2009年05月03日

アマレロの自生苗の黒ポット移植(3回目)

黄色い実を付けるアマレロ種の自生苗の
黒ポリポットへの移植作業は
 ・ 1回目 415本
 ・ 2回目 839本

の、
合計1,254本まで仕上げていましたが、
残りを週末の2日(土曜日)に行いました。

アマレロの実090126.JPG
 アマレロ種は、
 こういう黄色い実をつける珍しい品種です。


1〜2回目の作業の頃は、
恵みの雨が降っていたものの、
その後好天気が続いてしまいました。

アルバムを作る全ての素材を見る

 林床地の北側の画像です。
 この画面で見るほど傾斜は急ではありません。
 コーヒー山では、バナナロードに隣接しているので
 栽培地としては最も低地ですが、
 ここの栽培環境がコーヒー山では
 最も良いかもしれません。
 この北側の奥は、これから苗木を移植するのですが、
 その先はありがたいことにまだ未開拓なのです。


せっかくのGWの旅行で
沖縄にやって来た観光客にとっては、
沖縄の
「青い空、碧い海」
が満喫できて良いのですが、
コーヒーの木は、
特に若木は水を充分に必要としますし、
今回は幼い自生苗の植え付けですから、
2回目までに植え付けが終わった自生苗や
残りの自生苗も含めて、
植え付けのダメージの上に、
さらにコーヒー山の最大のデメリットである
「恵雨以外は慢性的な水不足」
が重なるという、
極端に言えば、
「サハラ砂漠に幼児を置き去りにする」
ようなものですから、
自生苗たちは、いきなりの厳しい試練を受ける羽目に
陥ってしまいましたが、
これをみごとに克服して
立派に成長してほしいところです。

さて、最終回の3回目は490本の植え付けを行ない、
1、2回と併せて1,744本の自生苗を黒ポリポットに入れて
 ・ 林床地のあちこちの木漏れ日が当たり
 ・ 強風が吹き抜けないと予想される場所

に、
後で数えやすくするために
100個ずつまとめて置きました。

アルバムを作る全ての素材を見る

 林床地の東側の画像です。
 林床地は時おり木漏れ日が入り、
 いつも野鳥の声が絶えずにぎやかです。
 コーヒー山ではバナナロードが西よりに位置して
 南北に走っていますから
 東側のずっと先は、やんばるの中心を経て
 太平洋の方向になります。
 林床地の東側の端は急な斜面で、
 谷あいを通過したり吹き上げの強風や
 斜面での収穫を考えると
 コーヒーを植えるには不具合と判断しています。


夕方の作業終了後には
前回までに植えつけた自生苗ポットも含めて
簡易雨水調達システムというと立派すぎますが、
青いシートを四方に張り、角度を付けて
ペールなどに雨水を溜める、という
ロビンソンクルーソーに出てくるような
原始的な雨水貯水方法ですが、
これがコーヒー山のあちこちに仕掛けてありますので、
この水を利用して自生苗たちに散水してあげました。
もちろん、自生苗たちにはいつものように
「頑張れexclamation
という想いを伝えながらですが。

リュウキュウアカガエル090502-1.JPG
 アマレロ自生苗を100個ずつまとめて
 林床地内のあちこちに分散して置き、
 夕方1,744本のポットにに水をあげましたが、
 ポットの上に「リュウキュウアカガエル」がいました。
 どこに居るか判りますかexclamation&question



自生苗をコーヒーの木の下から抜き取ったのが
4月18日(土曜)のことですから、
2回目まではどちらかというと、
“より幼い”自生苗を植えつけてしまい
最終回に、生命力の“より強い”大き目の自生苗を
残していたのですが、
今回の3回目の作業までに、
なにしろ2週間が経過してしまいましたから、
一部に元気がない自生苗もありましたので、
1,744本のうち、1割がダメになることも
考えておかないといけません。

