2008年07月30日

コーヒー栽培と月の関係A「移植の時期」

琉球が薩摩藩に言いがかりをつけられて
占領されたのが1609年ですが、
これから6年後の1615年には
大阪夏の陣で豊臣方が惨敗して大阪城は落城し、
豊臣家が滅亡して長い江戸時代が始まるのですが、
同年にイタリアではガリレオ・ガリレイが地動説をめぐって
ドミニコ会修道士と論争になり、
それが長い裁判になって
「それでも地球は回る」
と言った、といわれています。

それから400年近くも経つのに、
現代の日本の小学生の4割が
「太陽が地球の周囲を回っている」
(2004年国立天文台のアンケート調査結果)
という“天動説”を信奉し出したようですが、
地球は確かに回っているようです。

しかも、その自転速度は
 ・ 赤道での時速は約1,700km(秒速473m)
 ・ 日本での時速は約1,400km(秒速389m)

という驚異的な速さで
音速が時速1,225km(秒速340m)ですから、
「地球の自転速度は音速より速い」
というとんでもないスピードで回っているわけです。

080728.JPG
 コーヒー山の南山から中山に向かうコーヒー定植地
 7月28日(月曜)撮影


物体が回転運動をすると
“遠心力”
が発生するのに、
地球に住んでいる人々や車や町や空気などが
遠心力で宇宙に飛ばされないのは
『引力』
によって地球と一緒に回っているから、
というのは小学生の頃に習いましたね。

080728−2.JPG
 前回一杯に溜まっていた雨水は、
 前回の帰りに画像左の黄色いポリペールに入れて
 フタをして貯蔵してありますから
 今回溜まっている雨水は、それ以降に降ったものです。


また、
「海の満ち引きの主因」
といわれる月は、
地球の周りを公転する自然の衛星で、
月の表面積は地球の7.4%と、
「アフリカ大陸とオーストラリア大陸を合わせた面積よりも
 わずかに小さい」

程度ですから
「月は小さい」
と思われがちですが、
月の直径 (3,474km) は、
 ・ 木星の衛星・ガニメデ (5,262km)
 ・ 土星の衛星・タイタン (5,150km)
 ・ 木星の衛星・カリスト(4,806km)
 ・ 木星の衛星・イオ (3,642km)

に次いで、
衛星としては太陽系では5番目に大きい
“巨大衛星”とされているようです。

そんな巨大な月ですから、
月の方角を向いている地域の海は
月の引力に引っ張られて「満ち潮」になり、
そこから月の角度が90度離れた地域、
つまり6時間前後する地域では海が「引き潮」になり、
「満ち潮」地域の地球のちょうど反対側でも
「満ち潮」になっています。

潮の満ち引きは1日に2回起きていて、
この満ち引きの差は、
「月と太陽が同じ方向
 またはちょうど逆の方向にある時
 (つまり満月・新月の時)」

に最大になり、これを「大潮」といい、
逆に
「太陽と月が90度ズレた方向にある時」
は両者の潮汐力が打ち消し合うことで差は最小になり
「小潮」といいます。

そのへんの詳しい話は、
私より近所の釣りキチさんに聞いて下さい。

080728−3.JPG
 コーヒー山の南山山頂のコーヒー苗木たち。
 最初に移植したところなので、
 いくぶん密植え気味になってしまいましたが、
 日差しを浴びて元気そうです。


農業的には、
 ・ 新月の時は、太陽の引力と月の引力が合わさって
   引力は強くなる、という
   乾電池を直列につなぐと電圧が大きくなるのと
   同じ理屈です。
 ・ 満月の時は、地球を間に月と太陽が反対側になるので、
   引力は引き合って新月より弱くなる

という月の引力の加減が、
植物の生育や定植時期、はては病害虫に至るまで
影響を及ぼす関係をとらえて実践する、
という昔やっていたやり方が
今になって見つめ直されてきたわけです。

080728−4.JPG
 コーヒー山は、いたるところで落ち葉が堆積し、
 落ち葉をどけると、黒くボロボロと崩れるまで
 完璧に腐って土に還ろうとしていますから
 コーヒー栽培には最高の環境なのです。



ヨーロッパ文明のもとなった古代オリエント文明は、
エジプトとメソポタミアの2つの文明を指しますが、
メソポタミア文明では、
日は月の進行によって決められる太陰太陽暦を、
エジプト文明ではナイル川の洪水から太陽暦を考え出して、
昔の人は月の満ち欠けや海水の満ち引きが
農業に影響を及ぼす力を経験的に学習して
大昔から実践していたわけです。

