2007年08月23日

沖縄の避暑

全国的な猛暑続きで、
熱中症による死亡者が57人に上り、
また先週は40度を超す記録的猛暑が全国あちこちで発生し、
岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市では
8月16日(木曜)に40.9度を記録して、
74年前の1933年7月25日、
山形県山形市で記録した観測史上最高気温40.8度を
更新してしまいました。
(ちなみに、世界最高気温は
 1921年イラク・バスラで観測された58.8度)

沖縄は、7月13日に台風4号台風が襲来後日照り続きになり、
8月11日(土曜)には瞬間最大風速27mという
台風並み台風の熱帯低気圧が沖縄本島を直撃し、
那覇市では11日(土曜)の降り始めから
12日(日曜)午後8時までに497mmの集中豪雨霧があり、
(24時間では421mmの観測史上最高を記録)
本島のあちこちで
土砂崩れや床上・床下の家屋浸水が起こりました。

那覇市の国際通りだけでなく、
我が家の近くでも道路が冠水し、
夜7時半から約5時間も落雷による停電が起こりました。


那覇市の過去5年の年間降水量は、
 ・ 2006年 2068.0mm
 ・ 2005年 1947.5mm
 ・ 2004年 1926.5mm
 ・ 2003年 1457.5mm
 ・ 2002年 2027.0mm

と、
年間降水量は約2,000mmですから、
   2,000mm÷12ヶ月=167mm(月平均)
24時間での421mmの降水量は、
「1日だけで2.5ヵ月分の雨が降ったことになる」
わけです。

また、那覇市の過去5年の最高気温は、
 ・ 2006年 35.0度
 ・ 2005年 34.6度
 ・ 2004年 33.9度
 ・ 2003年 35.5度
 ・ 2002年 33.3度

と、
36度以上になっていないのです。

沖縄は小笠原諸島とともに亜熱帯気候ですが、
本土の異常な猛暑を見ていると、
避暑には北海道と、
以外にも沖縄が向くのかもしれませんね。
posted by COFFEE CHERRY at 13:33| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。