2007年10月02日

やんばるサンサーラ農園のコーヒー栽培

移転地探しで国頭村与那に行く途中、
「道の駅おおぎみ」
に立ち寄り、
「おおぎみのグリーン・ツーリズム」
というパンフレットを戴きました。

大宜味0709ー1.JPG

大宜味村内の
グリーン・ツーリズムツアーが紹介されているパンフレットで、
山の中を歩くとか、
ふれあい牧場やカヌー体験など、
イマイチ積極的に参加したくないツアーの中で、
1つだけ注目したツアーがありました。

大宜味0709−2.JPG

やんばるサンサーラ農園(大宜味村字白浜465)
「こだわりの自然農法作物の味わいとシーサー手作り体験」
という、
タイトルだけでは興味がわかないものでしたが、
そのメニュー、
 @ タンカン収穫 食べ放題
 A タンカン収穫 ジャム作り
 B コーヒー豆収穫から焙煎、試飲
 C 季節の野菜収穫と鍋料理、バーベキュー
 D シーサー(獅子の粘土素焼き)手作り体験

の3番目に、
「コーヒー豆収穫から焙煎、試飲」
というコースがあり、
 A 収穫、焙煎、試飲(3、4月のみ)
   2時間 1人2,000円(大人のみ)
 B 焙煎、試飲(収穫なし、通年)
   1時間半 1人1,500円(大人のみ)
   受入れ人数10人以下

となっていました。

ツアーメニューの受入れ時間は、
全メニュー10:00〜17:00で、
「事前に電話・FAXで要予約」
とあり、
また当日は時間的に余裕もなかったので、
サンサーラ農園の場所だけでも
次回訪問時のために確認しておきたかったのですが、
次回は事前に予約して、楽しみに行きたいと思います。

大宜味0709−3.JPG

サンサーラ農園でのコーヒー栽培は、
私が勉強不足なこともあって、
今までまったく聞いたこともありませんでした。

沖縄でのコーヒー栽培の主流は、
戦後、具志川の故・和宇慶朝伝さんから、
恩納村の山城武徳先生が受け継ぎ、
東村の足立浩志さんが山城先生から苗木を買って、
現在のヒロ・コーヒーにしていて、
沖縄でのコーヒー栽培は、
ほとんどが上記3名からの流れ
で、
上記3名からは、過去サンサーラ農園のことは
私は1度も聞いたことがなかったのでした。

と、言っても
沖縄の琉球犬を県の天然記念物に認定させるまで努力された
与那原町の新垣義雄先生
は、
ブラジルの知人からコーヒーの種を直接取り寄せ、
独学でコーヒー栽培を始め、
「1本の木から20〜30kgの収穫があったが台風で全滅したが、
 沖縄ではコーヒー事業は大きな可能性がある」

というような方もいれば、
金武町の儀武町長も、
町長になる前、
不登校の生徒に教えるNPOで英語を担当する前に、
沖縄でコーヒー栽培をやろうと独学で勉強し、
単身ブラジルまで渡って、
コーヒー農園で加工工程をつぶさに見て、
コーヒーの実をつぶす脱穀機を買って沖縄に帰ってきた、
という方もいるわけですから、
上記の主流派から外れた方が例外的にいても
何ら不思議ではないわけで、
サンサーラ農園にも、
よけいに興味深くなり、
期待にワクワクするわけです。

 ・ 苗木はどこから入手したのかexclamation&question
 ・ 品種はexclamation&question
 ・ いつから栽培しているのかexclamation&question
 ・ 「こだわりの自然農法」とは何かexclamation&question
 ・ 脱穀方法はexclamation&question
 ・ 加工方法はexclamation&question
 ・ 焙煎方法はexclamation&question
 ・ 栽培本数はexclamation&question
 ・ 収穫数量はexclamation&question
 ・ 海外産と混ぜてないexclamation&question
   (沖縄では、残念ながらこれが意外と多いもうやだ〜(悲しい顔)
 ・ 防風対策はexclamation&question

など、
聞いてみたい内容はいくつもあるのですが、
その反面、
「観光客をツアーとして受け入れるほどの生産量となると、
 コーヒーの管理だけも大変になり、
 他のツアーは人員的に難しいのではないかexclamation&question

とも思えますので、
ぜひ1度伺ってみたいのです。

もし、行かれた方がいらっしゃいましたら、
教えてください。

posted by COFFEE CHERRY at 13:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。