インドニーム1.JPG
 害虫の忌避効果と抗菌作用があるといわれている
 インドのニーム(インドセンダン)の苗木を
 さくもとで1本395円で2本買いました。


インドニーム2.JPG
 インドニームは忌避効果が強すぎて、
 害虫だけでなく益虫やタダの虫も寄せ付けず
 さらに付近の樹木の生長も阻害することがある、
 ともいわれているので、
 コーヒー山の中腹あたりのコーヒー苗木から
 やや離れたあたりに植えました。
 害虫の忌避効果があれば、
 香取線香の実験で使ってみようと思います。
 肝心の苗木画像はピンボケでしたもうやだ〜(悲しい顔)



沖縄はコーヒーの木の露地栽培における北限地ですが、
沖縄の冬季は、コーヒーの実の収穫時期でもあり、
同時に冬季は熱帯果樹のために休眠充電状態に入ってしまい
根や枝葉が伸びなくなる時期でもありますから、
コーヒーの木の移植の時期としては
まず「冬は止めた方がいい」のは当たり前ですが、
「3月下旬頃から梅雨明けの7月上旬まで」
が、
 ・ 暖かい時期
 ・ 台風が来る前

で、
移植に最適な時期だということは誰でも思いつきそうですね。

コーヒー山では、
その“掟(おきて)”を破って、
一昨日の7月28日(月曜)にも移植を敢行しましたし、
天気図を見ながら台風の襲来時期を避けながら
10月上旬までは移植しようと考えています。

コーヒー山の東川の山.JPG
 7月28日(月曜)は台風8号の影響で終日曇が重い1日でした。
 コーヒー山の中山山頂あたりから生い茂った樹木の間から
 東側の山が見えますが、なかなか山深いところです。


要するに、コーヒーの移植のポイントは
・ 時期的には春〜秋までOK
・ 移植前に毛根を出させて、
その毛根を傷めたり切ったりせずに植える
・ 陰樹といっても沖縄では
出来るだけ陽に当たる場所に植えるべき
・ 植える土壌は弱酸性か酸性で
強酸性やアルカリ質は土壌改良が必要
・ 移植当時は、理想としては
緑みどり成長させるチッソ成分と
根を強くするカリウムが豊富にある土壌の方が良い
・ 保水や水はけが良い土壌に植える
・ 植えるときに空気が通るように
  ギュウギュウに土を詰めない
・ 深植えしない

などですが、
今日のテーマの
「月の満ち欠けや海の満ち引き」
がどう影響しているかというと、
 ・ 新月では作物は栄養生長し、苗は徒長する
   根の活着は良好で、害虫は少なく病気発生は多い
 ・ 満月では作物は生殖生長し、苗の生育は順調
   根の活着は悪く、害虫は多いが病気発生は少ない

など、
「植物の生理の変化や病害虫の発生が
 月の満ち欠けと密接に関係がある」

といわれているのです。

キキョウランの実1.JPG
 バナナロードの未開拓地区で「キキョウラン」の実
 を見つけました。
 花は撮れませんでしたが、花がキキョウに似ていて、
 葉がランに似ていることで、単純にキキョウランと
 命名されたそうですが、
 ユリ、スズラン、ネギ、ニラ、ラッキョウ、
 ニンニクの親戚のユリ科に属している植物です。


キキョウランの実2.JPG
 図鑑では暖地の海岸に生える多年草といわれていますが、
 コーヒー山は海から5km以上離れた標高350mの森林ですが…


キキョウラン3.JPG
 図鑑によると葉が鑑賞に適するようですが、
 紫の綺麗な実に気を取られて、
 実と茎しか撮影しませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)


ということで、前置きがだいぶ長くなりましたが、
コーヒーの苗木の移植は、
「新月の大潮の前後1週間が最適」
で、
「満月の大潮の前後1週間では根付くのに時間がよけいかかる」
ので、
できればこの時期の移植は避けたいところですが、
現在の住居からコーヒー山まではDoor to doorで
片道140km(約2時間半のドライブ)もありますし、
天候も考慮しながらの作業ですから、
「新月の大潮」の前後だけに行きたくても行けず、
今まで19回の移植では、
 ・ 「新月の大潮の前後1週間」が8回
 ・ 「満月の大潮の前後1週間」が11回