リュウキュウアカガエル090502-2.JPG
 「リュウキュウアカガエル」は、
 害虫はもちろん益虫でも食べてしまうのですが、
 自身はヘビや野鳥のエサとして狙われていますから、
 見つからないように保護色化しているわけです。
 水をかけている最中も、
 もちろん水が好きなのもあるのでしょうが、
 私を警戒していてじっとして身動きしませんでした。



1割がダメになったとしても
1,500本は残ることになりますから、
私が当初夢描いていた
「一面がアマレロばかりの栽培エリア」
も、
念願かなって数年後には実現しそうです。


ヤンバルユウレイグモ090502.JPG
 なぜかコーヒーの木がお気に入りの
 「ヤンバルユウレイグモ」です。
 なぜか今年は大量に出没しているようで、
 「あれ?服に髪の毛が付いてる」と思うと、
 よく見ると「ヤンバルユウレイグモ」だったり
 することがよくあります。
 彼らは害虫でも益虫でも小昆虫を食べているのですが、
 これが宝石のサファイアなら良いのですが…


といっても、
アマレロの大量の苗木は、
数年後にまた移植作業が待っているわけですし、
赤い実の苗木の移植作業も
毎年行っていくことになりますから、
「移植作業からは抜け出せない」
ということなのですね。

アマレロの実090418.JPG
 ムンド・ノーボとアマレロを比べると、
 アマレロ種の実の方がひと回り大きいのですが、
 コーヒーの木として見ると、私の研究不足で、
 赤い実と黄色い実の木の違いが、
 発芽した状態から成木に至るまで、
 まだその違いが発見出来ないでいるのです。
 何かヒントを出しているはずなのですが…

posted by COFFEE CHERRY at 18:59| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アマレロの大量の苗木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

アマレロの自生苗の黒ポット移植(2回目)

先週の20日(月曜)に行った
アマレロの自生苗の黒ポット移植作業
の続きを
24日(金曜)に続行しました。

アマレロ自生苗移植の作業台090424.JPG
 アマレロの自生苗の黒ポット移植作業は、
 雨除けに青シートを天井として張り
 その下に段ボールを重ねて板を置いて
 簡易作業台を作りました。
 ブヨが多いのでやむなく、
 市販の農薬入り蚊取り線香を数個使いました。もうやだ〜(悲しい顔)


アマレロ自生苗090424−1.JPG
 先週の20日(月曜)に最初に行ったエリアです。

前回は雨が降る中の作業で、
415本の自生苗を黒ポットに移植したのですが、
今回は839本の移植を行いました。
(延べ415+839=1,254個)

アマレロ自生苗090424−2.JPG
 これも前回置いたものです。

チャールズ・チャップリンの
「モダン・タイムス(Modern Times)」
では、

近代化していく工場で、
非人間的な扱いを受ける労働者の姿が
描かれていましたが、
このネジ締め作業に匹敵するくらいに
移植作業を頑張ったものの、
またしても作業が完結せず
次回に持ち越しになってしまいました。

アマレロ自生苗090424.JPG
 プランター5個と鉢1個に満載したアマレロ自生苗は、
 2回目の作業終了時点では、
 画像上下のプランター2個と
 右の鉢が丸ごと残ってしまいました。


今回も前回同様に移植作業を2名、
100個ずつ置く作業を1名の合計3名で行い、
作業の実働を6時間とすると
 839個 ÷ 6時間 = 139.8本
1時間に2名で約140本ですから、
「1人で70本=51秒で1個」
しかも、時々国頭マージ入りの鉢を収集に
林床地を徘徊する時間も含めてですから、
ビデオの早送り映像状態で頑張り続けたのですが…

アマレロ自生苗090424−6.JPG
 当日は曇りの薄暗い日なのに
 フラッシュを焚かずに撮影したので
 ピンボケ画像ばかりになってしまいました…


アマレロの自生苗の残りは
少なくきてもまだ800本は充分にありそうですから、
自生苗の総数は2千本を超えそうです。

アマレロ自生苗090424−7.JPG
 この画像もピンボケですが、
 こういう要領で、100個の黒ポットを不定形で1箇所に
 強風が直撃しないような場所を選んで
 林床地内のあちこちに置きました。


