2007年06月13日

レキオ紙の“鼎談(ていだん)”という取材

週間レキオ社の村松編集部長から、
フジサンケイ女性起業家支援プロジェクトの
今年度の募集に際し、
「昨年度の受賞者による鼎談(ていだん)の様子を
レキオ紙に載せたい」

という取材依頼があり、
引き受けてしまいました。

「鼎談(ていだん)」という単語も、
実は今回初めて伺いましたが、
3人による対談を意味するそうで、
優秀賞を受賞された内田牧子さんと、
沖縄地域賞を受賞させて戴いた私と
質疑応答をしながら、
ビジネスコンテストに挑戦する方々の参考になり、
同時に意欲をあおる記事を載せる、
という目的のようでした。

0607企業立地サポートセンター.JPG

先週の6月7日(木曜)の大雨の日に、
中城湾港新港地区の企業立地サポートセンターで、
 ・ 週間レキオ社 村松編集部長
 ・ 企業立地サポートセンター・大嶺センター長
 ・ 内田牧子さん
 ・ 私、岡田康子

の4人で、
内田さんと私の、
 ・ 発案のきっかけ
 ・ 事業をどう進めたか
 ・ 現況
 ・ 今後の予定

などについて、
フランクに話し合い、
中小企業診断士の資格も持たれている大嶺センター長から、
アドバイスを戴きました。

0607鼎談中.JPG

この記事は7月5日(木曜)のレキオ紙に掲載予定だそうです。


070507ハイビスカス.JPG
     自宅庭に咲くハイビスカス
posted by COFFEE CHERRY at 23:01| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Business Plan Contest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。