2007年04月22日

自宅のコーヒー苗木群で発見したユウマダラエダシャクという蛾 A

4月11日に記述したように、
ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)という蛾の幼虫は
“尺取虫”

ですが、
070422 ユウマダラエダシャク.jpg
今朝のコーヒー苗木群の中で、
虫のフンを発見し、付近を捜索すると、
070422尺取虫のフン.jpg
苗木の先端部分に近い軟らかい葉の裏側に、
“尺取虫”を発見しました。

070422尺取虫2.jpg

今までは、この蛾は
コーヒー圃場では時々しか見かけませんし、
尺取虫や特長的な産卵も見かけませんでしたので、
4月11日の記述では、
「コーヒーへの関与はあまりなさそう」
というように書いた
のですが、
コーヒー苗木群の、
「特に新芽や若くて軟らかい出来立ての葉が、
  何者かに食われてしまう」

ということが時々あって、
その犯人探しに追われていたのですが、
どうやら、その犯行の一部は“尺取虫”のようですね。もうやだ〜(悲しい顔)

070422尺取虫3.jpg

虫のフンを発見したことから付近を捜索する過程は、
警視庁の特別捜査班が、
逃亡中の犯人を追い詰めて確保したようで、
「ついに、捕まえたexclamation
という達成感がありました。

070422尺取虫1.jpg

今後も、
「まず虫のフンを発見し、付近を捜索すれば、
  必ず“犯人”が潜んでいる」

ということを忘れないようにしなければなりませんが、
自宅や圃場には、
タイワンシロガシラを始めとした鳥もいますので、
そのおかげで大発生を免れているのかもしれませんね。

070422ハイビスカス.JPG
  今日も糸満市「うまんちゅ市場(JA系)」の
   JAイベントに行きました
posted by COFFEE CHERRY at 14:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの害虫・益虫・タダの虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。