アマレロが2千本超あるということは、
苗木の1割がダメになった残りが2千本として
これらが成木化したときの黄色い実が
「1本で1kgの収穫」
とMinimumで考えても
収量で2トン、
加工して水分が飛んで半分の1トンになり、
その後の選別調整での歩留まりを考えても
生豆生産量は800kgにはなりそうですね、
実際には
「1本で1kgの収穫」
ということは考えにくいですが
沖縄は“台風の通り道”である以上、
いかに自然の要塞のコーヒー山であっても
一部が被災することは
覚悟しておかなければならないのです。

アマレロ自生苗090424−8.JPG
 移植作業台から運んで来た黒ポットには
 完熟腐葉土になった黒い土や
 土着菌の白い“はんぺん”を載せて
 さらにその上に落ち葉をかけてあげるのですが、
 地表の落ち葉を除けるときには、
 神聖ですがすがしい土の香りがして、
 「ここならどんなに健常に育つのか」
 と嬉しくなってしまいます。


2回目の作業当日は午後3時頃まで湿度が高い曇りで
その後嬉しいことに小雨が降り出しましたので、
万葉集の
山振之
咲有野邊乃
都保須美礼
此春之雨尓
盛奈里鶏利


山振(やまぶき=山吹)の
咲きたる野辺(のべ)の
つぼ菫(すみれ)
この春の雨に
盛りなりけり


という、
野辺の緑色や山吹の黄色、
スミレの淡い紫色の色彩に
しとしとと降る春雨が重なる
まさに日本画のような情景が思い浮かぶような
高田女王(たかたのおおきみ)の歌(8−1444番)を
想い出しました。
黒ポットに移植出来た苗は
万物を成育させる恵みの“好雨”によって
引越しのダメージが癒されるひと時だったはずです。
次回に残された自生苗にしても
早く安どさせてあげたいものです。

“まばゆい春”の歌

posted by COFFEE CHERRY at 19:27| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アマレロの大量の苗木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

アマレロの自生苗を一部黒ポットに移し替えました!

プランター5個と鉢1つにアマレロの自生苗を束ねて
満員電車並みに押し込め、

昨日コーヒー山に搬送しました。

昨日は雨模様の中、
自生苗を1本1本、黒ポットに移し替えましたが
プランター1つだけが終了して
移し替えた黒ポットは415個でしたから
夕方の作業終了時点での残りが
プランター4個と鉢1つなので、
アマレロの自生苗の総量は
当初の予測の1,000本前後ではなくて、
少なく見積もっても1,200〜1,500本はあると思われます。

カエルの泡卵090420.JPG
 昨日は雨降りのために撮影は2枚だけでしたが、
 そのうちの1枚がこの画像です。
 泡はオキナワアオガエルの卵で、
 泡の中でオタマジャクシになり
 雨の水滴ととみに地上に落下して成長するのですが、
 厳しい自然界では、
 多くはヘビのエサになる運命なのです。


雨降りなので
デジカメ撮影がほとんど出来なかったのですが、
作業内容は下記のように行いました。
@ 作業場の設営
 ・ 雨水を集める青いシートを
    雨天のために天井として張り
 ・ 段ボール箱をポリ袋に入れて
    (防水のために)2段に重ね
 ・ それを2つ並べて
 ・ その上に長板を載せて作業台を作りました。


A 移植用黒ポットの土作り
 ・ 今までに林床地に苗木移植したときに
    掘り出した土(国頭マージ)が
    鉢や黒ポットに入れてあるので、
    新たに掘り出さずに
    その鉢やポットの土を利用しました。
 ・ 国頭マージ3:万能土1程度の配合で混ぜました。



