2007年12月12日

コーヒーの実の果肉からジャムを作る@

完熟したコーヒーの実を口の中に含み、
梅干の要領で種だけを出すと、
果肉のほんのり甘い味がしますから、
コーヒーの実の果肉からジャムはもちろん、
発酵させるとお酒だって出来る可能性があります。

???????????????????R?[?q?[??タ.jpg

コーヒーの実の果肉部分は少ししかなく、
また、冬の収穫時にしか、
まとまった量のコーヒーの実が採れませんから、
ジャム作りは、時期的には冬の作業になります。

?????????R?[?q?[??タ.jpg

実は先週、ジャム作りにチャレンジしたのですが、
初めてのことなので、
作業手順で頭が一杯で画像を撮り忘れてしまいました。


当日の作業手順
 ・ コーヒーの実を洗い、種を出す
 ・ 果肉付き外皮をジューサーで撹拌する
 ・ 煮立てる
 ・ 砂糖を加えて、さらに煮込む
 ・ 全体が泡だったら、火を止めて冷やして出来上がり


という工程で、
「驚きの大成功exclamation
のはずが、
結果は、味がどうこういう前に大失敗でした。もうやだ〜(悲しい顔)

コーヒーの果肉ジャムを作りたいのに、
コーヒーの外皮ジャムのような感じになってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

外皮は固く、果肉は少量でヌルヌル状という
アンバランスがあることで、
外皮をジューサーで撹拌した後、
「漉(こ)す」
という作業が必要のようです。

次回は、この点に注意して
手順ごとに撮影しながら、
再チャレンジしてみようと思います。
posted by COFFEE CHERRY at 22:42| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの実の果肉からジャムを作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。