2007年11月29日

近代農業の功罪A

メソポタミア文明で、
灌漑(かんがい)用水が確立したことは前回記述しましたが、
中世ヨーロッパ農業では、
“三圃式”あるいは“四圃式”という
農耕方式が確立されました。

この農法は、
耕区を3つか4つに分割して、
 ・ 家畜(牛、ヤギ、うさぎ、鶏など)を放牧し、
   雑草を食べさせ家畜ふん堆肥で地力を増す
 ・ 農作物を栽培する
 ・ 休耕地として寝かせる

というように、
家畜の有機堆肥を利用して土地の地力を増進させながら
毎年順繰りに分割地を移動していく農耕方式で、
私も一時期は、この農法に憧れていたのですが、
最近は、
「動物性の堆肥は使わない方がよい」
という考え方に染まりつつあり、
これについては、また後日記述したいと思います。

071128coffee1.JPG

土を掘り起こす道具として、
最初は木の枝だったのでしょうが、
やがて、より掘りやすいように
木の先端に鉄の刃を付けて
鋤(すき)や鍬(くわ)などに改良され、
鎌(かま)や千歯こぎ、手箕(てみ)、
ワラウチなどの農具も登場するようになるのですが、
江戸時代以降の農業では、
 ・ 堆厩肥
 ・ 役畜
 ・ 鋤(すき)、鍬(くわ)などの農具

を中心とした、
小農による土地の粗放的使用と
なにより重労働が農業の代名詞で、
百姓の「百」は、「百の仕事」ともいわれる由縁なのです。

071128coffee2.JPG

産業革命後に定着した近代的量産化システムの中で、
資本主義とは、
「投下資本あたりの利得(資本生産性)を最大にするように、
 産業活動をシフトさせる経済体制」

を意味していますから、
資本主義の観点から見た農業の近代化とは、
「世界的な市場を持つ作物
 (米、小麦、とうもろこし、大豆など)に対して、
 土地および労働(農薬や肥料、農機具も含む)あたりの
 収量を、技術的な改良によって増大させること」

で、
 ・ コンバインやトラクターなどの機械化
 ・ 化学製品の利用
 ・ 水利システム開発
 ・ 品種改良

を背景とする高度耕作法に急速に変化していったわけです。

工業化の産業革命に対して、
化学肥料、農薬、機械の使用による近代農業の導入は、
さしずめ
「農業革命(=食と農の革命)」
ということになるのでしょうが、
投下資本あたりの利得(資本生産性)を高めるはずの
近代農業でも、
すべての面で生産性向上をもたらした訳ではなく、
 ・ 土壌の劣悪化による収穫量の低下
 ・ 作物の品質低下
 ・ 連作障害
 ・ 病害虫の異常発生
 ・ 生産者への病的影響
 ・ 環境破壊

などの弊害も出ているのです。

071128coffee3.JPG

コーヒーの木は基本的には肥料は要らず、
放任で7〜10mまで大きくなる高木ですが、
コーヒー園の多くは、実を収穫しやすいように、
手を伸ばして届く高さ(約2m)で
幹の先端部分をピンチしています。

そのためコーヒーの木は、ピンチさえすれば
高さは自由に設定出来るのです。

一般的には、高さが約2mにされていますが、
西原町の玉那覇三郎さんのコーヒー園のように、
防風対策として、
高さを約1.5mにしているところもあります。

海外では、コーヒーだけを同じ場所で
数百年も繰り返して植えていることで、
特定の土壌成分だけが吸収されてしまい、
次第に生育不良となっていく
“連作(れんさく)障害”という現象に陥り、
ブラジル、コロンビア、ジャマイカ、インドネシア、
エチオピアなどコーヒーの名生産地では、
私が調べた範囲内では、
相当数の農場が化学肥料と農薬を使用していました。

ハワイのコナでも、
“有機栽培”という認識をしながら、
コーヒーの木の周りに除草剤を撒く農家が多いのです。

コーヒー栽培で使われている農薬は、
 ・ 除草剤
 ・ 化学肥料
 ・ 殺虫剤
 ・ 殺鼠剤

で、
大規模な空中散布が行われている国や
無料で農薬を配布している国もあり、
農薬が安易に使用されているのが現実なのです。

071128coffee4.JPG

こうして考えると、
世界最高のコーヒーを作るには、
農薬は絶対に使わないのは当然としても、
単純な放任による自然栽培ではなく、
コーヒーの立場に立って考えないといけないと思うのです。

「食の大切さ・安全を学び、
  自然の恵みに感謝しながら収穫する」

のは、基本中の基本の当然のこととして、
「人間も植物も同じ」
ととらえ、
「植物に対する思いやり」
を重視する“心の農業”
極めてゆく必要があるのではないか、
と考えています。

近代コーヒー栽培の要求する樹形や収量にこだわらず、
「コーヒーの木にとって、
 最良の姿は本当はどういうものなのかexclamation&question

という原点に立ち返ると、
いつかエチオピアやトルコに行って、
コーヒーの原種が自然生えしているところを
見てみたいと思うのです。

071128自宅のハイビスカス.JPG
台風23号台風は熱帯低気圧になり、
沖縄方面からそれましたので、ひと安心です。

posted by COFFEE CHERRY at 01:08| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの品質を高めるための考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。