B 黒ポットを林床地に置く

 ・ 直射日光が当たらず、しかも風の吹き抜けがない、
   出来るだけ平らな場所に
 ・ 黒ポットの土の上に、林床地の表土の黒い土と
    白い“はんぺん”を少しかけ
   
   (腐葉土は腐熟・分解が進む中で
    糊のようなものを発生して土を団粒化して
    土が固くなるのを防いでいるのですが、
    さらに通気性を良くして
    保水力・保肥力を増加させて
    微生物が快適に過ごせる環境を作り、
    “はんぺん”と呼ばれる微生物のかたまりの
    白い土着菌を培養して広げてくれるのです)

 ・ さらにその上に、落ち葉が黒い状態の腐葉土を
   一杯にかけてあげて
 ・ これを出来れば10個の10列、
   地面がデコボコで整列が無理なら
   全部で100個ずつ、まとめて置く。

といった作業で、
抜き取った自生苗のダメージを
少しでも緩和してあげたい一心で
雨の中を頑張ったのですが、
設営などの準備に時間がかかったこともあって
プランター1つしか移し替えてあげられなかったのですが、
次回には残り全部を仕上げてあげないといけません。

アマレロ自生苗の黒ポット成育.JPG
 アマレロの自生苗を1本ずつ黒ポットに移し替えて
 100個ずつまとめて置きました。
 この画像の自生苗はまだ幼い部類なので、
 移植は2年後の予定です。
 昨日のコーヒー山での撮影は、雨天のために
 上記のカエルの泡卵とこのアマレロ自生苗ポットの
 2枚がやっとでした。


幕末に土佐勤王党を結成して
坂本龍馬、中岡慎太郎などを率いた
土佐藩士・武市半平太をモデルに
明治時代の劇作家・行友李風(ゆきともりふう)が
書き上げた
「月形半平太(つきがたはんぺいた)」
には、
「春雨じゃ濡れていこう」
という名セリフがあり
それは武士の気高さの表現でしょうが、
昨日の私はアマレロの自生苗を
1本でも多くダメージを取り除いて、
住みやすい環境に置いてあげたいという一心でしたから、
降りしきる雨を“恵みの雨”ととらえれば、
春雨を喜び、その万物を成育させる作用を称(たた)える
「春夜喜雨(しゅんやあめをよろこぶ)」
という漢詩の心境の方が近く
作業中に想い出しました。


春夜喜雨

好雨知時節
當春乃発生
隨風潜入夜
潤物細無聾
野径雲倶黒
江船火獨明
暁看紅濕處
花重錦官城


(読み)
好雨(こうう)時節(じせつ)を知り
春に当たって乃(すなわ)ち発生す
風に随(したが)いて潜(ひそか)に夜に入(い)り
物を潤(うるお)して細(こまやか)にして
聾(こえ=声)無し
野径(やけい)雲は倶(とも)に黒く
江舶(こうせん)火は独(ひと)り明(あき)かなり
暁(あかつき)に紅(くれない)の
濕(うるお)う処(ところ)を看(み)れば
花は錦官城(きんかんじょう)に重からん


(訳)
よき雨は降るべき時をわきまえていて
春になっていまやその成育の営みをはじめたのだ
風に吹かれるまま、いつの間にか夜になり
万物を潤(うるお)して細かく音もなく降り続く
野の小道に雲はあたりのものと同じく黒くたれこめ
ただ一つ、河の船に
 漁火(いさりび)だけが明るく光っている
明け方に紅の潤っているところを見るならば
それは花々がしっとりと錦官城に咲いている姿だろう


作者の杜甫(とほ)は、昨日の
「春暁(しゅんぎょう)」孟浩然(もうこうねん)と
同年代(杜甫が少しあと)ですから
中国では楊貴妃が皇妃だった唐の時代の詩人ですが、
この詩は杜甫が四川省成都にいた760年ごろの
作品といわれていますから、
その頃の日本は奈良時代の万葉集が完成したあたりです。

