2006年06月15日

ラオスのコーヒー事情

大河メコンが流れ、
豊かな森に覆われたインドシナ半島ラオスは、
国民1人当たり1日約1US$で暮らす貧国でもあります。

太平洋戦争後、1953年にフランスから独立し、
内戦や政治的混乱を経て、
1997年にASEANに加盟した途上国です。

何しろ、貧国ライン以下人口が
国民の40%を占め(2001年度推定)、
・ ラジオがある家庭 52%(2000年度)
・ テレビがある家庭 30%(2000年度)
・ 水道・井戸・安全な飲み水あり 56%(2000年度)
・ 車がある4%(2000年度)
・ 自宅出産率86%(2000年度)
・ 平均寿命55.8歳(2005年度)
で、
ベトナム、タイに挟まれた国にしては、復興が遅れています。

この主因は、約30年間に及んだ内戦や政治的混乱ですが、
国土の8割は山岳地帯で、
耕地及び耕作適地は、国土面積の約4%しかなく、
道路や水も充分に普及されておらず、
国内の村が孤立して自給自足的生産を強いられていること
などもあって、
隣国カンボジアと並んで
東南アジアに取り残された貧国となっているようです。

ラオスは、地形的に細長く、
北部のシュンクァン高原では畜産や野菜が主体で、
南部のボロベン高原ではコーヒーを主体に
野菜、果樹が生産されています。

ラオスのコーヒー生産量
・ 1996年 1万トン
・ 1997年 1万2千トン
・ 1998年 1万7千トン
・ 1999年 1万8千トン
・ 2000年 2万3千トン
と、
ラオスでもコーヒー生産を国策として力を入れつつあるようです。

2005年度のコーヒー栽培面積は
35〜40万ヘクタールと言われていて、
・ ロブスタ種90%
・ アラビカ種10%
の割合のようです。

昨年度の販売価格は
1トン当たり500〜600US$
(1kg当たり約65円前後)のようです。

ボロベン高原のタイ側国境付近のチャンパサック県だけで、
年間1万3千トンのコーヒーが栽培されているようです。

生産の85%を、
フランス・ドイツ・オランダの欧州先進国と
隣国タイに輸出しているようです。

2年前の2004年から日本へも輸出が始まりました。

日本の規格が厳しいため、というより品質管理上の問題で、
この年は約7トンが輸出されたようです。

315ヘクタールの農園を所有するルアン・リッダンさんは、
自ら資金を出してUCCに人材を派遣し、
生豆の検査方法を学ばせ、品質向上に努め、
昨年度は200トンの輸出契約が成約したそうです。

315ヘクタールに約8万本のコーヒーの木を栽培し、
1本の木から約5sの生豆を生産した、
と大ざっぱに仮定しますと、
この農園の生産量は、

約8万本の木 × 約5sの生豆 = 約400トンの生豆生産

ということになりますから、
数字的にはおかしなものではありませんね。

“フェアトレード”という言葉は、
実際には装飾後として使われているようで、
世界的に見ると、
途上国のコーヒー生産者は1kg1US$を
はるかに下回る価格しか手に入らず、
生産意欲が低下し、それが品質低下につながっています。

近江商人の
「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」
という教えは、
「取引は、当事者だけでなく、
 世間の為にもなるものでなければならない」

ことを、今一度考えなければいけないと思います。

生産者は、
まず「良いもの」を作らないといけないし、
また「良いもの」を作らせるような環境も必要だと思うのです。

「三方よし」の原典は、
1754年(宝暦4年)の中村治兵衛宗岸の
書置に出てきますから、もう250年も昔の思想なのですが。


2年前のテレビ番組「世界の知られざる大富豪」で、
ラオスコーヒーの女性オーナーが
取り上げられたことがありました。

断片的な記憶ですが、
・ コーヒー農園の経営で年収4億円
  (日本の貨幣価値に換算すると400億円?)
・ 十数年前は雑貨屋の売り子だった
・ ラオスの国策としての市場経済導入を機に、
  「個人でも輸出入の商取引ができる。
   欧米に対して輸出できるラオス産のものは何かないか」
  と考えた結果、
  まったく未経験だったコーヒー栽培に乗り出した
・ 不慣れなコーヒー栽培に当初は失敗の連続で、
  初年度は1,600万円の損失を出したが、
  研究を重ねてついに成功した
というようなサクセス・ストーリーでしたが、
ラオスで1,600万円の損失は、
この番組での日本の貨幣価値換算では100倍ですから
実に16億円になります。

ただのオバさんが16億円もの損害を出せるものなのでしょうかexclamation&question

年収4億円、とすると、
この農園の売上げ規模では20億円前後が必要ですから、
20億円 ÷ 1kg当たり約65円 = 約7万1千トン
約7万1千トン÷1本の木から約5sの生豆 =1,420万本
ということは、最低1,500万坪=約5,000ヘクタール
の農場が必要になりそうですが、
一介のオバさんに、
そんな広大な農地が確保できるものなのでしょうかexclamation&question

まあ、面白おかしく肉付けされた内容でしょうから、
実話とは程遠いと思われますよね。

posted by COFFEE CHERRY at 15:18| 沖縄 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | ラオスのコーヒー栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。