2007年12月14日

コーヒーの実の収穫

沖縄のコーヒー栽培では、
初春〜初夏にかけて、
満月か新月の大潮の日の前後1週間ごとに
大部分の花が咲いてゆきます。

071214−1.JPG

それぞれの開花後6〜7ヶ月後、
つまり、沖縄の冬〜初春にかけて
咲いた花の順番に、
収穫時期が訪れるわけです。

071214−2.JPG

うっかり取り忘れた実は
黒ずんで落下し、自然生えしますから、
なにも種植えをしなくても良さそうなものですが、
当ブログのテーマにあるように、
「高品質の豆を作るには木を健全に育成しなければならない」
とすると、
最初の段階の、
健全な種からの発芽を確認しておく必要があり、
収穫した実をつぶした種を水槽に入れ、
沈んだ豆(=種)で種植えをしなければいけないと思うのです。

071214−3.JPG

実を収穫する目安は、
見た目で実が赤か黄色になっていることですが、
完熟になっている実は、
指でつまむと、すぐに枝から取れます。

見た目が赤か黄色で、
一見完熟しているように見えても、
実の反対側がまだ熟していなかったりすると、
実を摘み取ろうとしても、
なかなか枝から離れてくれません。

071214−4.JPG

完熟に近い実と完熟した実をそれぞれ水槽に入れても、
「どちらが沈んで、どちらが浮く」
というのではないので、
生豆に精製する上においては問題ないのですが、
より高い品質を目指すには、
収穫する実を一定の完熟レベルにする必要があり、
そのためには、今後基準を作る必要があろうかと思います。

071214豆を浮かべる.JPG
  収穫する日の良し悪しも、月との関係があるかも…

今日収穫したコーヒーの実の果肉から、
前回失敗したコーヒー果肉ジャム作りに
再チェレンジしてみようと思います、
お楽しみにexclamation

071214収穫したコーヒーの赤い実.JPG

071214収穫したアマレロ.JPG

posted by COFFEE CHERRY at 16:39| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。