コーヒー山をお借りするまで
本島内では20箇所前後の移転候補地を見に行って
全部passだったのですが、
そういう今までに吟味してきた候補地と比較しても、
コーヒーの栽培環境は
良い意味でコーヒー山がどこよりも抜きん出ていて
「沖縄(国内)ではコーヒー山より優れた栽培場所はない」
と確信しているのですが、
唯一の欠点が「雨水雨頼み」で、
邪馬台国の卑弥呼のように“祈祷(きとう)”onlyなので
雨は「恵雨」であり「好雨」なのです。

コーヒーの白い花090416.JPG
 先週は今年3回目のコーヒーの白い花が咲きました。
 
posted by COFFEE CHERRY at 17:51| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アマレロの大量の苗木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

アマレロの自生え苗を大量に抜きました!

コーヒー山のオーナーにご挨拶に行くのが
週明けになったことで
昨日の土曜日は、
急きょ黄色い実を付けるアマレロの木の下の
自生苗を抜き取る作業を行いました。

週明けには、コーヒー山で
昨日の自生苗を黒ポットに1本ずつ植え替える予定です。

アマレロの木の下090418−1.JPG
 コーヒーの成木の下には、
 自然に落ちた種が自生えしていることが多々あり
 種植えとは別に、手軽に苗を増やすことが出来るのです。

 
コーヒーの実の収穫では、どうしても見落としがあり、
自然に落ちてしまう実がわりとあって
それが木の下で自身で発芽してくるのですが
これは人が介在しない自然の発芽ですから
苗は元気一杯なのです。

アマレロの木の下090418-2.JPG
 ムンド・ノーボの木の下でも、
 もちろん自生えしていますが、
 昨日は「アマレロ」に限定して
 自生え苗の抜き取りをおこないました。
 コーヒーの木は赤と黄色の実を付けるのは
 ご存知のことでしょうが
 双葉や苗木の段階で品種の違いを見分ける技術が
 まだ私にはなくて
 そのために昨日は“アマレロ”だけに限定したのです。


コーヒーの木の根は
「直根(ちょっこん)」
といって、
タンポポの根のように
真直ぐに地中に伸びる太くて長い根が特長で、
樹高が高くなると、
それに比例して直根も地中深く伸びているわけですから
コーヒーの木が成長するにつれて
根を傷めないで掘り出すのが困難になるので、
コーヒーは苗木のうちに移植してあげるのがいいのです。

アマレロの自生え苗090418.JPG
 プランターに次々に
 「アマレロ」の自生え苗を載せていきました。
 何とプランター5個も山積みにexclamation


種が落下して自生えした苗の状態でも
もちろん「直根」で
木の下では、発芽したばかりの双葉状態のものや
1年を経過して高さが10cm程度まで成長している苗木まで、
成育度合いがバラバラで自生えしているわけですから、
クローバーや芝生などの
「散根(さんこん)」タイプの
根が浅く横に広がる植物のように
シャベルやスコップで
一網打尽式に取ることが出来ませんから、
1本1本、白髪を抜くように丹念に吟味しながら、
シャープペンシルの芯のように細い
コーヒー苗の主幹の地表部分を
親指と人差し指でつまんで、
 「お願い、切れないでねexclamation
  コーヒー山に引越しするんだからexclamation

と、真心と勇気を持って真上に引き抜くのです。
(成功率98%以上exclamation

アマレロの自生え苗090418-2.JPG
 握り寿司を作る板さんの要領で
 手の平にあらかじめ土を載せて平たくし
 その上に自生え苗を10本くらい載せ、
 その上から、また土を載せて、
 集団の根を丸ごと包むような“団子”状態にして
 プランターの端から押し込んでいったのですが、
 少し余ってしまい、鉢に1つ入れました。
 自宅の2階ベランダに通じる外階段は陽が当たらないので、
 コーヒー山に搬送するまでは
 ここに仮置きすることにしました。
 溜めている雨水をあげて、みんな元気一杯です。