と、
月のリズムを無視するような
無残な結果になってしまっているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

トックリヤシの種植え.JPG
 「種まきは満月の5日前から満月までが根量が増える」
 といわれているのに、7月28日(新月の4日前)に
 大量のトックリヤシの種を撒いてしまいました…もうやだ〜(悲しい顔)


移植と住居引越しを含めた今回の移転作業では
残念ながら「月のリズム」を重視した作業日程を組むのは
なかなか難しく、
移植の完結のメドが立ち、ある程度落ち着いてから
モカやムンド・ノーボの種植えや
コーヒー山に植えてみたくて入手したバオバブの種植え
などから気持ちを新たに「月のリズムによる農作業」を導入し、
出来れば
「新月と満月の時に同条件の種や苗木を植えて
 それ以降の成長などを比較する実験」

も行いたいところです。

夏の朝焼け.jpg
 天変地異でもありそうな朝焼けでしたが、
 何ごともありませんでしたね…
 撮影は先週の自宅庭です。
 「風と共に去りぬ」という映画の
 ラストのタラのようですね

posted by COFFEE CHERRY at 18:54| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー栽培と月の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

今日は、6年ぶりの皆既月食

「月食」というのは、
 ・ 太陽
 ・ 地球
 ・ 月

が一直線上に並ぶときに
太陽に照らされた地球の影が
月面に映って暗くなり、
まるで月が欠けてしまったかのように見える
現象のことを言いますが、
今日の「皆既月食」は、
満月の日に地球の影の中に月が完全に入り込む現象を言い、
日本全国で「皆既月食」が見られるのは、
6年ぶりのことだそうです。


今日の「皆既月食」は、
 ・ 18時52分(皆既月食の始まり)
 ・ 19時37分(皆既月食の最大)
 ・ 20時23分(皆既月食の終わり)

だそうですが、
東京の月の出は18時11分で、
この時点で3割ほど月が欠けた状態で出てくるらしいのですが、
那覇市の月の出は18時52分ですから、
那覇市では皆既月食の始まりから見られることになります。

全国各地の月の出の時間は、
各地の新聞朝刊の天気予報欄に、
 ・ 日の出
 ・ 日の入り
 ・ 月の出
 ・ 月の入り
 ・ 満潮
 ・ 干潮

などが出ていますのでご確認下さい。

沖縄は、昨日まで旧暦による旧盆でしたが、
「月の暦」である旧暦は、
農業や漁業に密接に関係した暦でもあり、
コーヒーの花も、新月か満月の日を中心に、
その前後の数日に開花しています。

今日は旧暦の7月16日ですが、
お盆の中心「7月15日」は必ず満月になり、
お盆に祖先の霊が帰ってくるのも、
「月の光を頼りに先祖霊がやってくるという考えから、
 梅雨空の新暦盆(7月盆)をさけ、
 あえて月光の美しくなる月遅れの8月盆を選んだ」

 (三隅治雄「日本の民謡と舞踊」)
ことで、
多くの地方が8月盆を採用した、
という説もあるようです。

今のところ、南風原町は雲曇りの多い青空晴れですが、
今夜の天体ショー「皆既月食」を楽しみにしています。
posted by COFFEE CHERRY at 15:18| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー栽培と月の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

コーヒー栽培と月の関係A

コーヒーの開花稔性は、
アラビカ種とロブスタ種が一斉開花、
リベリカ種が不規則開花といわれています。

0705コーヒー2回目1.jpg

沖縄産コーヒーはアラビカ種で、
私の圃場での今年1回目の一斉開花は4月中旬、
2回目の一斉開花は5月中旬でした。

これは、県内のコーヒー栽培者の農場では
共通していることと思われます。

0705コーヒー2回目2.jpg

沖縄では、これが初秋の頃まで繰り返されることになります。

0705コーヒー2回目3.jpg

コーヒーの一斉開花を釣り用の潮汐表で見ますと、
 ・ 4月17日(火曜)旧暦3月1日 新月 大潮
 ・ 5月17日(木曜)旧暦4月1日 新月 大潮

となっていて、
“新月・大潮”をはさんだ1週間のうち、
特に新月を過ぎた数日間に、
一斉開花が集中しているのですが、
これはパッションフルーツや月下美人でも同様のようです。

