自身がするものではなく、他人がするものですし、
その「自称・後継者」も、
先生は生前良く言われていませんでしたから、
まったくその身勝手さには私は閉口してしまいます。

現在の山城先生の農園110714.JPG
 現在の山城先生の農園です。
 往時とはあまりにも悲惨な光景で見るのも辛いです。
 平家物語の書き出し、
  「祇園精舎の鐘の声
   諸行無常の響きあり
   沙羅双樹(しゃらそうじゅ)の花の色
   盛者(じょうじゃ)必衰の理(ことわり)をあらわす
   おごれる人も久しからず
   ただ春の世の夢のごとし
   たけき者も遂には滅びぬ
   偏(ひとえ)に風の前の塵(ちり)に同じ」
 祇園精舎の鐘の響きは、
 全ての作られたものは一定の状態に留まらず移り変わるという
 「諸行無常」の精神を語っている。
 釈迦がなくなる時に枯れたという沙羅双樹の花の色は、
 勢い栄えるものも必ず滅びる「盛者必滅」の道理をあらわしている。
 おごり昂ぶる者も長く続くためしはない。
 ただ春の夜の夢のように、はかないものである。
 勢いの盛んな者も最終的には滅びてしまう。
 まるで風の前の塵のようなものだ。

 もちろん、山城先生はおごり高ぶることは一度もない
 親切で優しい立派な先生でしたが、
 私は先生のこの農園の往時を見ているだけに、
 「先生の気力の衰えに、木の精も相呼応してしまったのかな」
 と思わざるを得ない、寂しく悲しい光景です。



沖縄戦を生き抜き、
中部農林高校の教員となって、
同じく同校教員の奥様とご結婚されたのですが
山城先生は、教員募集(当時は教員が不足していたので
学歴や教職課程の学習の有無などは無関係だったようです)
を新聞で見て応募する前は、
「20以上も仕事を変えた、何でもやった」
と先生から直接お聞きしていますが、
先生がすごいのは、
「どの仕事にも精進して自分のものにしている」
ことなのです。
例えば、土木建築、左官、瓦職人、大工、
船大工(実際にサバニを2艘作られたようです)、
電気工事などは言うに及ばず、
農園での貯水プールや小屋も先生がひとりで作り上げていました。
とにかく立派な先生で、
ご冥福を心からお祈り申し上げます。

「論語」桑原武夫著110714.JPG
 今から2,400年も前の春秋時代末期の
 孔子とその弟子たちの言行を記した「論語」の
 為政第二の十一、
  「子曰、温故而知新、可以爲師矣」
 子曰わく、故(ふる)きを温(あたた)めて新しきを知る、
 以て師と為(な)す可(べ)し。

 桑原武夫先生のこの本では、
 「温故」の“温”は「たずねる」ではなく、
 本来の意味は
 「冷えた食物をもう一度温(あたた)め直す」
 ことだとされていて、
 原文は
 「過去の伝統を冷えきったそのままで固守するのではなく、
  それを現代の火にかけて新しい味わいを問いなおす、
  そうしたことが出来て、初めて他人の師となることが出来る」
 という意味だとされています。
 初唐の
  「書譜(しょふ)巻上、呉郡孫過庭(呉郡は地名、孫過庭が名前)撰」
 という巻物の「二」の
  「馳鶩沿革,物理常然。
   貴能古不乖時,今不同弊,所謂
   文質彬彬,然後君子」
 馳鶩沿革(ちぶえんかく)は、物理常に然(しか)り。
 能く古(こ)にして時に乖(そむ)かず、
 今にして弊 (へい)を同じくせ不(ざ)るを貴ぶ。
 文質彬彬として然る後に君子なり。
 も同様の意味合いだし、
 松尾芭蕉は「奥の細道」の東北・北陸の旅で
 昔から和歌に歌われてきた憧れの地が、
 実際は変わり果ててしまっていた悲しい現実に出会い落胆したり(流動性)、
 古来言い伝えられてきたそのままに今も残るものに感動したり(普遍性)して、
 芭蕉の俳諧理論の根本をなす「不易・流行」という真理を体得するのですが、
 これも「温故而知新」と同じように考えられるかもしれない、
 と書かれています。
 私が「以て師と為(な)す可(べ)し」という考えは毛頭ありませんが
 和宇慶先生や山城先生の“思い”を貫徹させるために、
 「防風対策や品種選定など、改良する部分は変えていかなければいけない」
 と決意を新たにしました。

posted by COFFEE CHERRY at 16:17| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。コーヒー栽培に対する情熱に深く感銘しております。
 実は私も国頭在住で、コーヒー栽培にとても興味があり、ブログを通していろいろ学ばせて頂いています。
 台風9号が沖縄に接近中のようで、またまたコーヒーへの被害が気になるところですね。
台風が逸れてくれるのを祈りつつ、次回の更新を楽しみにしています。
Posted by いこい at 2011年07月31日 06:06
生豆を焙煎すると2割〜3割程度軽くなります。
Posted by santaaiai at 2011年09月02日 22:16
生豆には水分含有量が通常約10%あり、また焙煎の程度や気温湿度、豆の種類などによっても違いますが、一般的に生豆を焙煎すると2割前後軽くなることは私も承知しています。生豆推量もアバウトなので「おおむねこの程度の人数分しかない」ということを判りやすくするためにカットしてしまいました。ご意見ありがとうございました。
Posted by 岡田 康子 at 2011年09月03日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。