2008年01月29日

コーヒー山の環境

やんばるの中央山脈は、北から
 ・ 西銘山    420m(国頭村)
 ・ 照首山    395m(国頭村)
 ・ フエンチヂ岳 390m(国頭村)
 ・ 与那覇岳   503m(国頭村)
 ・ 伊湯岳    446m(東村)
 ・ 玉辻山    289m(大宜味村)

と約20kmにわたって連なり、
やんばるのほぼ中央部が、
沖縄本島最高峰の与那覇岳(503m)となっています。

08129-2.JPG

これらの中央山脈は、
本土の山からすると標高は低いのですが、
東シナ海と太平洋までの本島の東西の幅は
西銘山あたりで約9km、
与那覇岳あたりでも12kmほどしかないのに、
海岸線から山を見ると、
見事に立派な“山脈”として形成されていて、
渓谷が複雑に入り込んで複雑な地形をなしていることや、

茅打バンダ.JPG
 沖縄本島最北端の辺土(へど)岬近くの
 「茅打(かやうち)バンダ」という高さ70mの崖の上から、
 東シナ海側の海岸を見ても、やんばるの山深い様子が
 おわかりでしょう


フィリピン、台湾南東あたりが源流域の
世界最大級の暖流・黒潮が、
沖縄本島を取り巻くように流れていることなどから、
中央山脈の、特に標高の高い与那覇岳付近は
雲がかかりやすく、また霧が発生することも多く、
森林は周年を通して湿潤で、
その証拠として、
温暖・湿潤を好むへゴ(シダ植物)や
苔(コケ)などの植物が多く繁茂しています。

080129-1.JPG

コーヒーを移植する山(=コーヒー山)は、
与那覇岳から北に4〜5kmほどに位置していますから、
やんばるの天気予報が晴れであっても、
この一帯には雲がかかってにわか雨になったり、
霧が発生したりして、
水の心配がそれほどなく、
大きな木を防風林として残し、
間にコーヒーを移植することで適度な日照も得られ、
近隣に農地がないことで農薬飛散の心配もなく、
今までの本島南部の栽培環境とは
比較にならないほどの好条件で、
沖縄のコーヒー栽培では、
最高の立地条件だと確信しています。
posted by COFFEE CHERRY at 15:05| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 移転準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。