0705コーヒー2回目4.jpg


自転の1回転は1日(23時間56分)で、
太陽の周りを1回りする公転は1年(366回転)ですが、
太陽系の1惑星である地球上の生物は、
地球が自転していることと、
太陽の周りを回っていること(公転)に、
影響を受けています。

また、地球上の生物は、
地球や太陽以外の星の影響も受けています。

0705コーヒー2回目5.jpg

地球に一番近い星は地球の衛星である月ですが、
月が地球の周りを回ることで、
月と地球と太陽との万有引力の関係によって、
潮の満ち干きが発生しています。

0705コーヒー2回目6.jpg

毎日、2回の満潮と干潮があるのは地球の自転のためですが、
月が地球の周りを公転する日数は約27日(約1ヶ月)ですから、
ひと月に、
 ・ 満月の日の大潮
 ・ 新月の日の大潮

の2回の大潮があるわけです。

0705コーヒー2回目7.jpg

それは、満月や新月の時には、
「太陽・月・地球が一直線に並び、
太陽と月の万有引力の合力が強くなって、
地球の海水を引き上げる」

から大潮になるのです。

0705コーヒー2回目8.jpg

そのために海岸では、
月に2回の大潮が毎月繰り返されるという
リズムがあるわけです。

このリズムが、長い年月の間に、
すべての生物体のはたらきに影響していて、
生物体内に同じようなリズム(体内時計)を生じているのです。

0705コーヒー2回目9.JPG

アラビカ種のコーヒーが
すべて新月の日の大潮前後に
一斉開花するのかどうかは判りませんが、
沖縄産のコーヒーのルーツは、
 ・ 具志川市の和宇慶さん
 ・ 恩納村の山城さん

の2系統で、
ともにブラジルからの移入ですから、
おそらく、ブラジルの祖先は、
ブラジルでの新月の日の大潮前後に
一斉開花しているのではないか、
と思うのですが、いかがでしょうかexclamation&question

0705コーヒー2回目10.JPG


沖縄民謡の「安里屋(あざとや)ユンタ」のSTORYは、
竹富島の実話をもとにしたもので、
1738年、薩摩が琉球を支配下に置いている中で、
琉球王国政府から目座職役人が出張先の竹富島で
絶世の美女クヤマ(当時16歳)と出会い、
自分の現地妻になるようプロポーズしますが、
クヤマはこれを拒絶、その気丈さを称えた唄ですが、
この歌詞の中に、
 るんるんサァ 田草取るなら 十六夜月よ
  サァユイユイ
  二人で気兼ねも ヤレホンニ 水いらず
  マタ ハーリヌ
  チンダラ カヌシャマヨるんるん

という部分があります。

0705コーヒー2回目11.JPG

月の満ち欠けと農業の関係では、
「新月で豆まきをし、
 満月に向けて、樹液が枝へと移行してゆき、
 満月をピークに草刈りと種取りを行う、
 また新月に向けて、枝先から根っこのほうに戻るので、
 肥料を入れたりするのに最適な期間となる」

という考え方があり、
沖縄民謡の「安里屋(あざとや)ユンタ」の歌詞でも、
「草刈りをするなら、満月の次の夜の十六夜が最適だよ」
と、
269年も前にそういっているわけですから、
現代人の農法は、
何か大事なものを見失ってしまったように思えるのです。

次回の「新月・大潮」は、6月17日ですが、どうでしょうかexclamation&question


自宅の月桃.JPG
自宅庭の月桃の花
posted by COFFEE CHERRY at 13:57| 沖縄 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー栽培と月の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

コーヒー栽培と月の関係

昨夜は家の中でゴキブリが多数出没しました。
「さてはexclamation&question
と思い、“潮汐表”を見ると、
「6月12日(月曜)、旧暦の5月17日、大潮、満月」
となっていました。

 満月.jpg

新月と満月の時は、
地球に及ぼす月の引力が最も大きくなるため、
「大潮」と呼ばれ、干満の差も最大になります。

ウミガメや魚、カニ、珊瑚などが大潮の満潮時に産卵することは、
テレビ番組等で紹介されてよく知られるところですが、
これは人間にも言えること(自然分娩の場合)で
「満月や新月の上げ潮時〜満潮時の出産が多い」
のです。
もちろん犬でも猫でも動物は自然分娩なら同じことが言えます。

それとは反対に
「引き潮時〜干潮時にかけて臨終をお迎えする」
と言われています。

満潮時と月は生命の誕生に関係があるようですが、
詳しいデータがあるわけではないので、
はっきりとした因果関係は不明ですが
実際多くの場合、
動物の生死は潮の干満という引力に
少なからず影響しているようです。

