2007年04月07日

コーヒーの花が咲いて、散るまでの過程G

今朝9時の沖縄の気温は20.3度と、
少しずつ暖かさを取り戻してきました。

コーヒーは熱帯果樹ですが、
バナナは寒くなったことで、
成育が停滞してしまっていますから、
コーヒーの方が寒さに対しては、
若干適応力があるのかもしれませんね。

ちなみに、沖縄の4月は
 ・ 平均気温 21.3度
 ・ 平均水温 22.5度

です。

今日は、恵みの雨でしたので、
コーヒーの木は、
葉をピンと張って喜びを表わしているのですが、
こういう日でも、よく観察すると、
雨に当たっている木と、
奥まっていたり、他の植物の枝葉に邪魔されて、
恵みの雨が遮断されてしまっているものがありますので、
風向きや雨の強度や雨量などで、
どこが充分で、どこが不足するかも確認し、
後日補給してあげないといけないのです。

07040709雨の日1.jpg

07040709雨の日2.jpg

07040709雨の日3.jpg

07040709雨の日4.jpg


落花しそうになっているコーヒーの花は、
雨や風でも簡単に落花して、
次々に小さい花托(かたく)となってゆきます。

07040709コーヒーの落花5−1.jpg

07040709コーヒーの落花5−2.jpg

07040709コーヒーの落花4.jpg

07040709コーヒーの落花3.jpg

07040709コーヒーの落花2.jpg

07040709コーヒーの落花1.jpg

07040709コーヒーの花托.jpg
    コーヒーの花托(かたく)

posted by COFFEE CHERRY at 22:50| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの花が咲いて、散るまでの過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。