「ずいぶん乱暴なことをするもんだなexclamation
と思われるかもしれませんが、
今までこの方法で自生え苗を抜き取って
問題なく元気に成育しましたし、
自生え苗を抜く作業は前日が雨降りで、
地面が適度に湿っている頃合いも考慮しています。

移植に混ぜる土090418.JPG
 園芸センターではいろいろな土が売られていますが、
 私は出来るだけ安いながらも内容の良さを追求しますので
 そういうのはなかなか無いのですが、
 唯一画像の「万能土」だけを使っています。
 自生え苗をプランターに入れるときももちろん、
 コーヒー山でも、国頭マージと混ぜて
 黒ポットに入れるつもりです。


昨日の自生え苗抜き取り作業は、
時間的には約2時間でしたが、
しかも蚊の執拗な攻撃の中で
腰をかがめたり、歩伏前進のような不安定な格好で
ひたすら雑草の中から
コーヒーの自生え苗を選別して抜き取るのですから、
腰が痛くなったり単調さに眠くなったりで、
中学校の漢文の授業で暗記させられた
漢詩を思い出しました。


 春暁

 春眠不覺曉
 處處聞啼鳥
 夜来風雨聲
 花落知多少


(読み)
春暁(しゅんぎょう)
春眠(しゅんみん)暁(あかつき)を覚えず、
処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く、
夜来(やらい)風雨(ふうう)の声、
花(はな)落(お)つること知る多少。


(訳)
春の夜のこころよい眠りに、夜が明けたのも気づかない。
夢心地の身に、あちこちに小鳥のさえずりが聞こえてくる。
そういえば、昨夜は風雨が強かったから
庭の花はどれくらい散ってしまったのかな?


作詞の「孟浩然(もうこうねん)」が生きた時代は、
日本ではその頃平城京が都で
大宝律令という税金制度が確立し、
日本書紀や古事記が完成した奈良時代の頃、
中国では楊貴妃が皇妃だった唐の時代の詩人でしたね。

アマレロの自生え苗090418-3.JPG
 仮置き階段の一番上の段のプランターを
 上から撮影した画像です。
 画像右側は、発芽したてや双葉、四葉の
 まだデリケートな自生苗です。


アマレロの自生え苗090418-4.JPG
 仮置き階段の上から2番目のプランターを
 上から撮影した画像です。
 幼い自生苗も、黒ポットに移植すると
 みるみる元気に成育してきますよ。


アマレロの自生え苗090418-5.JPG
 仮置き階段の上から3番目のプランターを
 上から撮影した画像です。
 数は少ないように見えますが、
 集団で根をまとめていますから、
 相当な数量ですよ。


アマレロの自生え苗090418-6.JPG
 仮置き階段の下2段のプランターと
 鉢を上から撮影した画像です。
 「全部アマレロexclamation」と断言したいところですが、
 「ムンド・ノーボ」と「アマレロ」が
 隣接している地面から生えている自生苗も取りましたから、
 きっとムンド・ノーボも混じっているはずですが、
 今回の1,000本前後の自生え苗の95%以上は
 「アマレロ」のはずですexclamation
 これを明日にはコーヒー山に搬送して
 全部黒ポットに植え替えてあげるつもりですが、
 明日の天気は大丈夫でしょうかexclamation&question


昨日の自生苗は、黒ポットで約1年成長させて
来年以降コーヒー山に植えてあげる予定ですが
これらが実を付けるようになるのは4〜5年先のことです。
種植えの頃からのコーヒーの付き合いは
まるで自分の子供のようなものですし、
コーヒー山に植えてあげる目的で
丹精込めて育て上げていますから、
コーヒー専用の種苗センターでもなければ
コーヒー普及センターでもないので、
お問合せを戴くのはありがたいのですが、
現在はコーヒー苗木の譲渡はお断りさせて戴いています。

posted by COFFEE CHERRY at 18:12| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アマレロの大量の苗木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。