産婦人科医院や助産院では、
外来や分娩室に大概
「潮汐表(ちょうせきひょう)」
が貼られています。
・ 「潮」はあさしお
・ 「汐」はゆうしお
つまり、潮の満ち引き表のことです。

海の水は太陽や月の引力で満ち引きし、
普通1日に2回の干満があります。

満潮から次の満潮までに要する時間は約半日です。

1日の干満の差は月齢によってほぼ半月の周期で変化し、
陰暦の1日(新月)と15日(満月)の頃に大潮となり、
半月の頃に小潮になります。

人間や犬の体は6割が水で出来ています。

妊娠すると体の中にお水の入った袋を抱えるので、
きっといつもより自然の力を受けやすいのかもしれません。

昨夜のゴキブリも生物である以上、
潮の干満という引力に影響していると考えると、
潮の満ち引きとコーヒーの栽培との関係や、
同時に病害虫に対しての関係についても知りたくなります。

実際に、
コーヒーの木の害虫
(マイマイ、ワタムシ、カイガラムシ、アリなど)の
種類や生態について、
具体的に観察しなければならないのですが、
夜はハブの活動時期に重なることもあって、
まだ、出来ていないのです。


お茶畑での事例は「現代農業」に出ていました。

「害虫が活発に動いているのは、
 日没の3時間後から日の出の3時間後
 (夜9時〜朝10時)までで、
 害虫の防除もこの時間帯がベスト」

という内容でした。

これによると、
虫の発生(孵化)時期が必ず大潮の時期と合致していて、
防除の効果が上がりやすい発生初期の孵化直後を防除適期とすると、
「大潮の最後から3日間が防除適期」
というのです。

また、気孔がいちばん開く時期、
葉の表面に付着した液肥がいちばん浸透しやすい時期も
大潮の時期だそうです。

液肥が葉の生長を促進させるような作用は、
特に満月の大潮のときに効果がはっきり現れる、
というのです。

「根の生長を促進させたいときは、
 新月に葉面散布をするほうが良い」
とも書いてありました。


「旧暦」と呼ばれる「太陰暦」は、
月齢とは新月の日から数えた日数の事で、
約29日半で一周することを用いた暦ですが、
月が動植物に影響する事例だけを見ていても、
私の無知さや不勉強さが思い知らされて、
まだまだ勉強しなければならないことがたくさんありますが、
同時に、昔の人の、
月とともに生きた感覚や偉大さを尊敬してしまいます。

奈良県吉野地方では、
旧暦の1日、つまり
「新月の日前後の闇夜の日に倒した木は持ちがいい」
という「闇伐り」の伝統が残っているそうです。

世界最古の木造建築、法隆寺の柱にも
この地方の木が使われているそうです。


現代農業での「月と農業」に関する特集では、
以下のようなものがありました。
・ 不思議とよく効く! 大潮を目安にお茶の防除
・ 月のリズムでピーマンに葉面散布
  満月にはチッソを、新月にはリン酸を
・ 若潮でイチゴを定植すると、大潮で大玉になる
・ サツマイモ 新月の五日前に定植するとよく育つ
・ 旧暦は月と生きもののかかわりを感じるための暦
・ 「わたしの畑」の旧暦七十二候 作成中
・ 江戸時代の農家も月をよく見ていた 『日本農書全集』より
・ 実証! 新月に伐採した木は割れにくい、カビにくい
・ 月・太陽・地球 自然の大きな力と農業
・ 月に合わせて塩を振り、トガリ竿で宇宙エネルギーを取り込む
・ スイカは若潮から1週間のあいだに交配する
・ ブドウは大潮・小潮から生育予測をする
など、
作物の生育が月の動きと密接な関係があると書かれています。

昔「新月の数日前に種まきするとよい」と言われていたことも
思い出しました。

コーヒーやハイビスカスでも、
月の動きと密接な関係があるに違いありませんから、
・ 種まき
・ 移植
・ 剪定
・ 虫の種類と生態
・ 防除(葉面散布)
など、
具体的な関係をデータ化してみたいと考えています。

ちなみに、次回の「大潮」は、
6月26日(月曜)「新月」ですが、
はたして害虫やゴキブリは多数出没するでしょうかexclamation&question

posted by COFFEE CHERRY at 14:02| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー栽培と月の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。