2006年11月30日

地元市場の盛衰を反面教師に考える

本島南部では、最近市場が増えてきました。

糸満市の「うまんちゅ市場」は
JA系列ですから立派な建屋ですが、
それ以外の市場は簡素な造りで、
むしろ倉庫に近い構造かもしれません。

消費者は、
・ 何を置いてあるのかexclamation&question
・ いくらなのか?
・ 鮮度
・ こだわり
・ 安心感
・ 季節感

などに興味があって、建物の外観なんかどうでも良いのです。

産直では、食べもの自身がメッセージであり、
情報であり、文化なのです。


市場が増えるにつれ、
それぞれの比較対象が出来るようになったことで、
その将来の明暗が見え隠れしてきました。

産直・朝市・直売所は、
「“売らんかな”の換金第一主義」
や、
「出品物が少なく回転が悪そうで、鮮度落ち」
等のところは、
次第に活気を失い、衰退するものです。

私がよく行く自宅から近い市場は、
もともとは、
「農家が市場に出せない格外品をどうにかならないか」
というのが原点で、
「農産物の格外品を消費者に格安で販売、現金化しよう」
というコンセプトでした。

最初の頃は、集客が少なく、
当初のコンセプトも守られていましたが、
客足が伸びるにつれて、価格設定が高くなってきました。

最近は、観光客が来るようになり、
土日・祝日は、駐車場が満杯状態で、
夕方に行くと、出品台が空になっていることが多くなりました。

また、農家が相場を研究するようになり、
他で高く売れるようだと、
欠品状態にして他で売る農家も出てきました。

置いてあるものは格外中心なのに、
近辺のスーパーの価格より高いときも多くなりました。

農産物の出品者は地域の近辺の農家が中心ですが、
集客が高めで安定してきたために、
出品者が調子付いてきたのです。

この市場では、
「良いものを作り、消費者に提供したい」
という生産者の誇りは、感じられなくなりつつあります。

逆に、
「ただ作れば良い、売れさえすれば良い」
「格外で家を建てる」
という意気込みが伝わってきます。

儲けが先にあるのではなく、
食べたいもの、食べさせたいものが先で、
食べて喜ばれるものを提供することが大事だということを、
この市場に行くたびに思い知らされるのです。
posted by COFFEE CHERRY at 16:24| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。