2013年06月23日

慰霊の日

1年で昼の時間が最も長い夏至も過ぎ、
今年もあっという間に後半に入りました。

宮古島を直撃して東シナ海から九州手前で消滅した台風4号は、
やんばるには強めの風と雨だけで、被災はありませんでした。

しかも雨はひとしきり強く降ってはやみ,やんでは降りを繰り返し
梅雨明けして日照りを心配していましたから
むしろ感謝したいくらいです。


今晩8時12分は「スーパームーン」という
月が地球に一番近づき、さらに満月になるタイミングが揃い、
今年最大の満月が見られるようですが、
今日の沖縄は「慰霊の日」でもあります。

昭和20年の沖縄戦では、住民を巻き込んだ激しい地上戦の末
20万人余りの尊い命だけでなく、沖縄の文化財、自然がことごとく奪われました。
太平洋戦争で唯一、日本国内の一般住民が地上戦に巻き込まれた戦いでした。

沖縄戦における20万人を越す戦死者のうち、
約半数の9万4000人余りの戦死者は兵隊以外の一般県民や子供でした。

この沖縄戦で、沖縄防衛第三十二軍司令官牛島満中将と同参謀長の長勇中将が
糸満の摩文仁で自決した日が昭和20年6月23日の未明とされていて、
この日を日本軍の組織的戦闘が終結した節目としてとらえ、
沖縄慰霊の日が制定されているのです。

牛島司令官は、自決前の6月19日に
「全将兵ノ三ヶ月ニワタル勇敢戦闘ニヨリ
遺憾ナク軍ノ任務ヲ遂行シ得タルハ同慶ノ至リナリ。
然レドモ、今ヤ刀折レ矢尽キ、軍ノ命旦夕ニ迫ル。
既ニ部隊間ノ連絡杜絶セントシ、軍司令官ノ指揮困難トナレリ。
爾後(じご)各部隊ハ各局地ニオケル生存者ノ上級者コレヲ指揮シ
最後マデ敢闘シ悠久ノ大義ニ生クベシ。」

いう最終命令を出し、
自らは無責任に命を絶ちました。

一般人や学徒動員された青少年たちは米軍に包囲され、
艦砲射撃で無差別に砲撃され逃げまどい、
残存将兵による斬り込み攻撃や、
やんばるの山岳地帯でゲリラ戦が続き、
沖縄戦が正式に終結するのは、
日米両軍の代表が嘉手納基地内で降伏調印を行う9月7日、
日本がポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した8月15日よりも
23日も後のことなのです。

私は毎年「慰霊の日」を迎えるたびに、
「牛島司令官が自決した6月23日は日本軍兵士の英霊に対する慰霊であり、
本当の慰霊の日は9月7日であるべきじゃないのかな?」

思うのです。

アメリカの言いなりの現総理は富国強兵の憲法に変えたいのでしょうけど、
戦後68年も経っても、沖縄は今でも遺骨や不発弾がザクザク出てくる現実や、
嘉手納基地からベトナムを空爆するB52戦略爆撃機が
枯葉剤を積み込んだ可能性が高いことなどを知っているのでしょうか?


話は戻って、今日は満月ですが
私は植え替えは満月に向かって行うようにしています。
月の満ち欠け、つまり月のリズムで農業をしているのです。
古来の農業のやり方ですね。

月の満ち欠けの周期は30日弱ですから、
1ヶ月に1回の割合で満月と新月が現れます。
1年に12回満月になるので、
1年を12に分けた単位を「月」というのですが、
月がまったく見えない新月新月から始まり、
新月から数えて3日目が三日月、
それから半月(上弦)になり、
新月から15日目満月、
それから半月(下弦)、三日月を経て新月
を繰り返しているわけです。

「満月の日は殺人・交通事故が激増する」
説のアメリカの精神科医アーノルド・L・リーバー博士の著書
「月の魔力」(藤原正彦・訳、東京書籍)でも、
満月または新月の時期に出産数が増加すると書かれています。

水生生物は、種類によって満潮、
あるいは干潮のいずれかに産卵するという傾向があるそうですから、
人類水生起源説のあり、進化の起源を辿れば水生生物だった人間にも、
そういう傾向が残っていても不思議ではありません。
そもそも、女性の生理周期が28日なのも、月の影響といわれています。
コーヒーも開花時期は月の満ち欠けに関係しています。

私がコーヒーの植え替えを半月(上弦)から満月の時期に行うのは、
植え替える苗木が引力で引っ張られる、つまり
「生長するエネルギーが高まっている時期」
と考えているからです。

コーヒー苗木20130620-1.JPG
昨春3月にタネ植えした中米山岳品種の苗木です。
発芽後まだ約1年でここまで生長するのは
今までテストした中では最高に早く、
やんばるの気候風土や土壌に適した品種だといえます。


コーヒー苗木20130620-2.JPG
梅雨が明けても、やんばるの山岳地帯ではにわか雨も多く、
この先の生育が楽しみです。

posted by COFFEE CHERRY at 15:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの品質を高めるための考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。